author avatar
  サポートマネージャー  

概要

現在、PDFファイルはますます広く使用されているため、PDFファイルのセキュリティ保護は特に重要です。この記事は、最も人気のある5つのPDF暗号化ソフトウェアを紹介し、PCFにパスワードをかける方法を紹介します。



PDFにパスワードをかける
PDFファイルにパスワードをかける理由

著作権を保護する

文書内の情報を不正使用から保護することは、PDFファイルにパスワードをかけることを選択する理由の1つです。権限のないユーザーがドキュメントをコピーまたは印刷できないようにするために、通常パスワードが必要です。

コンテンツの整合性を保護する

PDFにパスワードをかけるを設定すると、ドキュメントの整合性を保護できます。 PDFにエクスポートする前に、ドキュメントにコメントを付けるか、ドキュメントの特定のバージョンを設定した場合、PDFをロックすると、誰も変更できなくなります。

アクセスを制限する

PDFファイルをパスワードで暗号化すると、権限のない人がドキュメントを開いたり読んだりするのを防ぐこともできます。 ドキュメントに機密情報が含まれている場合は、パスワードで保護されたPDFが機密性の保護に役立ちます。さらに別の用途としては、PDFを販売している場合、暗号化ソフトウェアを使用すると、PDFをロックして他の人に送信しないようにすることができます。情報の読み取りが許可されていても、受信者にも許可がない限り、ファイルを他のユーザーに送信することはできません。
人気のPDF暗号化ソフト

1.Renee File Protector(転送ファイルの暗号化)

Renee File Protectorは、ファイルとフォルダの暗号化のためのソフトウェアです。 このソフトウェアは、PDFファイル、フォルダー、ディスクを暗号化、ロック、非表示して、他のユーザーが許可なしにファイルを読み取ったり変更したりするのを防ぎます。
Renee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフトRenee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージのデータを隠したり、ロックしたりすることができます。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

圧縮暗号化機能付き すべてのデータを圧縮暗号化でき、データ転送の安全性を確保。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 65206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードし、インストールします。初期設定します。インストール後、パスワードとメールアドレスの入力が必要です。

初期設定

2.ソフトを起動します。「一般」→「暗号化」をクリックします。

「一般」→「暗号化」をクリックします

3.「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックし、暗号化したいファイル/フォルダを選択します。

「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックします

3.「gflに暗号化」または「exeに暗号化」をクリックします。

「gflに暗号化」または「exeに暗号化」をクリックします


gflとexeの違い

  • gfl形式:gflは、ソフトRenee File Protectorをインストールしなければ、ファイルを復号できません。従って、これはソフトのあるPC間でのデータ転送のみに適します。
  • exe形式:exeは、ソフトがインストールされていないPCでも復号化できるため、汎用性が高いです。パスワードがある限り、安全にファイルを転送・復号でき、多くの場合にも適します。普通はexeに暗号化をするのはオススメです。

5.ファイルの保存場所や復号に必要なパスワードを設定します。そして、「OK」をクリックし、完了するまで待ちます。

パスワードを設定し、暗号化ファイル名、保存場所を指定できます。

6.暗号化されたファイルをダブルクリックします。解凍先を設定してから、「OK」をクリックします。

ファイルの解凍先

7.パスワードを入力します。そして、「OK」をクリックし、完了するまで待ちます。

パスワードを入力します

2.Renee SecureSilo(大量ファイルの暗号化)

Renee SecureSiloは、コンピューターのファイルとフォルダの暗号化ソフトウェアです。 暗号化されたドキュメント、USB保護、隠しドキュメントなどの複数の暗号化機能があります。
Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ドライブをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

3.Mgosoft PDF Security

Mgosoft PDF SecurityはシンプルなPDF暗号化アプリケーションで、PDF暗号化機能を使用して、PDFファイルのパスワードを設定し、PDFファイルが開かれたり読み取られたりするのを防ぎます。このツールを使用して所有者パスワードを設定し、PDFファイルの印刷、編集、コピー、変更を禁止することもできます。 ただし、ソフトウェアをクラックしてダウンロードする必要があり、ダウンロードプロセスは面倒です。

Mgosoft PDF Securityソフト

4.PDFelement

PDFelementは、PDFを簡単に編集、注釈、整理、変換できるプロフェッショナルPDF編集ソフトウェアです。 PDF文書を編集するための不正アクセスを防ぐためにパスワードを設定できます。

PDFelementソフト

5.PDF Converter Pro

PDF Converter Proは、用途の広いPDFコンバーターの1つであり、ユーザーがPDFドキュメントにアクセスパスワードを追加できます。

PDF Converter Proソフト

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...