author avatar
  サポートマネージャー  

概要

2018年1月中に、Microsoftは「OneDrive for Business」にファイル復元機能を追加しました。これにより、OneDriveを過去30日間のいずれかの時点の状態に戻せます。現在、家庭向け及び個人向けOffice 365を利用しているユーザーにもこの機能を提供開始しました。


ファイル復元機能
Microsoftは4月5日 (米国現地時間)、「Office 365 Home」および「Office 365 Personal」のユーザーが利用しているOneDriveにも、この機能の提供が開始すると発表しました。また、Office 365にランサムウェアの検出機能も追加しました。ランサムウェアを検出した場合、電子メール、モバイル、またはデスクトップの通知などの形でユーザーに連絡します。

今年の1月中に、Microsoftは「OneDrive for Business」にファイル復元機能を追加しました。この機能により、OneDriveを過去30日間のいずれかの時点の状態に戻せます。これは誤操作によるデータ削除、ファイルの破損、或いはランサムウェアの感染などの対策として有効です。

  • 「OneDrive for Business」及び「Office 365 Business」に新規追加のファイル復元機能は、企業にとって非常に便利で、ファイルの紛失を防げます。
  • 個人ユーザーの場合には、データを保護するために使いやすいツールもあります。 データ損失を防ぐ最も効果的かつ効率的な方法は、データのバックアップです。従って、多機能のデータバックアップソフトRenee Beccaの使用をお勧めします。操作簡単ですが、自動バックアップHDDクローンなどの便利機能も備えています。
  • 万が一、データを紛失し、バックアップを取っていない場合は、心配する必要がありません。データを戻すための切り札があります。それは、データ復元ソフトRenee Undeleterの利用です。このソフトは、誤削除、フォーマットやウイルスなどによる紛失したデータを復元できます。初心者も簡単に利用できるので、個人ユーザーに特に適します。
Loading comments...