author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

WindowsコンピューターでもMacコンピューターでも、重要なファイルやフォルダーを暗号化する必要があります。Macで暗号化する最も基本的な方法は、HDD暗号化することです。次の記事は、主にMacでHDD暗号化する方法を紹介しています。



一、なぜファイルを暗号化する必要がある?
会社で多くの人がコンピューターを共有することがあります。この場合、個人情報の漏洩につながりやすくなります。または、コンピューターがウイルスに感染して、コンピューターに保存したファイルが破損または流出する可能性があります。 コンピューターに保存したファイルが破損したり、不正に使用されたりするのを防ぐには、ファイルを暗号化する必要があります。

Mac hdd 暗号化

二、Macでファイルを暗号化する方法
それでは、Macでファイルをどのように暗号化するのでしょうか? 2つの一般的な方法があります。1つはMacのHDDを暗号化すること。もう一つは圧縮暗号化を使用して暗号化することです。 以下に、これら2つの方法の具体的な操作方法を紹介します。

(1)MacでHDDを暗号化する方法

1.「Finder」 > 「アプリケーション」 > 「ユーティリティ」 > 「ディスクユーティリティ」 > 「ファイル」 > 「新規イメージ」をクリックします。

空のイメージを作成

2.ディスクイメージの名前(上)、ボリュームの名前(下)、サイズ、暗号化方式を指定します。

ディスクイメージの名前(上)、ボリュームの名前(下)、サイズ、暗号化方式を指定

3.暗号化方式に「128ビット AES暗号化(推奨)」/「256ビット AES暗号化」を選択すると、パスワードが求められます。

パスワード入力

4.イメージを開き、暗号化したいファイルやフォルダを入れます。

暗号化されたイメージにファイルを入れる

5.ファイルを開くには、dmgファイルフをダブルクリックし、パスワードを入力します。

暗号化ファイルを開くにはパスワード入力が必要

(2)ファイル圧縮して暗号化する方法

上記のMacのHDD暗号化に加えて、圧縮ソフトウェアを使用してファイルを圧縮および暗号化することもできます。 以下は、圧縮暗号化ソフトウェアrarsharpを使用して、圧縮暗号化する方法を紹介します。
1.Rar Sharpをインストールし、ソフトを開き、「追加」をクリックし、ファイルを選択し、「ZIP Encryption」をクリックします。

RAR Sharpソフトでファイルを追加

2.パスワードを入力し、ファイルが暗号化されます。

Rar Sharpファイル暗号化

デメリット:暗号化ソフトウェアを使用してファイルを暗号化することの最大の欠点は、セキュリティが非常に悪いことです。 圧縮および暗号化されたファイルのパスワードを簡単に解析できるクラッキングツールが市場に多数あります。例えば、rarパスワード解析ソフトがたくさんあります。
三、Windowsでファイル暗号化する方法
現在コンピューターで一般的に使用されている2つのシステムの1つとして、Windowsシステムを使用するユーザーも多数います。上記ではMacの暗号化方法について説明しましたが、ここではWindowsシステムでファイルを暗号化する一般的な方法を紹介します。 Windowsでは、ファイルを暗号化する最も安全で最速の方法は、暗号化ソフトウェア Renee SecureSilo を使用してファイルを暗号化することです。このソフトウェアは、Windowsで実行されるプロフェッショナルな暗号化ソフトウェアです。

Renee SecureSiloの主な特徴:

  • 操作が簡単 - コンピューターに新しい仮想ドライブを作成し、コンピューターに保存されている重要なファイルを仮想ドライブに置くだけで済みます。
  • 安全性抜群 - 高度なAES256暗号化技術を使用しており、一般的なクラックプログラムは解析できません。
  • 多機能 - 仮想ドライブファイルを他のファイルに偽装して、悪意のあるスキャンを回避できます。さらに、プログラムのワンクリックオフウィンドウを使用すると、いつでもすべての仮想ドライブを閉じてプログラムを終了でき、個人情報が検出されないようにできます。
次にRenee SecureSiloでファイル暗号化する方法を紹介します。
Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.フォルダにパスワードをかけるフリーソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ディスクをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...