author avatar
  サポートマネージャー  

概要

他のプラットフォームユーザーと同様、Macユーザーもさまざまなアカウントとパスワードを管理する必要があります。この記事はMacでパスワードとアカウントを管理する実用的な方法3つを紹介します。



MacのSafariでパスワードを管理する
Macに付属する公式ブラウザとして、Safariには実際にログインしたアカウントとパスワードを自動的に保存する機能があります。 ユーザーは、Macのタスクバーで「Safari」-「設定」をクリックし、 開いたウィンドウで、「パスワード」タブをクリックして、Macのログインパスワードを入力し、保存されているすべてのアカウントとパスワードが表示されます。ユーザーがこれらの保存されたパスワードを編集、および削除することもできます。

safariでパスワード管理

デメリット:Safariを使用してパスワードを管理すると、ブラウザーを使用するときにログインするさまざまなWebサイトアカウントとパスワードのみを保存および管理でき、Macで他のパスワードは管理できません。 さらに、Macが他のユーザーと共有されている場合、すべてのユーザーはこの方法で互いのプライベートパスワードデータを覗き見ることができます。
Macでキーチェンを利用してパスワード管理する
Macのキーチェーン機能は、Mac、アプリ、サーバー、Webサイトのアカウント名とパスワード、およびクレジットカード番号や銀行口座PINコードなどの複数のパスワードタイプを安全に保存するための暗号化されたパスワードコンテナーと考えることができます。 Webサイト、電子メールアカウント、Webサーバー、またはその他のパスワードで保護されたアイテムにアクセスする場合、ユーザーはパスワードをキーチェーンに保存することを選択できるため、毎回パスワードを覚えたり入力したりする必要がありません。 すべてのMacユーザーは、Macログインパスワードでキーチェーンにログインし、Macのキーチェーンアクセスアプリを使用してキーチェーンを表示および管理できます。 同時に、iCloudキーチェーンを使用すると、すべてのAppleデバイスでパスワードやその他の機密情報が最新に保たれます。

Macでキーチェンを使ってパスワード管理

デメリット:キーチェーンはMacで生成されたほとんどすべてのパスワードデータを統合できますが、コンピューター以外で利用するパスワードの種類を記録することはできません。クラウドサービスであるため、すべてのパスワード情報はAppleのサードパーティサーバーにあります。情報は暗号化されていますが、サービスプロバイダーがハッキングされると、すべてのパスワード情報が漏洩する可能性があります。
Macでパスワード管理アプリを利用してパスワード管理する
Macには一般的に使用されるパスワード管理ソフトウェアが数多くありますが、その中でも有名なものは1Password、Lastpassなどです。これらはすべて、サードパーティソフトウェアを介してMacで生成されたさまざまなパスワード情報を統合し、これらのパスワードを独立したパスワードで保護します。 パスワードはクラウドにアップロードされ、異なるデバイスでアカウントにログインすることができます。

LastPassソフト

デメリット:キーチェーンと同様に、これらのサードパーティソフトウェアを使用するにはパスワード情報をクラウドに同期する必要があるため、サービスプロバイダーのサーバーが攻撃されると、ユーザーのパスワード情報が危険にさらされる可能性があります。 2015年、Lastpassが攻撃され、ユーザーのパスワード関連情報が漏えいしました。
上記の方法により、Macユーザーはパスワードが多すぎて覚えられない問題を解決できますが、これらの方法には多少のデメリットがあります。 さらに、パスワードを保存するこれらの方法は、Appleデバイスユーザーのみが使用でき、Windowsユーザーは使用できません。 同時に、これらの方法では、コンピューターの操作時に生成された特定のパスワードのみを記録でき、ほかのさまざまな種類のパスワードの編集/記録できません。

では、Windowsユーザーがパスワードを管理するための安全で実用的な方法は何ですか?

Renee SecureSilo - Windowsで安全・便利なパスワード管理方法
Renee SecureSiloは、Windows用のファイルおよびフォルダー暗号化ソフトウェアで、暗号化、USBの保護、非表示、偽装、パスワード管理などの複数の機能を備えています。パスワード管理が必要な場合、「パスワードウォレット」機能を使用して、パスワードを便利・安全に管理し、暗号化されたファイルデータをローカルに保存することにより、 ネットワーク経由の情報漏洩を避けます。

さらに、ソフトウェアは高度なAES256暗号化技術を使用しており、コンピューターを他のユーザーと共有している場合でも、外部からブルートフォース攻撃できないため、ローカルコンピューターにパスワードを安全に保存できます。 したがって、ソフトウェアを使用してパスワードなどの重要な情報を管理する場合、そのセキュリティを保証できます。

Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.「パスワードウォーレット」-「作成」をクリックします。

パスワードウォーレット作成

4.ウォーレットの名前と保存場所を指定し、「次へ」をクリックします。

ウォーレットの名前と保存場所を指定

5.ウォーレットのパスワードを設定します。ソフトの起動ソフトを利用することも可能です。

ウォーレットパスワード設定

6.「カード作成」をクリックし、カード名と種類を設定します。

カード名とカード種類設定

7.カードをクリックし、右で具体的な秘密情報を入力します。

情報を入力する

8.「閉じる」をクリックし、ウォーレットを閉じると、ウォーレットが暗号化されます。開くにはパスワードの入力が必要です。

ウォーレットを閉じる

まとめ
上記はMacとWindowsのパスワード管理方法の紹介です。パスワードを管理するとき、最も重要な考慮事項はパスワードのセキュリティを確保することです。Renee SecureSiloの「パスワードウォレット」機能を使用する場合、ユーザーが保存したすべてのデータはAES256暗号化アルゴリズムで保護されます。コンピューターを他のユーザーと共有しても、パスワードなしではデータを表示できません。さらに、Renee SecureSiloは、個人のWindows PCデータをしっかり保護できる多機能なデータ保護ソフトウェアです。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...