author avatar
  サポートマネージャー  

概要

SATA HDDとは何ですか?この記事は、SATAの特徴、メリット、デメリット、PATA HDDとの区別などについて紹介し、SATA HDDが認識しない時の対策とデータ復元方法を紹介します。



一、SATA HDDとは?

hdd 認識しない sata
SATAは、Serial Advanced Technology Attachmentの略語です。これ以前は、PATAとParallelATAが広く使用されていました。 SATAは、より高速な転送速度、より強力なエラー訂正機能を提供し、ハードディスクをより安定させることができるため、PATAを置き換えました。

SATAは、SATA1.0、SATA2.0、SATA3.0などの世代を経てきました。また、SATAに基づいて、SATA-E、mSATAなどの関連するインターフェイスが開発されています。SASインターフェイスとSATAと互換性があります。

伝送速度

伝送速度に関しては、通常2つの式があります。1つはGbpsで表され、もう1つはMB/sで表され、通常Gbpsは帯域幅を表します。 SATA1.0インターフェースの転送速度は150MB/s、SATA2.0インターフェースは300MB/s、SATA3.0は600MB/sであるため、SATA3.0インターフェースはSATA 6Gbpsと表記される場合があります。

より速い伝送速度を追求したい場合は、PCI-EインターフェースまたはM.2インターフェースを備えたHDDを選択できます。M.2インターフェースは、小型と高速の利点を組み合わせました。

メリット:

  • SATAインターフェイスの最大の利点は、成熟した開発、高い互換性、およびさまざまなハードウェアやデバイスとの互換性です。
  • SATAインターフェイスHDDの価格は安価であり、他のPCI-EインターフェイスHDDよりも安くなります。
  • SATA HDDは、データの保存、バックアップファイルの保存に適しています。より大きなストレージスペースを低価格で取得できます。
  • SATAインターフェイスを備えたマザーボードには複数のSATAインターフェイスがあるため、複数のHDDを同時に使用できます。

缺点:

  • SATAインターフェイスの伝送速度は、他のHDDよりも低速です。 たとえば、M.2 NvMe SSDの速度は約16 GB/sですが、SATA SSDのデータ速度は600 MB/sに制限されています。 2つのインターフェイスHDDの比較情報をもっと見るには、ここをクリックしてください。
  • SATA HDDは、大量のデータの処理すには適していません。
SATA vs PATA

PATAはParallel Advanced Technology Attachmentの略で、HDDなどを接続するために使用されるインターフェイスです。1986年にWD Western DigitalとCompaqによって最初に導入され、後にSATAに置き換えられました。

SATAPATA
技術シリアルアドバンストテクノロジーアタッチメントパラレルアドバンストテクノロジーアタッチメント
速度速い、最大600 MB/s遅い、最大133 MB/s
コスト低い非常に高い
サイズ小さい、長さはわずか18インチ大きい、ケーブルは39.6インチ
ホットスワップサポート。システムが動作している場合、システムは追加および削除されたハードウェアデバイスを簡単に識別できます。サポートしない。
人気SATAはPATAに完全に移行し、現在広く使用されています。PATAインターフェースを備えたHDDは過去のものになりました。
外部インターフェースをサポートいいえはい

二、SATA HDDデータを復元する方法

Renee Undeleterはプロなデータ復元ソフトです。間違ってデータを削除した、ゴミ箱を空にした、HDDをフォーマットした場合、このデータ復元ソフトも役立ちます。HDD、SDカード、USBメモリなど様々なデバイスを復元できます。3つの復元モードがあり、失ったデータを素早く復元できます。
おすすめ - ADsRenee Undeleter - データ復元の専門家 データ復元ソフトRenee Undeleter

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モードでデバイスをスキャンし、データをお見つけ出すだけで、データへの修正等の操作は一切ありません。

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、地図、ワード、ドキュメント、PDF、メール、写真等よく利用されるファイルを復元可能。

プレビュー機能付き スキャン中もプレビュー可能、目標データが出たら、スキャンを中止でき、高速に復元可能。

多OS支持Windows 10,8.1,8,7,Vista,XP,2000及びMac OS X10.6,10.7,10.8

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モード復元、データへの修正等の操作...

