author avatar
  サポートマネージャー  

概要

USBメモリからデータが消えた、誤ってUSBデータを削除してしまった、USBをPCに接続したら、データが表示されなく、フォーマットが要求されるなどの状況が発生した場合、速やかにUSBデータ復元ソフトRenee Undeleterを使うと、データ復旧率がかなり高いです。
 ダウンロード(Win版)  ダウンロード(Mac版)


USB復元

USBメモリはフロッピーディスクや、DVDの様に専用のドライブ装置を必要としないため利便性が高い、それに小型で可搬性に優れるという特徴を持っています。
データの持ち運びには、最も多く利用されているでしょう。

USBメモリからデータが消えた、誤ってUSBデータを削除してしまった、USBをPCに接続したら、データが表示されなく、フォーマットが要求されるなどの状況が発生した場合、USBメモリに入っているデータを復元する方法はありますか?

速やかにUSBメモリのデータを復元したい気持ちは分かりますが、その前に注意して欲しいことがあります。データの完全性を保護するために、必ず次の注意事項をご覧ください。これらのポイントを気をつけると、データ復元率は上がります。

復元する前の注意事項

データ紛失したら、一般的にはまず、設備やフォルダー等保存場所のあちこちを確認し、ファイルがまだ存在するかを確認するでしょう。これは問題ないですが、確実に消失したと確認できたら、すぐ手を止めましょう!それ以上の操作はデータ上書きを生じる可能性があります。まとめて言うと、次のことを注意して欲しい。
  1. 物理障害を受けさせないように、USBメモリを乾燥な場所で保管しておいてください。
  2. 二次破壊を防ぐため、二度とUSBをフォーマットしないでください。
  3. データオーバライトが発生すると、データが破損してしまい、復元できなくなります。そういう状況を避けるには、USBのデータが消えたら、新しいデータをUSBメモリに書き込まないでください。
  4. データ完全性を確保の上速やかにUSBデータ復元ソフトを使います。そうするとデータ復旧率がかなり高いです。

次のデータ復元ソフト「Renee Undeleter」無料体験版はデータ復元できるか判断できますので、是非無料ダウンロードして試してください。
操作方法は非常に簡単で、初心者も自力でデータ復元できます。

次のボタンから無料体験版をダウンロードできます。
Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード
ソフトをダウンロード後、パソコンにインストールしてください。それからUSBメモリをパソコンに接続して、救出作業を行いましょう!

簡単に言うと、3ステップだけでデータ復元できます。

3ステップでデータ復元
USBメモリデータ紛失の原因は主に誤削除フォーマットに分かれています。

次に各原因により紛失したデータの復元方法を紹介します。

 

フォーマットしたUSBメモリのデータ復元方法

データ復元ソフトRenee UndeleterdeでフォーマットしてしまったUSBメモリのデータを復元する手順を紹介します。

ステップ1 スキャンモードの選択

USBメモリをPCに接続し、フォーマット復元向きスキャンモード『パーティションの完全スキャン』をクリックします。
スキャンモードを選択します

ステップ2 スキャンする対象(USBメモリ)の選択

復元したい場所をスキャン対象とします。今回はUSBメモリデータを復元するので、USBメモリをクリックし、「次へ」をクリックします。
スキャンしたい場所を選択します
更に多くのファイルを検索したい場合、次の手順で試してください。

【クイックパーティションスキャン】 ⇒ スキャン対象を指定 ⇒ 高級設定画面で【カスタマイズ設定】を選択 ⇒ ファイルタイプを指定 ⇒ 【その他】 ⇒ 【512Bytes】 を選択します。

ファイルタイプを指定
更に多くのファイルをスキャン

ステップ3 データのプレビュー・復元

スキャンが完了したら、復元させたいファイルを選択し、復元ボタンをクリックすると、復元出来ます。復元する前に、BMP 、 GIF 、 PNG 、 JPEG 、 JPG 、 TIF 、 DOC 、 DOCX 、 HTM 、 PDF 、 PPT 、 PPTX 、 RAR 、 XLS 、 XLSX 、 ZIP など形式のファイルをプレビュー可能です。
ファイルをプレビュー・復元します
※欲しいデータが完全に検出されていない場合、『ディスクの完全スキャン』モードを試してください。このモードはUSBを全面的にスキャンできるので、一番強力な復元モードです。それによって、スキャン時間は長くなります。
目次に戻る

USBメモリの削除データ復元方法

データ復元ソフトRenee Undeleterdeで削除してしまったUSBメモリのデータを復元する手順を紹介します。

ステップ1 スキャンモードの選択

USBメモリをPCに接続し、削除データ復元向きスキャンモード『クイックパーティションスキャン』をクリックします。
スキャンモードを選択します
ステップ2ステップ3はフォーマットしてしまったUSBメモリのデータを復元する方法とは同じです。
目次に戻る

設備(USBメモリ)が認識されない時のデータ復元方法

もし、USBメモリが損傷や何らかの原因で認識されない場合、どうしたらいいでしょう?
最後の方法を試してみてください。まず、ディスクミラーリングを作成できるか確認してみます。ディスクミラーリングとは、ハードディスクドライブ障害の対策として、複数のローカルなディスクドライブに同一の内容を記録すること。
※直接USBメモリをスキャンすると認識されないが、ディスクミラーリングを作成する際が認識できるケースがよくあった。従って、USBメモリ認識されない時、この方法を確認してみてください。

ステップ1 ミラーリング作成でUSBメモリ認識できるか確認します。

USBメモリをPCに接続し、『ミラーリング作成』をクリックします。
USBメモリが認識されたら、USBメモリを選択します。
ミラーリング作成

ステップ2USBメモリを選択し、ミラーリングファイルの保存先を選択し、作成ボタンをクリックします。

ミラーリングファイルを作成します

ステップ3 スキャンモードを選択し、ミラーリングを読み込むボタンでミラーリングファイルを選択し、スキャンします。

USBメモリが認識されないが、ミラーリングファイル(USBメモリの全ての内容のコピー)をスキャンすることができます。これがUSBメモリを直接スキャンすると同じ効果があります。 後は、スキャン結果を確認し、復元すればいいです。
作成したミラーリングファイルをスキャンします。
目次に戻る
まだわからない方は次のビデオからUSBメモリからデータ復元の操作方法を確認できます。
USBメモリが認識されない時もこのソフトで復元することができます。早速ソフトを無料ダウンロードして、USBメモリのデータを復元できるかを確認しましょう!

無料版でデータ復元可能かを確認することができます。無料版から製品版への移行も、ライセンスキーを登録するだけでスムーズに移行できます。

Windows版ダウンロード
Mac版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...