author avatar
  サポートマネージャー  

概要

誤ってSDカードの写真を削除してしまった。SDカードのデータがいきなり消えました。誤ってSDカードをフォーマットしてしまった。実は、様々な原因でSDカードから失われたデータはまだ救えます。この記事は初心者に最適なSDカード復元方法、SDカード復元する前の注意事項、データ復元の原理など初心者向けのSDカード復元マニュアルを詳しく紹介します。動画でSDカード復元の操作手順を参照することもできます。
 ダウンロード(Win版)  ダウンロード(Mac版)


SDカード復元
  • 間違った操作や操作ミスで、SDカードの写真を全部削除してしまった。
  • SDカードのデータがいきなり消えました。
  • SDカードをPCに接続すると、「フォーマットしますか?」が表示され、誤って「OK」ボタンを押して、SDカードをフォーマットしてしまった。
  • ウィルスの感染でデータが全部なくなりました。
  • 安全に取り外しを実行してないため、貴重なデータが消えてしまった。
  • 電源が突然切れて、SDカードのデータも全滅。

様々な理由でSDカードのデータが消えた場合、どうしたらいいでしょう?データがどこに消えただろう?SDカードのデータはまだ戻せるの?という疑問を持っているかもしれません。 実は、ここで諦める必要がありません。SDカードデータを救出するため、最後の手段があります。 次にこんなトラブルに遭ったあなたに、データ復元する前に注意すべきこと、データ復元の原理、初心者でもできるSDカード復元・復活・復旧する方法を紹介します。疑問を持っている方への参考になればと思います。

SDカードのデータを保護しましょう!データ復元する前に注意すべきこと

SDカードのデータが無くなり、見えなくなりましたが、実は正確に扱うと、見えなくなったデータを救えます。データが失われたSDカードに対して、次のルールを守りましょう!

やってはいけないこと:

フォーマットしてはいけない

  • 二次破壊させないように、新しいデータをSDカードに保存してはいけません。(カメラ・携帯・タブレット等の設備に入れたまま、新しい写真、ビデオ、ファイル等を続けて保存してはいけません。)
  • SDカードをフォーマットしてはいけません。

即座にSDカード復元 直ちにやるべきこと:

  • SDカードを安全に取り外して、損傷されないように乾燥な場所に保管する。
  • 直ちにデータ復元作業を実行する。即座にデータ復元するのは鉄則です。

復元方法1:データ復元サービスを頼む。
データ復元サービスは他人に復元してもらうため、自分が何もやらなくていい。 ただし、非常に高価の上、復元率は不明。復元データ量により、データ復元ソフトウェアの価格の何十倍にも何百倍にもする高価のケースもあります。プライベート情報が他人に見られてしまうことは避けられません。

復元方法2:データ復元ソフトを使う。
データを復元できるかを無料で確認できます。操作は非常に簡単で、効率的にデータを復元することはできます。他人に個人情報を見せる必要もなし、情報漏洩の心配はいりません。データが破損してない限り、データ復元量の制限はありません。 次のボタンをクリックしてデータ復元ソフト無料体験版をダウンロードできます。ダウンロード後、パソコンにインストールします。無料体験版でデータを復元できるか確認可能です。

注意: SDカードのデータを上書きしないように、SDカードにソフトをダウンロード・インストールしないでください。
データ復元ソフト無料体験版をダウンロード!
Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード
目次に戻る

なぜSDカードのデータを復元できるの?データ復元の原理

データがパソコンや、SDカード、メモリーカード、USBメモリ、携帯、カメラ等の設備から削除されることは本当にそのデータを削除し切り捨てることじゃありません。ご存知のとおり、全てのストレージ設備も重複に使用できます。ということは、データを保存する空間は重複に利用できます。削除/フォーマット等の処理実はデータの保存場所を書込可能状態に変更することです。肉眼で見えないが、データがまだ存在します。ただし、一旦その場所に新しいデータを保存し、もしくはフォーマットしてしまうと、実に存在したデータが上書きされてしまい、破損されてしまいます。すると、データを復元しても、破損された状態のデータしかありません。
上書きしては行けいない理由

上書きしては行けいない理由

従って、データ復元ソフトの仕事は見えないがまだ存在するデータを見える状態にし、救出することです。データを上書きしない、設備を二次破壊しない限り、データを救出する可能性が十分あります。 じゃ、どのようにすれば、安全・効率・簡単にSDカードのデータを復元できますか?次の操作方法をご参照ください。
目次に戻る

