author avatar
  テストマネージャー  

概要

会社のプライバシーを保護するために、多くの人々はこれらのファイルをパスワードをかけて、重要な情報を保護します。 次に、コンピューターでエクセルパスワードを設定する方法及び、エクセルファイルパスワードロックを解除する方法を紹介します。



一、エクセル(Excel)ファイルにパスワードを設定する方法
ファイルのパスワードを設定するソフトウェアを別ダウンロードしたくない人が、便利のため、Excelファイルにパスワードを直接設定します。ここでは、Excel 2010を例としてエクセル(Excel)にパスワードを設定する方法を紹介します。
1.Excel2010を使用してExcelファイルを開いた後、左上にある「ファイル」をクリックします。

2.「情報」-「ブックの保護」-「パスワードを使用して暗号化」をクリックします。

「ファイル」-「ブックの保護」-「パスワードを使用して暗号化」をクリック

3.パスワードを二回入力します。

エクセルロックパスワード入力

4.設定完了すると、情報で確認できます。

エクセルファイルを開くにはパスワードが必要

  • Excel2003を使用している場合、最初に、Excel2003メニューバーの「ツール」メニューをクリックし、「オプション」を選択し、「オプション」ウィンドウに「セキュリティ」タブを選択し、「読み取りパスワード」でパスワードを入力します。「パスワードの確認」ダイアログが表示されたら、パスワードを再入力し、「OK」をクリックして暗号化を完了します。

    excel2003パスワード設定方法

  • Excel2007を使用している場合、Excel2007の左上にある「Office」ボタンをクリックし、「配布準備」-「ドキュメントの暗号化」を選択します。「ドキュメントの暗号化」ポップアップにパスワードを入力し、 「パスワードの確認」ダイアログボックスが表示されたら、パスワードを再入力し、暗号化完了です。

    excel2007パスワード設定方法

デメリット:この方法では、1つのファイルにのみパスワードを設定できます。複数のファイルにパスワードを設定する必要がある場合は、複数回のパスワードを設定する必要があり、非常に面倒です。

二、エクセルファイル ロックを解除する方法
Excelファイルのパスワードを設定した後にパスワードを解除する必要がある場合、どの方法を使用して削除しますか?

  1. ユーザーがパスワードを覚えている場合、パスワードを入力し、エクセルファイルを開き、パスワードが設定されている場所を開き、ファイルに設定したパスワードを空にしたら「OK」ボタンをクリックしてください。どのバージョンのExcelを使用していても同じように機能します。

    エクセルパスワード削除

  2. ユーザーがパスワードを忘れた場合、エクセルパスワード解除ソフトウェアをダウンロードしてパスワードを解除できます。たとえば、Advanced Office Password Recoveryソフトウェアを使用すると、パスワードを数秒で解除できます。 Excelのパスワードの解除は非常に簡単であることがわかります。一方、Excelに付属する暗号化が安全でないことも示しています。

    Advanced Office Password Recoveryソフト

三、Renee SecureSiloでエクセルを強力保護
上記からわかるように、Excelでファイルにパスワードを設定するとソフトウェアによって直接解除される可能性があるため、暗号化されていてもユーザーのファイルは依然として非常に安全ではないため、より安全な暗号化方法を使用する必要があります。 Excelファイルを暗号化する必要がある場合は、Renee SecurSiloを使用することをお勧めします。Renee SecurSiloは、仮想ドライブにファイルを入れて一括暗号化できます。複数ファイルの暗号化には便利なツールです。

  • 大容量のストレージ:ソフトは仮想暗号化ドライブロジーを使用し、多数のファイルを簡単に一括暗号化できます。
  • 優れた機密性:高度なAES256暗号化技術を使用しているため、市場で利用可能な汎用クラッキングプログラムはありません。 また、ファイルを偽装し、悪意のあるスキャンを回避することもできます。 さらに、プログラムのワンクリックシャットダウン機能により、すべての仮想ドライブを閉じていつでもプログラムを終了できるため、個人情報が見つからないことが保証されます。
  • 修正便利:仮想ドライブは、必要なときにすぐにロードし、必要のないときにいつでも閉じることができ、使用の痕跡を残しません。仮想ドライブ内のファイルを変更するのに長い待ち時間は必要ありません。ファイルを変更をしたり、新しいファイルを追加したり、1秒以内に保存・暗号化できます。
  • 操作簡単で効率的:多数の機密ファイルを保存するのに便利な仮想ドライブ暗号化技術を採用しています。ネットワークに接続する必要のないオフライン操作は、いつでも仮想ドライブをロック解除でき、便利で高速です。
Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
次はRenee SecureSiloでファイルにパスワードをかけて暗号化する方法です。

1.フォルダにパスワードをかけるフリーソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ドライブをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

四、まとめ
Excelファイルのパスワードを設定するために使用する方法に関係なく、目的は他者がファイルを盗んだり変更したりするのを防ぐことです。 上記のExcel暗号化の2つの方法のうち、Renee SecureSiloは、ファイル暗号化専用のソフトウェアであるため、使用することをお勧めします。 ファイルを適切に保護し、情報漏洩のリスクを減らします。 ファイルを暗号化する必要がある場合は、Renee SecureSiloの使用を優先にしてください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...