author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

セキュリティ上の理由から、多くのユーザーは個人のプライバシーを保護するためにWindows 10システムのファイルを暗号化したいと考えています。 では、Windows 10でフォルダにパスワードをかけるにはどうすればよいでしょうか。次に便利・安全・人気のある4つの方法を説明します。



Windows10でフォルダにパスワードをかける方法

Renee File ProtectorでWindows10のフォルダにパスワードをかける

Renee File Protectorは、コンピューターのファイルとフォルダーの暗号化ソフトウェアです。このソフトウェアは、ファイル、フォルダ、およびディスクを暗号化、ロック、非表示、保護して、他人が許可なしにファイルを読み取ったり変更したりするのを防ぎます。 さらに、ソフトウェアには監視の読み書き機能もあり、ファイルを監視すると、すべての操作が監視レコードに表示され、プライバシーを常に保護します。
Renee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフトRenee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージのデータを隠したり、ロックしたりすることができます。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

圧縮暗号化機能付き すべてのデータを圧縮暗号化でき、データ転送の安全性を確保。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 65206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1、ソフトをダウンロードし、インストールします。初期設定します。インストール後、パスワードとメールアドレスの入力が必要です。

初期設定

2、ソフトを開き、左側で「ロックを」クリックし、右側でロックしたいファイル/フォルダ/ドライブを選択したら、ロックが完了です。

ロック手順

※ロックしたいファイル/フォルダ/ドライブをメインメニューにドラッグ&ドロップすることでロックしても良いです。或いは、ファイル/フォルダ/ドライブを右クりックメニューからロックすることもできます。

右クリックメニュー

ロック解除する時パスワードが要求される

3、ロックを解除したい場合、ソフトからロックしたファイルやフォルダを選択し、「ロックを解除」ボタンをクリックします。

ロック解除方法

※右クリックメニューからもロック解除できます。

Renee SecureSiloでWindows10のフォルダにパスワードをかける

Renee SecureSiloは、コンピューターのファイルとフォルダの暗号化ソフトウェアです。 ドキュメントの暗号化、USBの保護、ドキュメントの非表示など、複数の暗号化機能を備えています。

  • 変更が簡単-ソフトウェアで作成した仮想ドライブは、使用の痕跡を残すことなくいつでも開閉できます。 また、仮想ドライブ内のファイルの変更に長時間待つ必要がなく、ファイルの変更や追加、削除を保存することができます。
  • 大容量-仮想ドライブテクノロジーを使用しているため、1つ以上の仮想ドライブに多数の機密ファイルを保存できます。仮想ドライブがNTFSとしてフォーマットされている限り、4Gを超えるファイルを保存できます。
  • クラックが困難-仮想ドライブフォーマットは独自仕様であり、高度なAES256暗号化アルゴリズムを使用しているため、現在、このテクノロジーをクラックするためのプログラムは市場にありません。
  • 高い隠蔽性-仮想ドライブファイルを他のファイルに偽装して、悪意のあるスキャンを回避できます。ワンクリックですべての仮想ドライブを閉じて、いつでもプログラムを終了してプライバシーを確​​保できます。
Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ドライブをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

Windows10の機能でフォルダにパスワードをかける

実際、Windows 10にはフォルダにパスワードをかける機能が搭載されており、Windows 10独自の機能を使用してフォルダを暗号化する方法について詳しく説明します。

1.保護したいフォルダを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

プロパティ

2.プロパティダイアログボックスで、「全般」-「詳細設定」ボタンをクリックします。

「全般」-「詳細設定」

3.「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックして、[OK]をクリックします。フォルダー暗号化を完了できます。

内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する

復号化手順:

暗号化されたフォルダーを右クリックしてプロパティを選択し、「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」のチェックをはずし、[OK]をクリックします。

上の手順により、フォルダは正常に暗号化されます。暗号化されたファイルを他のアカウントで使用したり、他のコンピューターに移動したりすると、開けません。個人のプライバシーが保護されます。

デメリット:Windows 10独自の機能を使用した暗号化操作は扱いにくく、また、Windows 10の組み込み暗号化はNTFSパーティションのみをサポートしており、パーティションがFATの場合、暗号化機能は使用できません。

圧縮ソフトでWindows10のフォルダにパスワードをかける

フォルダの暗号化に圧縮ソフトウェアWinRARを使用することもできます。WinRARは、今世界で最も人気のある圧縮ツールの1つです。世界中で5億人を超えるユーザーがWinRARを使用しています。WinRARを使用してファイルを圧縮すると、効率的でファイルを圧縮できます。 以下は、WinRARでWindows10のフォルダにパスワードをかける方法です。
1.ファイルやフォルダを右クリックし、【書庫に圧縮】を選択します。

【書庫に圧縮】を選択します

2.書庫形式に【RAR】を選択し、【パスワード】ボタンをクリックし、パスワードを設定します。

【RAR】もしくは【ZIP】を選択し、【パスワード】ボタンをクリックし、パスワードを設定します。

3.パスワード入力画面でパスワードを入力し、【OK】ボタンをクリックします。

パスワード入力画面でパスワードを入力します

4.ファイルをダブルクリックすると、パスワードが求められます。パスワードを入力すると、解凍できます。

WinRARファイル暗号化を解除
デメリット:圧縮ソフトウェアでフォルダを暗号化するには、圧縮と解凍が必要です。ファイルサイズが大きい場合、圧縮/解凍に時間がかかります。
暗号化されたファイルを頻繁に変更または処理する必要がある場合は、Renee SecureSiloを使用することをお勧めします。 ソフトウェアは仮想ドライブ技術を使用しているため、暗号化されたファイルをいつでも変更して、いつでも保存できます。

まとめ

  • 簡単な操作:暗号化ソフトRenee SecureSiloおよびRenee File Protectorの使用は非常に簡単です。複雑な設定をせずに、暗号化と復号化の操作を完了するには、パスワードを1回入力するだけで済みます。
  • 効率的な管理:暗号化ソフトRenee SecureSiloおよびRenee File Protectorを使用して、ファイルまたはフォルダをドラッグするだけで、ファイルおよびフォルダーを暗号化およびロックします。プログラムボックスを表示して、簡単に管理できます。ただし、Windows10または圧縮ソフトウェアを使用すると、これらのファイルは集中管理されていないため、長期間使用しないと、保存場所を見つけなかったり、パスワードを忘れたりしてしまうという別の面の危険性が増します。
  • 優れた監視機能:Renee File Protectorは、ディスク、ファイル、フォルダーが開かれたり、読み取られたり、変更されたりするたびに、優れた読み取りおよび書き込み監視機能を備えています。
  • 幅広いデバイスを保護:暗号化ソフトRenee SecureSiloおよびRenee File Protectorを使用すると、ローカルファイルだけでなく、USBメモリやその他のモバイルデバイスも暗号化、ロック、非表示、およびその他の操作を実行できます。 Windows 10標準搭載の暗号化機能と圧縮ソフトウェアは、ローカルファイル/フォルダーのみを暗号化できます。

要約すると、Windows 10の組み込み機能と圧縮ソフトウェアWinRARを使用してフォルダを暗号化するには、一定の制限があります。便利性と安全性から見ると、Windows 10フォルダを暗号化するために暗号化ソフトRenee SecureSiloおよびRenee File Protectorを使用することをお勧めします。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...