簡単・効率的・安全にSDカードのデータを復元する方法

データ上書き、SDカード物理損害が発生していない限り、すぐにSDカード復元・復活・復旧ソフトRenee Undeleter」を使えば、まだデータを救出する可能性が十分あります。

早速無料体験版ソフトをダウンロードして次のステップによってSDカードのデータを救出しよう! ※OSがWindows 10 のパソコンでも利用できるようにソフトは更新しました。安心してご利用ください。 動作OS: Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2000 / 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。

Windowsパソコンご利用のユーザーはこちらからSDカードを復元します。

ここをクリックしてWindows版SDカード復元ソフトを無料ダウンロード!

Macパソコンご利用のユーザーはこちらからSDカードを復元します。

ここをクリックしてMac版SDカード復元ソフトを無料ダウンロード!

データ復元ソフトを利用すると、ただ3ステップで簡単にSDカードを復元可能です。簡単・効率・安全にSDカードのデータを復元できます。

◆ ステップ1:SDカードをPCに接続し、ソフトを起動し、スキャンモードを選択します。

SDカードをカードリーダーでPCに接続もしくは直接PCに挿入してください。

スキャンモードをクリックします
どのモードを使えばいいの?

クイックパーティションスキャン:一部分のデータがなくなった場合、または削除されたデータを復元したい場合使用します。

パーティションの完全スキャン:SDカードのデータが全部失われた場合、SDカードフォーマットによりデータが失われた場合使用します。SDカード全体をスキャンします。

ディスクの完全スキャン:前のモードもデータを見つからない場合、使用してください。ディスク全体をディープスキャンするので、時間がかかります。

◆ ステップ2:SDカードを選択し「次へ」ボタンをクリックします。

パーティション完全スキャン
ヒント: スキャン対象にSDカードが表示されない、SDカードを選択できない場合、カードは損傷等の原因でソフトウェアに認識されていません。こんな時、設備が認識されない時の復元方法をご覧ください。
更に多くのファイルを検索したい場合、次の手順で試してください。 【クイックパーティションスキャン】 ⇒ スキャン対象を指定 ⇒ 高級設定画面で【カスタマイズ設定】を選択 ⇒ ファイルタイプを指定 ⇒ 【その他】 ⇒ 【512Bytes】 を選択します。
ファイルタイプを指定
更に多くのファイルをスキャン

◆ ステップ3:スキャン完了後、復元させたいファイルをプレビューし、「復元」ボタンをクリックします。

スキャン完了後、写真、動画などのファイルをダブルくリックすると、データをプレビュー(再生)できます。灰色の禁止マークが付いているファイルがすでに破損されたと判断できます。

ファイルをプレビュー・復元します

無料体験版はデータ復元可能か確認できるので、まだ間に合ううちに、無料体験版をダウンロードして、SDカードを救出しよう!

※Windows 10 OSのパソコンでもソフトを利用できるようになりました。

Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード
ヒント: データ復元ソフト Renee Undeleter はSDカードだけでなく、SDHCカード、miniSDカード、microSDカード、CFカード、USBメモリ、xDピクチャーカード、MMCカードTranscend SDカード、 メモリースティックDuo、メモリースティックPro、TransFlash メモリカード等大体全てのSDカード、メモリカードの復元も対応できます。
目次に戻る

動画でSDカード復元操作手順を確認する

動画でSDカード復元操作手順を確認できます。初心者も簡単に操作できるので、是非無料体験版をダウンロードして試してみてください。

ヒント

1、「クイックパーティションスキャン」モードで欲しいデータを見つからない場合、「パーティションの完全スキャン」、「ディスクの完全スキャン」を試してください。サプライズがあるかも! 2、無料体験版はデータ復元できるか判断できますので、是非無料体験版を試してください。 3、AndroidスマホのSDカードを救うなら、こちらの方法(スマホSDカード復元)をご参照ください。 4、時間はデータの命だといっても過言ではありません。一刻も早く復元対策をとれば、復元率が高くなる可能性はあります。早速データ復元ソフトを無料ダウンロードして大切なデータを守りましょう!

Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード
目次に戻る

製品に関するご意見・ご質問・ご要望は、気軽にお問い合わせください。

Loading comments...