author avatar
  テストマネージャー  

概要

Windowsに付属している便利な機能を使用して、ファイルを隠すことがよくあります。 ただし、これらの隠しファイルを使用する必要がある場合、隠しファイルの表示方法がわかりません。この記事では、主にWindows10で隠しファイルを表示する方法を紹介します。



重要なファイル・フォルダーを非表示にすることはよくあるでしょう。これらのファイルを使用しないことを意味するのではなく、他のユーザーによって発見され、不正に利用されることからそれらを保護することを意味します。ファイル・フォルダーを非表示にした後、隠しファイル・フォルダーを表示する必要があります。 隠す方法は簡単ですが、隠しファイル・フォルダを表示する方法をしらいない人もいるかもしれません。次にその方法を紹介します。

隠しファイルを表示する

おすすめ - ADs情報漏洩対策 - 一括暗号化・データの不正コピー防止ソフト 情報漏洩対策 - 一括暗号化・データの不正コピー防止ソフト

高速暗号化 暗号化された仮想ドライブで、ファイルが1秒で暗号化完了。

操作簡単 ロインターフェイスはシンプルで使いやすく、初心者も手軽に使える。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

アクセス制御 外部接続設備禁止(ホワイトリストを設定可能)、サイトブロック、プリンター禁止など機能ある。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全な保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能。

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

更に詳しく
一、Windows10で隠しファイル・フォルダを表示する方法
現在、多くのユーザーはWindows10を使用しています。次はWindows10に付属の機能を使用して、ファイル・フォルダーを隠したり、隠しファイルを表示したりする方法を説明します。

(1)Windows標準機能で隠しファイル・フォルダを表示する

Windows10で隠しファイル・フォルダを表示する方法。
1、Windowsエクスプローラーを開き、「表示」-「オプション」をクリックします。

表示-オプション

2、「表示」タブをクリックし、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れてOKをクリックします。

隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示するにチェックを入れる

注意:ファイル・フォルダーを隠すには、「隠しファイル、フォルダー、およびドライブを表示しない」にチェックを入れてください。

(2)コマンドで隠しファイル・フォルダを表示する

コマンドで隠しファイル・フォルダを表示する方法。
1、 検索ボックスで「cmd」と入力し、コマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

[コマンドプ ロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]を選択します

2、コマンドプロンプトで「attrib -h -r -s /s /d X:¥*.*」と入力してEnterを押します。(Xは、隠しファイルの保存先ドライブの文字です。例えば:保存先はFドライブの場合、「attrib -h -r -s /s /d F:¥*.*」と入力)

attribコマンドで隠しファイルを表示

注意:

  • 「-h -r -s」:-hは隠しファイル属性を消去します。-rは読み取り専用ファイル属性を消去します。-sはシステムファイル属性を消去します。
  • 「/s」:現在のディレクトリとそのすべてのサブディレクトリ内の一致するファイルに、attribと任意のコマンドラインオプションを適用します。
  • 「/d」:attribおよびすべてのコマンドラインオプションをディレクトリに適用します。
二、より安全なファイル隠す方法・隠しファイルを表示する方法
Windows標準の隠し機能に加えて、プロのファイル隠しソフトウェアで操作することもできます。 以下に2つの便利・安全なソフトをお勧めします。

(1)Renee SecureSilo

Renee SecureSiloは、ファイル隠す機能があるソフトの1つで、このソフトウェアを使用して、ファイルを暗号化して隠すことができます。 このソフトウェアには次の利点があります。

ファイルを隠す

  • 安全性抜群 - 高度なAES256暗号化技術を使用し、パスワードがないと、隠しファイルを開けません。
  • 便利な操作 - 簡単な操作でファイルを隠す/隠しファイルを表示できます。ソフトから隠したいファイル・フォルダを選択し、パスワードを入力すると、隠しできます。隠しファイルを表示するには、隠しファイルを選択し、「再表示」ボタンをクリックし、パスワードを入力すると良い。
Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

(2)Renee File Protector

隠しデータを表示
Renee File Protectorは、主流の隠しファイルソフトウェアの1つであり、非常に好評されています。 このソフトウェアを使用してファイルを非表示・隠しファイルを表示するには、いくつかの利点があります。
  • 安全性強い - このソフトを使用してファイルを非表示にする場合、Windowsに付属する非表示の方法と比較した場合の最大の違いは、セキュリティの強化です。Windowsの共有ユーザーもファイルを隠す/隠しファイルを表示するには、ソフトウェアのパスワードが必要です。
  • 利便性の向上 - ソフトウェアを使用してファイル・フォルダを非表示/隠しファイルを表示するには、ソフトにログインして、隠すファイル/表示したいファイルを選択し、隠す/隠しデータを表示ボタンをクリックするだけで良い。操作は、Windowsに付属しているものよりもはるかに簡単です。
  • 隠しタイプが多い - ファイル/フォルダー以外、ドライブを隠すこともできます。
Renee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフトRenee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージのデータを隠したり、ロックしたりすることができます。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

圧縮暗号化機能付き すべてのデータを圧縮暗号化でき、データ転送の安全性を確保。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 65206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
三、まとめ
ファイルを非表示、隠しファイルを表示する必要がある場合、操作の利便性又は安全性から考慮すると、プロのソフトウェアをお勧めします。Windowsに付属の機能があるが、操作が面倒で、気を付けないと間違う可能性があります。さらに、Windowsに付属機能がセキュリティが低すぎて、情報が漏洩しやすくなります。
Loading comments...