author avatar
  サポートマネージャー  

概要

日常の仕事や生活では、Lhaplusを使用してデータの暗号化と圧縮を行うことがありますが、Lhaplusに詳しくない一部のユーザーにとっては、実際の操作にはまだ多少の困難があります。この記事は、Lhaplusを使用してパスワード付き圧縮ファイルを作成する方法とその他の実用的なデータ暗号化方法を紹介します。



一、Lhaplusでパスワード付き圧縮ファイルを作成する方法
Lhaplusはよく使用される圧縮ツールであり、さまざまな形式の圧縮ファイルを生成してファイルサイズを削減できるだけでなく、データを暗号化してデータ漏洩を防止できます。Lhaplusを使用すると、データを圧縮しパスワードを設定でき、他の人がデータを閲覧できないようにすることができます。次に操作手順を紹介します。
1.Lhaplusをダウンロード、インストールします。

Lhaplusソフト

2.圧縮暗号化したいファイルを右クリックし、「圧縮」-「.zip(pass)」を選択してください。

.zip(pass)圧縮

3.パスワード設定画面が表示されるので、パスワードを入力して、「OK」をクリックします。

パスワード入力

4.すると、パスワード付き圧縮.zipファイルが作成されます。

Lhaplusで作成したパスワード付きzipファイル

おすすめ - ADs情報漏洩対策 - 一括暗号化・データの不正コピー防止ソフト 情報漏洩対策 - 一括暗号化・データの不正コピー防止ソフト

高速暗号化 暗号化された仮想ドライブで、ファイルが1秒で暗号化完了。

操作簡単 ロインターフェイスはシンプルで使いやすく、初心者も手軽に使える。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

アクセス制御 外部接続設備禁止(ホワイトリストを設定可能)、サイトブロック、プリンター禁止など機能ある。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全な保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能。

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

更に詳しく
二、LhaplusとWinRAR、WinZip、7Zipの比較
WinRAR、WinZip、7Zipは3つの一般的な圧縮ソフトウェアですが、データの暗号化と圧縮に関して、Lhaplusはどのような違いがありますか?次の一覧表をまとめました。

ソフト

暗号化方法

Lhapluszip2.0標準暗号化方式
WinRARzip2.0標準PKWARE暗号化方式、AES暗号化方式
WinZipzip2.0標準暗号化方式、AES暗号化方式
7Zipzip2.0標準暗号化方式、AES暗号化方式、3DES暗号化方式など
Lhaplus圧縮ソフトウェアの利点は、多くの異なる形式の圧縮ファイルを生成できることですが、欠点は単一の暗号化方式であることです。一般的に使用されるWinRAR、WinZip、7Zipとは異なり、Lhaplusはzip2.0標準暗号化のみをサポートします。
三、Renee SecureSiloでファイルを暗号化する方法
データの暗号化では、圧縮ソフトウェアでデータを圧縮して暗号化できることに加えて、専門の暗号化ソフトウェアを使用してデータを個別に暗号化することもできます。

Renee SecureSiloは、仮想暗号化ドライブテクノロジーを使用してキュメントを暗号化するプロフェッショナルなデータ暗号化ソフトウェアです。 Renee SecureSiloを使用すると、コンピューターが他人に使用、修理、またはパソコンが紛失した場合でも、プライバシー漏洩の深刻な結果を回避できます。

  • 簡単な変更:ソフトウェア暗号化は仮想ドライブを使用して機能し、仮想ドライブはUSBメモリのようにシンプルで便利です。 また、データを暗号化する他の圧縮ソフトウェアとは異なり、Renee SecureSiloは、仮想ドライブ内のファイルを長時間待つことなく編集し、変更を瞬時に保存・暗号化することができます。
  • 高度なセキュリティレベル:ソフトウェアは高度なAES256暗号化技術の仮想ドライブを使用しているため、市場で強制的にクラックできるクラックプログラムはありません。
Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.フォルダにパスワードをかけるフリーソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ドライブをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...