author avatar
  テストマネージャー  

概要

今、ネットワークはますます発展していますが、それに伴うネットワークセキュリティの問題はますます深刻になり、プライバシーの漏洩が多く発生しています。 したがって、ファイルを暗号化して保護する方法がますます注目されています。 ここでは、フォルダにパスワードかけるフリーソフトと利用方法を3つ紹介します。



ファイル暗号化ソフトとは?
ハードディスク暗号化は、セクターレベルでディスク全体を暗号化することです。 この暗号化方式の特徴は次のとおりです。

  1. 暗号化されたデータを高速に読み取り、書き込みできます。通常のドライブを使用するように基本的に違いはありません。
  2. 非常に大きい記憶領域を暗号化可能。基本的にはハードディスクと同じサイズです。

よく聞かれるWindows Professionalバージョンに付属しているBitLockerと、更新およびメンテナンスが停止したTrueCryptは、このタイプのソフトウェアに属します。 BitLockerはWindowsのホームバージョンでは実行できないため、これ以上説明しません。

仮想ドライブ暗号化 – より便利で安全

ドライブ全体暗号化は、実際のドライブを暗号化する以外、仮想ドライブも暗号化できます。 この方法では、高速な読み取りと書き込みを楽しむことができるだけでなく、暗号化されたドライブのサイズを自由にカスタマイズすることもできます(仮想ライブファイルは、プライバシーを強化するために他のファイルとして偽装することもできます)。

仮想ドライブ暗号化

【暗号化仮想ドライブ】Renee SecureSiloでフォルダにパスワードかける
市場に出回っている無料の暗号化ソフトウェアのほとんどは、ドキュメントのプライバシーを保証できない完全なシステムと成熟した暗号化技術を備えていないことに注意してください。したがって、データを暗号化するために専門のデータ暗号化ソフトウェアを使用する方が安全です。

ユーザーがファイルを暗号化する必要がある場合、Renee SecureSiloをお勧めします。ソフトウェアは、仮想暗号化ドライブを使用するため、多数の機密ファイルを一瞬で暗号化・復号化できます。

Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
  • 簡単に修正 - 仮想ドライブファイルを普通のドライブのように使用し、必要に応じてロードし、不要な場合は閉じることができます。使用の痕跡は残りません。 さらに、RAR / ZIP / 7ZIPなどの暗号化された圧縮ファイルとは異なり、長い待ち時間を必要とせず、ファイルの変更または新しいファイルの保存は1秒未満で保存できます。
  • クラックが困難 - 高度なAES256暗号化技術の使用により、市販されている一般的なクラックプログラムは解析できません。
  • 安全性抜群 – 仮想ドライブファイルを他のファイルに偽装して、悪意のあるスキャンを回避できます。さらに、ワンクリックシャットダウン機能により、すべての仮想ドライブを閉じていつでもプログラムを終了できるため、個人情報が検出されないようにできます。

暗号化ソフトRenee SecureSilo

Renee SecureSiloでフォルダにパスワードかけて暗号化する方法

1.フォルダにパスワードをかけるフリーソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ディスクをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

(二)GiliSoft Full Disk Encryptionでフォルダにパスワードかける
GiliSoft Full Disk Encryptionは、ローカルディスクとUSBメモリの暗号化をサポートする使いやすいファイル暗号化ソフトウェアです。 このソフトウェアを使用すると、すべてのハードドライブとシステムパーティションを暗号化でき、暗号化されたデータは不正な読み取り操作を無効にし、特定のハードドライブの起動を禁止できます。

GiliSoft Full Disk Encryptionソフト

デメリット:GiliSoft Full Disk Encryptionは、ファイルを個別に暗号化することはできません。ファイルが置かれているディスク上のすべてのファイルを暗号化する操作のみを達成できます。

(三)Amazing Any Data Encryptionでフォルダにパスワードかける

Amazing Any Data Encryptionは、パスワードを使用してファイルを保護するデータ暗号化ソフトウェアであり、他のユーザーがプライベートファイルにアクセス、読み取り、または変更することを防ぎます。 Windows PC上のファイルに安定したセキュリティ環境を提供し、プライベートファイルへの不正アクセスを防ぎ、ユーザーのプライバシーリークを防ぎます。

Amazing Any Data Encryptionソフト

デメリット:ソフトウェア暗号化するには非常に時間がかかり、暗号化レベルは高くありません。成熟した暗号化技術は使用されておらず、クラックされる可能性があり、ファイルデータのセキュリティは保証できません。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...