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、メール、写真等復...

無料体験無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!
データ復元する手順:
① ソフトを起動し、スキャンモード「ディスクの完全スキャン」を選択します。

注意:データ上書きを防ぐため、復元したいHDDにソフトをインストールしないでください。

Undeleterスキャンモードを選択

復元モードの紹介:

  • クイックパーティションスキャン – ファイルタイプを指定することで素早く削除したデータを復元します。
  • パーティションの完全スキャン – パーティションを丸ごとスキャンし、削除したファイルを復元します。
  • ディスクの完全スキャン – ディスクをまんべんなくスキャンし、すべてのファイルを救出します。
  • ミラーリング作成 – データの損失を防止するためにディスクをバックアップします。

② スキャン対象を選択し、「次へ」をクリックします。

スキャン対象を選択

③ スキャンが完了したら、欲しいファイルを見つけ出し、チェックを入れて、「復元」ボタンをクリックします。

ファイルをプレビューして復元する

データ損失問題のほか、HDDの使用中にPCに新しく取り付けられたSATA HDDを認識しない場合や、外付けSATA HDDが正常に認識しない場合があります。次にこれら2つの状況の対策を紹介します。

三、新規インストールしたSATA HDDを認識しない時の対策

Windowsが新しくインストールしたSATA HDDを認識しない原因:
  • 接続問題:HDDがPCに正しく接続されていない、電源またはケーブル機器が故障する可能性があります。
  • HDDが初期化されていない:新しいハードディスクが初期化されていない場合、HDDは正常に認識されません。
  • HDDがパーティション化されていない:ディスク領域が割り当てられていないため、パーティション化されていないハードディスクはWindowsエクスプローラーに表示されません。
  • ドライブ文字なし:HDDパーティションにドライブ文字がない場合、Windowsエクスプローラーで表示されません。
  • ドライバーが更新されていない:新しいHDDのドライバーが更新されていない場合、PCはデバイスを検出および認識できません。
上の問題を解決するには、次の方法を試してください。

方法1、SATA HDDの接続がを確認する

新しいHDDがWindows10で認識されない場合は、HDDのケーブルと電源ケーブルが正しく接続されたかを確認してください。ケーブルと電源ケーブルを抜いて、シャットダウン状態で再接続してみてください。さらに、ケーブルをマザーボードの別のSATAインターフェイスに接続するか、ケーブルを交換して、問題を解決できるかを確認してください。問題が解決しない場合は、次の方法を試してください。

方法2、HDDをフォーマットする

HDDがパーティションを作成していない場合、デバイスが認識されない可能性があるため、初期化してからパーティションを作成してください。

① スタートボタンを右クリックし、「ディスク管理」をクリックします。

ディスクの管理

②「コンピュータの管理」を開いた後、「ディスクの管理」をクリックします。新しいSSDが「初期化されていません」と表示されます。ディスクを右クリックし、「ディスクの初期化」を選択します。

ディスクの初期化

③ パーティションスタイルMBRまたはGPTを選択し、[OK]をクリックします。
適切なパーティションテーブルを選択するには、MBRとGPTの違いを参照してください。

MBRまたはGPTを選択する

④ ディスクの初期化後、ディスクの状態は「オンライン」になります。未割り当て領域を右クリックし、「新しいボリューム」を選択します。

新しいシンプルボリューム

⑤ 新しいシンプルボリュームウィザードで、ボリュームのサイズを指定し、「次へ」をクリックします。

ボリュームのサイズを指定

⑥ パーティションのドライブ文字を選択し、「次へ」をクリックします。

ドライブ文字設定

⑦ ファイルシステムをNTFSとして選択し、「アロケーションユニットサイズ」でデ既定値を選択し、「ボリュームラベル」でボリュームを設定します。次に、「クイックフォーマットを実行する」を選択し、「次へ」をクリックします。

