author avatar
  サポートマネージャー  

概要

GoogleChromeを使用する場合、Webページでさまざまなフォームのパスワードを入力すると、Chromeはこれらのパスワードを保存する便利な機能を提供します。では、日常的に使用しているGoogle Chromeでパスワードを管理するにはどうすればよいですか?この記事は、Chromeでパスワードを管理する方法を紹介します。



さまざまなWebサイトやサービスでは、ユーザーアカウントを作成する必要があります。セキュリティ上の考慮事項に基づいて、さまざまなタイプのWebサイトで、異なるユーザー名とパスワードを使用して、データ漏洩のリスクを回避する必要があります。しかし、アクセスするウェブサイトの数が非常に多い場合は、覚えておくべきパスワードが多くなるため、パスワード管理が非常に必要です。 以下は、パスワード管理の実用的な方法です。
Chromeでパスワードを管理する方法
Chromeのパスワード管理機能として、Chromeの関連するインターフェースでそれを管理することができ、具体的な操作は以下の通りです。

1. Chromeブラウザーの右上にあるボタンをクリックし、[設定]をクリックします。

2.「自動入力」-「パスワード」をクリックします。

[設定]の[パスワード]画面を表示する

3.機能が有効になっているか、パスワードが保存されているWebサイトに自動的にログインするかを確認できます。 同時に、ユーザーは保存されたWebサイトのパスワードを表示したり、保存されたパスワードを削除したりすることもできます。

指定したサイトのパスワードを表示する

Chromeでパスワードを確認する方法

パスワードを保存した後、誤って特定のパスワード文字を忘れた場合、Chromeパスワード管理インターフェースでパスワードを再確認できます。

1.パスワード管理インターフェースで、目のアイコンをクリックします。

指定したサイトのパスワードを表示する

2.保存した特定のパスワードを表示するには、Windowsシステムで設定した認証用のアカウントパスワードを入力する必要があります。正しいパスワードを入力すると、保存したパスワードの文字が正しく表示されます。

Windowsのアカウントのパスワードを入力する

Chromeでパスワードを削除する方法

特定のWebサイトにパスワードを保存する必要がなくなった場合、保存したパスワードを削除できます。 保存したパスワードの横にボタンをクリックし、[削除]を選択してパスワードを正常に削除します。次にWebサイトにログインするときに、対応するパスワードを再入力する必要があります。

Chromeでパスワードを削除

Chromeのパスワード保存機能を利用するととても便利ですが、同時にこの機能のためにユーザーがパスワードを忘れてしまうことがあり、パスワードを変更すると元の保存パスワードが無効になります。さらに、Chromeのパスワード保存機能はウェブページのパスワードの記録に限定されており、セキュリティ係数が低いため、他のユーザーとコンピュータを共有すると、他のユーザーがすべてのユーザーのパスワードを見ることができます。 ユーザーがアカウントパスワードをより安全かつ効率的に管理したい場合は、Renee SecureSiloを使用することをお勧めします。

Renee SecureSiloでパスワードを管理する方法
Renee SecureSiloは、ファイルやフォルダを暗号化するための暗号化ソフトウェアであり、ドキュメントの暗号化、USBの保護、ドキュメントの非表示など、複数の暗号化機能を備えています。Renee SecureSiloの「パスワードウォレット」機能を利用して、パソコン上でさまざまなパスワードを整然と管理できます。 さらに、このソフトウェアは高度なAES256暗号化技術を使用しているため、外部から力ずくで攻撃することはできません。したがって、ソフトウェアを使用してパスワードなどの重要な情報を管理する場合、そのセキュリティを確保できます。
Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.「パスワードウォーレット」-「作成」をクリックします。

パスワードウォーレット作成

4.ウォーレットの名前と保存場所を指定し、「次へ」をクリックします。

ウォーレットの名前と保存場所を指定

5.ウォーレットのパスワードを設定します。ソフトの起動ソフトを利用することも可能です。

ウォーレットパスワード設定

6.「カード作成」をクリックし、カード名と種類を設定します。

カード名とカード種類設定

7.カードをクリックし、右で具体的な秘密情報を入力します。

情報を入力する

8.「閉じる」をクリックし、ウォーレットを閉じると、ウォーレットが暗号化されます。開くにはパスワードの入力が必要です。

ウォーレットを閉じる

まとめ
上ではChromeのパスワード管理に関連する方法を紹介しましたが、Chromeのパスワード管理機能は単一で、セキュリティは十分に高くありません。 したがって、ユーザーがパスワードを管理する必要がある場合は、Renee SecureSilo使用してパスワードを管理することをお勧めします。利点は、強力なAES256暗号化メカニズムを使用してユーザーのパスワードプライバシーを保護できることです。情報漏洩を心配する必要はありません。 さらに、Renee SecureSiloは、Webサイトのパスワードを保存できるだけでなく、すべてのパスワードカードをユーザーがカスタマイズできるため、非常に用途が広いです。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...