author avatar
  テストマネージャー  

概要

10月24日には、新型ランサムウェア「Bad Rabbit(バッドラビット)」がロシア及びアシア中心に拡散されていると各セキュリティベンダが注意を呼びかけている。感染予防及びデータの守る対策をまとめました。


新型ランサムウェア「Bad Rabbit(バッドラビット)」がロシア及びアシア中心に拡散されているという。今年はWannaCryとPetyaの後、Bad Rabbitがもう一つの大規模なランサムウェア。

Bad RabbitはウェブサイトのAdobe Flashインストーラーを偽装し、「install_flash_player.exe」をダウンロードさせ、ランサムウェアの実行ファイルを生成します。

感染すると、データが暗号化され、ディスクがロックされ、システムに入れなくなる。復号化したい場合、ビットコインが要求されます。

ランサムウェアBad Rabbit
Symantecによると、被害されたユーザーは個人ユーザーも企業、政府ユーザーもあるという。なお、企業内のPCが感染すると、LAN内の他のPCも感染されてしまう。

このような悪質な身代金要求マルウェアを感染すると困るので、ここで初心者もできる対策をまとめてみました。

Bad Rabbitの感染予防及びデータの守る対策

Bac Rabbitなどのランサムウェアが怖いですが、個人としても感染を防ぎ、データを守れます。次にBac Rabbitの感染予防対策とデータ守る方法を紹介します。
  1. セキュリティ対策ソフトをインストールし、最新バージョンにアップデートしておく。
  2. 大切なデータを暗号化しておく、情報漏洩を防ぐ。
  3. 重要なデータを定期的にバックアップすること。

1.セキュリティ対策ソフトをインストールし、最新バージョンにアップデートしておく

各社のセキュリティ対策ソフトでは、すでにBad Rabbitの検知が可能となっているため、セキュリティソフトをインストールし、最新バージョンにアップデータしておくことをおすすめです。

普通のユーザーはウイルスに詳しくないので、やはり専門のセキュリティ対策ソフトに任せるほうが安心です。常にセキュリティソフトを更新し、最新バージョンを保つこと

目次に戻る

2.大切なデータを暗号化しておく、情報漏洩を防ぐ

パソコンにある個人情報はファイル暗号化しておいた場合、万が一流出しても、情報漏洩の心配はいりません。ここでプロの強力暗号化ツールRenee File Protectorをおすすめします。
Renee File Protectorは最高レベルの暗号化方式、非常に強固な世界標準の暗号アルゴリズム(AES-256)を採用、「AES」は米国政府が標準で使用し、日本政府も推奨する最高レベルの暗号化方式。
ソフトはファイル/フォルダ/ドライブ単位の保護ができます。最も利用されているフォルダパスワードをかけて暗号化機能の他、ロック、非表示、安全削除等の手段もある。しかし、全機能無料で利用できます。

 

フォルダにパスワードを!

目次に戻る

3.重要なデータを定期的にバックアップすること

どんなウイルスでも、やはり、データバックアップは一番効く予防策です。感染してもデータ損失の心配はありません。

日頃から、外付けHDDに大切なデータを全部バックアップしておけば安心です。

ランサムウェアBad Rabbitの感染だけでなく、HDD障害、他のウイルス感染、事故等他の意外によるデータ損失が発生しても、データのバックアップがあれば、損失を最小限に抑えることができます。

でも、パソコンに詳しくない、完全の素人です。定期バックアップを取る方法は知らないというユーザーがいるかもしれません。

ここで初心者向けの無料バックアップソフトRenee Beccaをおすすめします。

 

初心者向けデータバックアップ方法

動画でデータバックアップの操作手順を確認する

今回のランサムウェアBad Rabbitを機に、定期的にバックアップする習慣を身に着けましょう。

早速無料版をダウンロードしてバックアップします!

Windows版ダウンロード
目次に戻る

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...