author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

PC買い替えの際、データ移行が必要です。この記事は4つの無料・安全・便利なPCデータ移行方法をメリット、デメリット、適応状況などの面から比較して紹介しました。必要に応じて、ご利用ください。


PC買い替えによるデータ移行 元PCの動作が重くなり、パソコンを買い換えようと思っています。古いパソコンには気になるデータがたくさんあるので、新しいPCへ移行したいです。

 

気になるデータは次のとおりです。

  • 住所録
  • カレンダーで管理している予定表
  • 写真、動画、音楽ファイル
  • ブックマーク

 

ただのWindowsシステムを移行するか、データのみの移行するか、OSを含んだPCまるごと移行か、必要によって、おすすめの移行方法は異なります。

 

次に最も利用されているPC買い替えによるデータ移行方法4選を紹介します。

1.【無料】外付けHDDやUSBメモリ、DVDなどでデータ移行

手動で必要なデータを先に外付けHDDやUSBメモリなどの記録メディアに置いて、また新しいPCに移行する方法は一番利用されているでしょう。コピペするだけで、簡単無料です。
外付けHDDやUSBメモリ、DVDなどでデータ移行
ただし、次のデメリットがあります。
  • データ量が大きい場合、非常に時間がかかり、なにかの原因で失敗するする可能性も大きい。
  • パソコンに負担がかかるので、コピーしているところ同時に行うほかの作業に影響があります。
  • Windowsシステム、アプリケーションなどのデータは移動できません。

 

移行するデータ量が少ない場合、この方法をおすすめします。

目次に戻る

2.【便利】OneDrive/Googleドライブなどのオンラインストレージでデータ移行

この方法も先に古いPCのデータをほかのところに置いて、また新しいPCに移行する方法です。方法1と異なるのは、データを置く場所が違います。方法1は実際の外付けメディアが、この方法はオンラインストレージを借りて、データを一時的に保存します。OneDrive / Googleドライブ / Dropboxなど様々なアプリを利用できます。新しいPCでサインインすると、データが自動的に同期できるので、コピペ作業がいらず、とても便利。
オンラインストレージでデータ移行
ただし、この方法は次のデメリットがあります。
  • 無料で利用できる容量が制限あります。それ以上の容量を利用したい場合、支払う必要があります。
  • Windowsシステムなどのの移行はできません。
  • 情報をアップロードする必要があるので、情報漏洩の可能性がないとは保証できない。プライベートデータの移行はこの方法がおすすめしません。

 

更新頻度が高いデータはこの方法でのバックアップ・移行をおすすめします。自動更新できるので、いつも最新状態を保つことはできます。

目次に戻る

3.【安全】データバックアップソフトでデータ移行

データバックアップソフトでデータ移行する方法は多いです。特徴は高速・安全にデータバックアップ・移行できます。先進的なバックアップ技術を利用したので、バックアップ中他の作業も同時に実行できます。
データバックアップソフトでデータ移行
  1. データバックアップ・復元:外付けメディアにデータを置いて、また新しいPCに移行します。HDD単位/パーティション単位/フォルダ単位のバックアップも対応できます。
  2. HDDクローン:元HDDから新しいHDDに直接まるごとコピー・移行します。一度ほかの外付けメディアに置く必要がなく、直接新しいHDDへデータ移行可能。安全に・効率的にデータ移行作業を進めます。Windosシステム(OS)の移行も対応可能。
  3. OS移行:元HDDから新しいHDDに直接OS(Windowsシステム)をコピー・移行します。方法1と方法2もこの機能がありません。OSをコピーしたい場合、この方法をおすすめします。
次に一つの無料データバックアップソフトRenee Beccaを例にして、データ移行方法を説明します。

 

Renee Beccaはクローンや引越しにも対応多機能なバックアップ・復元ツール。データの完全消去機能なども搭載。クローンする時、多い領域の配分機能もあります。イラスト付きのチュートリアルで初心者にもやさしい。
パーティションアライメント調整機能もあり、SSDへのバックアップやクローンする時、自動的にアライメント調整します。
このソフトでHDDクローンもしくはシステム移行、リカバリすると、自動的にSSDを最適化にします。余分な操作はいりません。
増分バックアップ差分バックアップ、バージョンチェーンバックアップなど様々なモードでバックアップ可能。時間と容量を節約できます。

データバックアップ・復元:

元PCがWindows7で、新しいPCはWindows10をインストールしたい、もしくは新しいPCはプリインストールのWindows10があり、元PCのデータのみ新しいPCに移行したい場合、データバックアップ・復元でのデータ移行方法をおすすめします。
データバックアップ・復元でデータ移行
USBメモリなどの外付け設備へ直接コピーする方法もありますが、データ量が多い場合、ソフトで実行するほうが効率的・安全です。PCにもそれほど負担をかけません。

 

操作手順はこちらから参照してください。

データバックアップ

HDDクローン:

古いパソコンは既にWindows10にアップグレードした、新しいパソコンには新規インストールする必要がありません。時間節約のため、Windows OSを含み、PC全体のデータをまるごと新しいパソコンへ移行したい場合、HDDクローンでのデータ移行をおすすめします。
HDDクローンでデータ移行
この方法は元HDD全体をまるごと新しいHDD/SSDへ移行するので、プログラムも元のままです。新規インストールする必要がありません。この方法でデータ以降後、PCを開くと、元のPCと同じ環境で新しいパソコンを利用できます。唯一変えたのはパソコンのはPCのハードウェア。PC性能がもっと快適になる。

 

操作手順はこちらから参照してください。

HDDクローン

OS移行:

新しいPCにOS新規インストールするのは面倒なので、OSは元のままで利用したいであったり、元の操作システムは既に慣れて、替えると効率が下げるため、PCを買い換えるが、Windows OS、操作環境は元のままにしたいであったりする場合、OS移行でPCのWindows OSを移行できます。
OS移行でデータ移行
この方法はシステムドライブにインストールしたプログラムも一緒に移行できます。以降後、そのまま元のプログラムを利用できます。再度インストールする必要がありません。

例えば、システムはCドライブにあります。Cドライブにインストールしたプログラムは元のまま移行されます。新しいパソコンでは元のパソコンと同じようにプログラムを利用できます。

 

操作手順はこちらから参照してください。

OS移行する手順

目次に戻る

4.その他のPCデータ移行方法

上の3つ以外、他のデータ移行方法もあります。Windows転送ツールによるデータ移行、PCメーカーにより、乗り換えガイドが付属している機種もあります。PCが付属している乗り換えガイドでデータ移行することもできます。

ただし、前の3つは汎用性が高く、最も利用されているデータ移行方法です。

目次に戻る
以上は各PCデータ移行方法のメリット、デメリット、適応状況から比較してみました。必要に応じて、適切なPCデータ移行方法を選択してください。

PCデータ移行において何かご不明な点がございますか?

Loading comments...