author avatar
  サポートマネージャー  

概要

現代の人々にとって、さまざまなオンラインサービス、銀行カード、SNSアプリなど、さまざまなアカウントパスワードを覚える必要があり、パスワードを忘れた経験は苛立たしいものです。この記事は、iOSでのアカウントとパスワードの安全・便利な管理方法5つを紹介します。



iPhone/iPad等iOS端末でメモ機能を使用しパスワードを管理
iOSシステムに付属しているメモ機能を利用することは、間違いなく最も簡単で効果的なパスワード管理方法であり、電子文書の形でパスワードを管理します。 新しいパスワードレコード/管理要件がある場合、新しいメモを追加します。必要な時、またメモを確認します。

メモ機能でパスワードを管理する

デメリット:メモ機能は暗号化およびロックできないため、メモが開かれている限り、他のユーザーがコンテンツを盗み見るのは簡単です。 パスワードのセキュリティを強化するために、ユーザーはプレーンテキストをパスワードや他の人が理解できないその他の方法で置き換える必要がある場合があります(たとえば、特定のパスワード文字を「子供の誕生日」と「成長する通りの名前」で置き換える)。

iPhone/iPad等iOS端末でSafariでパスワードを管理
Safariは、Appleデバイスに付属しているブラウザであるため、ログインしたアカウントとパスワードを自動的に保存する機能を備えています。 では、SafariでのWebブラウジング中に、保存されているすべてのアカウントパスワードをどのように表示すればよいでしょうか。 メインインターフェースの[設定]ボタンをクリックし、[パスワードとアカウント]をクリックして、[アプリケーションとウェブサイトのパスワード]を入力します。ユーザーのパスワード、Touch ID、Face IDを正しく入力したら、編集ページにアクセスして、Safariがパスワードを保存したすべてのURLの表示および管理できます 。

WebサイトとAppのパスワード

デメリット:Safariのパスワード管理機能は、ブラウザーにログインするときにさまざまなサービスのアカウントパスワードのみを保存でき、他のタイプのパスワードデータは保存できません。

iPhone/iPad等iOS端末でiCloudキーチェーンでパスワードを管理
iCloudキーチェーン機能は、システムに組み込まれた機能であり、許可されたAppleデバイスでユーザー名、ユーザーパスワード、およびバインドされたクレジットカードアカウント情報を記録するために使用できます。 ユーザーが複数の異なるAppleデバイスを持っている場合、同じキーチェーンを使用すると、パスワード管理の問題を簡単に解決できます。 ただし、他のデバイスを使用するには、最初にキーチェーンを有効にしたデバイスから承認を受ける必要があります。

iCloudキーチェーン

デメリット:ユーザーのフィードバックによると、一部のWebサイトおよびサービスは正しく記述されていないため、同期中にiCloudキーチェーンが誤ってパスワードを再生成し、元のパスワードを上書きして、パスワードが正しくないか失われる可能性があります。

iPhone/iPad等iOS端末で1Passwordでパスワードを管理
1Passwordは、iOSで最もよく知られているパスワード管理アプリケーションの1つです。銀行カードやオンラインサービスなどの複数のパスワードタイプをサポートしているため、多数のパスワードを簡単に記録して、システムで安全に呼び出すことができます。 256ビットのAES暗号化レベルで強力なパスワードを生成できるため、パスワードの盗難を防止できると同時に、すべてのデータをiColudに同期できるため、非常に便利です。

1Password でパスワード管理

デメリット:ユーザーのアカウントパスワードデータはサービスプロバイダーのクラウドサーバーに保存され、攻撃によって漏洩する可能性があります。

以上がiOSデバイスでのブラウザパスワードの保存・管理方法であり、この一連の操作でパスワードを覚える手間を大幅に軽減できます。 ただし、iOSデバイスはモバイルデバイスであるため、常に紛失または盗難のリスクがあります。 デバイスが紛失すると、デバイスに保存されているアカウントがデバイスとともに漏洩し、計り知れない損失が発生する可能性があります。 それでは、パスワードを管理するためのより便利で安全かつ効率的な方法はありますか?

Renee SecureSiloでパスワードを管理
Renee SecureSiloは、ファイルやフォルダを暗号化するための暗号化ソフトウェアであり、ドキュメントの暗号化、USBの保護、ドキュメントの非表示など、複数の暗号化機能を備えています。 その中でも、パスワード管理が必要な場合は、ソフトの「パスワードウォレット」機能を使用します。これは、さまざまな個人パスワードを正しく管理でき、暗号化されたファイルをローカルに保存できるため、ネットワーク漏洩のリスクを避けます。

さらに、このソフトウェアは個別のパスワード設計を使用しており、高度なAES256暗号化技術により、コンピューターを他のユーザーと共有しても、他のユーザーが外部から力ずくでパスワードをローカルコンピューターに安全に保管することはできません。 したがって、ソフトウェアを使用してパスワードなどの重要な情報を管理する場合、そのセキュリティを確保できます。

Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.「パスワードウォーレット」-「作成」をクリックします。

パスワードウォーレット作成

4.ウォーレットの名前と保存場所を指定し、「次へ」をクリックします。

ウォーレットの名前と保存場所を指定

5.ウォーレットのパスワードを設定します。ソフトの起動ソフトを利用することも可能です。

ウォーレットパスワード設定

6.「カード作成」をクリックし、カード名と種類を設定します。

カード名とカード種類設定

7.カードをクリックし、右で具体的な秘密情報を入力します。

情報を入力する

8.「閉じる」をクリックし、ウォーレットを閉じると、ウォーレットが暗号化されます。開くにはパスワードの入力が必要です。

ウォーレットを閉じる

まとめ
iOSデバイスには、モバイルデバイスとして毎日使用するさまざまなアカウントパスワードの保存と管理に役立つさまざまな組み込み機能とアプリがありますが、紛失や盗難のリスクは常にあります。Renee SecureSiloの「パスワードウォレット」機能を使用すると、ユーザーが保存したすべてのデータは、AES256で暗号化された独立したパスワードで保存されます。コンピューターの所有者を除いて、さらなる保護のために独立したパスワードなしでデータを表示することはできません。さらに、パーソナルPC上のデータを保護できるソフトウェアです。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...