ファイルシステム指定

方法3、ドライバーの更新を確認する

ドライバーが更新されない場合、Windows10がSATA HDDを認識しない可能性があります。PCがSATA HDDを認識しない場合は、HDDのドライバーを最新バージョンにアップグレードしてみてください。

① キーボードの「Windows 」+「 R」キーを同時に押して、「実行」コマンドを開きます。 コマンド実行ウィンドウで「devmgmt.msc」と入力し、「OK」をクリックして「デバイスマネージャ」ウィンドウを開きます。

devmgmt.mscを入力

②「ディスクドライブ」で外付けHDDを右クリックして、「ドライバーの更新」を選択します。

ドライバーの更新

③「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」を選択して、後は指示に従って操作します。完了後パソコンを再起動します。

ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索します

四、外付けのSATA HDDを認識しない時の対策

外付けSATA HDDをPCに挿入した後、SATA HDDが認識しないことがあります。次ぐの一般的な理由があります。
  • ドライバーの更新していない場合は、上の方法に従って手動でドライバーを更新する必要があります。
  • PCのUSBポート/HDDケーブルに障害があります。
  • 外付けHDDが破損しています。
  • HDDが誤ったファイルシステムを使用した、またはファイルシステムエラーが発生した。
  • HDDにパーティションの問題があります。
  • HDDの抜き差しが安全に行われなかったり、突然電源が切れたりすると、HDDが正常に表示されない場合があります。
外付けHDDの接続に問題はないが、PCで認識しない場合は、次の方法で解決できます。

方法1、ディスク管理でドライブ文字とパスの変更

操作手順:
① スタートボタンを右クリックし、「ディスク管理」をクリックします。

ディスクの管理

② HDDを右クリックし、「ドライブ文字とパスの変更」をクリックします。

ドライブ文字とパスの変更

③「追加」ボタンをクリックします。

ドライブ文字追加

④「次のドライブ文字を割り当てる」を選択し、「OK」をクリックします。

次のドライブ文字を割り当てる

方法2、Windowsエラーチェックを行う

操作手順:
① HDDをPCに接続します。

② HDDを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。「ツール」タブをクリックし、「チェック」をクリックします。 管理者パスワードの入力を求められたら、指示に従って入力および確認します。

「ツール」タブを選択し、「チェックする」ボタンをクリックします。

③「スキャンおよび修復」を選択します。Windows 7 またはWindows 8の場合、
[ファイルシステムエラーを自動的に修復する]および[不良セクターをスキャンし、回復する]にチェックを入れて、「開始」をクリックします。

スキャンおよび修復

ファイルシステムエラーを自動的に修復する

方法3、コマンドでHDDを修復する

SATA HDDのファイルシステムが破損しているか、不良セクタがある場合は、CMDコマンドを使用して修復できます。
操作手順:
① 外付けHDDをPCに接続し、デバイスが「ディスクの管理」にあることを確認します。

② 検索ボックスに「cmd」と入力し、「コマンドプロンプト」-「管理者として実行」をクリックします。

[コマンドプ ロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]を選択します

③ コマンドプロンプトウィンドウで、コマンド[chkdsk F: /f /r /x](F:はドライブ文字を指します。/rは不良セクタをスキャンして回復します。/fはエラーを修復します。/xはスキャンを開始する前に、ドライブを強制的にアンマウントします。)を入力し、[Enter]キーを押して修復します。修復が完了したら、HDDが正常に動作できるかを確認します。

chkdsk F: /f /r /x コマンド

上の方法を通じて、SATA HDDが認識しない問題をすばやく修正するのに役立つはずです。ただし、問題を修正する前に、重要なファイルをバックアップしてください。修復中にデータが失われた場合は、データ復元ソフトRenee Undeleterを使用して復元してください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...