author avatar
  サポートマネージャー  

概要

便利なSafariパスワード管理機能に頼りすぎると、元のパスワードを忘れてしまうことがよくあります。Safariに保存されているパスワードをどのように表示するのでしょうか。自動的にログインしたくないWebページの場合、保存したパスワードを削除するにはどうすればよいですか?



Safariで保存されたアカウントのパスワードを管理する方法
AppleデバイスのSafariブラウザを日常的に使用する場合、独自のパスワード管理機能を使用して、Webを閲覧するときにデバイスユーザーがさまざまなサービスにログインするのを支援し、初めてパスワードを入力した後、将来自動的にログインすることができます。

Appleデバイスに付属するブラウザーとしてのSafariには多数のユーザーグループがあるため、SafariのWebブラウジング中に保存されているすべてのアカウントパスワードを表示するにはどうすればよいですか? これらのパスワードを管理する方法は? 以下に、iOSデバイスおよびMacでの操作方法を紹介します。

safari パスワード 管理

iOSデバイスで管理する方法

1.[設定]-[パスワードとアカウント]をタップします。

パスワードとアカウント

2. [WebサイトとAppのパスワード]をタップします。保存したパスワードの数は横に表示され、このパスワードライブラリはユーザーが設定したパスワード、タッチID、フェイスIDによって保護されます。ユーザーのパスワード、Touch ID、Face IDを正しく確認して初めて、編集ページに入ることができます。

WebサイトとAppのパスワード

3.この編集ページでは、保存されているすべてのパスワードのURLが表示されます。 リストが長すぎると感じた場合は、画面上部の検索機能を活用できます。 指定したアイテムを見つけたら、そのアイテムを長押しして、アカウント名またはパスワードを直接コピーします。 パスワードを削除したい場合は、右上の「編集」をクリックし、チェックを入れて削除してください。

保存しているパスワードの一覧が表示されます

Macで管理する方法

1. Macのタスクバーで、[Safari]-[環境設定]をクリックします。

Safariの環境設定

2.開いたウィンドウで[パスワード]タブをクリックして、保存されているすべてのアカウントとパスワードを表示します。

パスワードタブ

3.これらの保存されたパスワードを編集、表示、および削除する必要がある場合、ユーザーはMacコンピューターの管理パスワードを入力して操作する必要があります。

safariパスワードを確認

以上は、Appleデバイスに付属のSafariを使用してブラウザのパスワードを保存および管理する方法です。一般的なブラウザアカウントのパスワードを保存する場合、この機能により、ユーザーがパスワードを覚えておく手間を大幅に減らすことができます。 ただし、ユーザーのデバイスが他のユーザーと共有されている場合は、すべてのユーザーがこの方法でお互いのプライバシーパスワードデータを盗み見ることができます。
さらに、パスワードを保存するこの方法は、Windowsユーザーではなく、Appleデバイスユーザーにのみ適しています。 同時に、Safariはブラウザにログインしているアカウントのパスワードしか保存できません。その他の重要なデータパスワードの場合、この方法では保存できません。 では、パスワード管理の分野でより安全かつ効率的な方法はありますか?

Renee SecureSiloでパスワードをを管理する方法(安全)
Renee SecureSiloは、ファイルやフォルダを暗号化するための暗号化ソフトウェアで、ドキュメントの暗号化、USBの保護、ドキュメントの非表示など、複数の暗号化機能を備えています。 その中でも、パスワード管理が必要な場合は、Renee SecureSiloの「パスワードウォレット」機能を使用します。これにより、さまざまな個人パスワードを規則正しく管理し、暗号化されたファイルデータをローカルに保存できます。

さらに、このソフトウェアは高度なAES256暗号化技術により、コンピューターを他のユーザーと共有しても、パスワードを解析できません。 したがって、ソフトウェアを使用してパスワードなどの重要な情報を管理する場合、そのセキュリティを確保できます。

Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.「パスワードウォーレット」-「作成」をクリックします。

パスワードウォーレット作成

4.ウォーレットの名前と保存場所を指定し、「次へ」をクリックします。

ウォーレットの名前と保存場所を指定

5.ウォーレットのパスワードを設定します。ソフトの起動ソフトを利用することも可能です。

ウォーレットパスワード設定

6.「カード作成」をクリックし、カード名と種類を設定します。

カード名とカード種類設定

7.カードをクリックし、右で具体的な秘密情報を入力します。

情報を入力する

8.「閉じる」をクリックし、ウォーレットを閉じると、ウォーレットが暗号化されます。開くにはパスワードの入力が必要です。

ウォーレットを閉じる

まとめ
Safariはブラウザーにログインしてアカウントのパスワードを保存できますが、そのパスワード保存機能は単一であり、デバイスが他のユーザーとデバイスを共有する場合、すべてのパスワードが漏洩する危険があります。Renee SecureSiloの「パスワードウォレット」機能を使用すると、ユーザーが保存したすべてのデータは、AES256で暗号化された独立したパスワードで保存されます。他の人とコンピューターを共有しても、独立したパスワードがないと情報を表示できず、パスワードがさらに保護されます。さらに、ソフトは、暗号化、隠す、偽装などパーソナルPC上のデータも保護する機能がたくさんあります。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...