Windows10向けバックアップソフト

データ損失を防ぐため、定期バックアップ作業は必要です。大切なデータやパソコンシステムをバックアップすることで、意外で紛失したデータや誤って削除した大切なデータも簡単に復元できます。もちろん、システムが問題起こった時、前の環境に戻ることも可能です。パソコンをWindows10にアップグレードしましたが、Windows10でも利用出来るバックアップソフトはありますか?

「Renee Becca」はWindows10でも対応出来るフリーバックアップソフトです。ソフトはWindows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP等のシステムも対応でき、万が一デバイスを交換、紛失、損傷した場合に備えて、大切な情報のコピーをとっておくことができます。このバックアップを使って、以前のパソコンから新しいパソコンにデータを転送したり、紛失したデータを復元したりすることができます。

Renee Beccaでデータをしっかり守る

Windows10向けバックアップソフトでバックアップする方法

ソフトは無料なので、まずパソコンにダウンロードしてインストールします。
無償ダウンロード

ソフトダウンロードは無料できます。非営利目的個人用の場合無料で利用可能です。Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。無料でもらうライセンスキーでソフトを登録すると、完全版を利用できます。

インストールしたら、以下の操作方法で便利にバックアップすることができます。

ステップ1:バックアップ種類を選択します。

「バックアップ」タブをクリックし、バックアップ種類を選択します。システムのバックアップ、ディスク/パーテイションのバックアップ、ファイルのバックアップを選択できます。
種類を選択後、バックアップ先とバックアップ元を指定します。

バックアップ元とバックアップ先の指定

ステップ2:バックアップ方式を指定します。

適切なバックアップ方式を利用することで、簡単・高速・自動バックアップすることができ、時間だけでなく、容量の節約もできます。
「バックアップスキーム」でバックアップ方法を選択し、「OK」ボタンをクリックします。

バックアップスキームの指定
「バージョンチェーンスキームバックアップ」、「増分バックアップ」、「差分バックアップ」、「完全バックアップ」モードがあります。

バージョンチェーンスキームとは、最近の6つのバージョンが保持されます。最初は完全バックアップバージョンが作成され、それ以降、5つの差分バックアップバージョンが作成されます。続いて、完全バックアップバージョンと、5つの差分バックアップバージョンが作成され、これが繰り返されます。新しいバックアップバージョンを作成後自動的に最も古い差分バックアップバージョンが削除されます。手動削除しなくても、いつも最新バージョンを保存する上、ハードディスクの使用容量も最小化にします。

バージョンチェーンスキーム
増分バックアップとは、前回のバックアップより増えたもののみバックアップするということです。初回バックアップは完全のバックアップをします。
増分バックアップ
差分バックアップとは、毎回バックアップする時は初回バックアップと比較し、差の分のみをバックアップすることです。初回バックアップは完全のバックアップをします。
差分バックアップ
完全バックアップとは、バックアップする時はすべてのデータをバックアップすることです。バックアップするデータサイズが小さい場合が適しています。

ヒント:

自動バックアップを実施したい場合、スケジュールを指定します。すると、指定した時間は自動的にバックアップすることができます。

スケジュールの指定

ステップ3:「今すぐバックアップ」ボタンをクリックし、バックアップをします。

今じゃなく、1時間後/2時間後実行等の設定もできます。

以上でバックアップ作業は完了します。

ヒント:

1、復元(リストア)するには、バックアップから復元(リストア)する方法を参照してください。
2、OSを復元する時、Windowsシステムが起動できないため、起動メディアの作成が必要です。詳しくはOSバックアップ方法を参照してください。

Windows10にアップグレードしてもバックアップの習慣を続け、大切なパソコン恐々と大事なデータを守りましょう。日頃から定期バックアップをしたら、不意のトラブル、故障等が発生しても、高速にデータやパソコン環境を復元することはできます。今から始まりませんか?
無料ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>