author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

USBメモリにデータを保存するときに、会社の機密情報や個人のプライバシーデータが含まれる場合は、そのセキュリティ問題を考慮する必要があります。USBメモリにパスワードをかけると、デバイスを紛失してもデータ漏洩の心配がありません。この記事は、USBメモリにパスワードをかける方法を紹介します。



一、USBメモリ暗号化方法の分類
USBメモリは、小さくて持ち歩くのが便利のため、広く使用されています。 USB暗号化には3つのタイプがあります。

  1. 疑似暗号化:実際の暗号化じゃなく、USBメモリ上のデータはパスワードクラッキングツールを介して読み取ることができ、セキュリティは不十分です。
  2. ハードウェア暗号化:暗号化と復号化の機能は物理的な方法によって実現され、リアルタイム暗号化はハードウェア暗号化技術によって実現され、セキュリティは最高です。
  3. ソフト暗号化:一般にAESアルゴリズム、高速暗号化と復号化、便利で使いやすく、高い機密性を使用して、USBメモリのコンテンツを暗号化する組み込みまたは付属のソフトウェアを指します。

以下では、ソフト暗号化の操作方法の一部と、ソフト暗号化で一般的に使用されているソフトウェアについて説明します。

USBパスワード

現在、多くの暗号化ソフトウェアは、USBメモリを暗号化するだけでなく、ローカルコンピュータのディスクおよびファイルの暗号化もサポートしています。 システムが更新されるにつれて、機能はますます多くなっています。 シンプルで高いセキュリティを備えた便利で実用的な暗号化ソフトウェアを紹介します。

二、Renee SecureSiloでUSBメモリにパスワードをかける
Renee SecureSiloは、ドキュメントの暗号化、非表示、USB保護などの機能を備えた暗号化ソフトウェアです。 このソフトウェアは、仮想ドライブテクノロジーを使用し、高度なAES256暗号化アルゴリズムを採用しています。現在、市場で解析可能な一般的なプログラムはなく、データ漏洩のリスクを大幅に低減し、個人ファイルのプライバシーとセキュリティを保護しています。

ソフトウェアはセクターレベルの暗号化を使用しています。ファイルを変更すると、ファイル全体を解凍せずに内容を変更できるため、ファイルの変更を保存したり、ファイルを1秒足らずで追加したりできます。 また、データのインデックスを再作成して圧縮する必要がないため、圧縮や暗号化に比べて処理時間が大幅に短縮されます。

Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ドライブをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

三、Renee File ProtectorでUSBメモリにパスワードをかける
Renee File Protectorは、USBメモリやローカルドキュメント、ディスクの暗号化、非表示、ロックなどの複数の機能のためのプライバシー保護ソフトウェアです。Renee SecureSiloとは異なり、Renee File Protectorは独自の仮想ドライブに基づいており、さまざまな暗号化方法によるUSBとドキュメントの暗号化し、Renee File ProtectorはUSBメモリを直接パスワードかけて暗号化します。
Renee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフトRenee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージのデータを隠したり、ロックしたりすることができます。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

圧縮暗号化機能付き すべてのデータを圧縮暗号化でき、データ転送の安全性を確保。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 65206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
ソフトをダウンロードし、インストールします。初期設定します。インストール後、パスワードとメールアドレスの入力が必要です。

初期設定

1.ファイルにパスワードをかける

1.ソフトを起動します。「一般」→「暗号化」をクリックします。

「一般」→「暗号化」をクリックします

2.「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックし、暗号化したいファイル/フォルダを選択します。

「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックします

3.「gflに暗号化」または「exeに暗号化」をクリックします。

「gflに暗号化」または「exeに暗号化」をクリックします

 

gflとexeの違い

  • gfl形式:gflは、ソフトRenee File Protectorをインストールしなければ、ファイルを復号できません。従って、これはソフトのあるPC間でのデータ転送のみに適します。
  • exe形式:exeは、ソフトがインストールされていないPCでも復号化できるため、汎用性が高いです。パスワードがある限り、安全にファイルを転送・復号でき、多くの場合にも適します。普通はexeに暗号化をするのはオススメです。

4.ファイルの保存場所や復号に必要なパスワードを設定します。そして、「OK」をクリックし、完了するまで待ちます。

パスワードを設定し、暗号化ファイル名、保存場所を指定できます。

5.暗号化されたファイルをダブルクリックします。解凍先を設定してから、「OK」をクリックします。

ファイルの解凍先

6.パスワードを入力します。そして、「OK」をクリックし、完了するまで待ちます。

パスワードを入力します

ドキュメントを暗号化した後、Renee File Protectorのロック機能を使用できます。このようにして、二重の保護が実現され、追加の保護層が追加されてデータとプライバシーの漏洩を防止します。

2.ファイルをロックする

1、ソフトを開き、左側で「ロックを」クリックし、右側でロックしたいファイル/フォルダ/ドライブを選択したら、ロックが完了です。

ロック手順

※ロックしたいファイル/フォルダ/ドライブをメインメニューにドラッグ&ドロップすることでロックしても良いです。或いは、ファイル/フォルダ/ドライブを右クりックメニューからロックすることもできます。

右クリックメニュー

ロック解除する時パスワードが要求される

2、ロックを解除したい場合、ソフトからロックしたファイルやフォルダを選択し、「ロックを解除」ボタンをクリックします。

ロック解除方法

※右クリックメニューからもロック解除できます。

注意:プログラムに5回誤ったパスワードを入力すると、すぐにロックされ、メールが送信されて通知される設定もできるため、他のユーザーによる悪意のあるデータの盗難のリスクが大幅に減少します。

四、bitlockerでUSBメモリにパスワードをかける
BitLockerドライブ暗号化は、Windowsに付属するデータ保護機能であり、オペレーティングシステムと統合して、データの盗難、紛失、盗難の脅威を解決できます。
1、暗号化したいドライブを右クリックし、「BitLockerを有効にする」をクリックします。

BitLockerを有効にする

2、スタートアップ時にドライブのロックを解除する方法を選択します。パスワード入力を選択します。

スタートアップ時の解除方法

3、パスワードを入力します。

パスワード入力

4、回復キーのバックアップ方法を指定します。複数の方法があり、一つ選択します。

回復キーバックアップ方法指定

5、暗号化モードを選択します。

暗号化モード指定

デメリット:BitLockerは、フルディスク暗号化のみをサポートします。サポートしないWindowsシステムもあります。安全性が高く操作が簡単な暗号化ソフトウェアを使用して、プライベートファイルまたはUSBメモリをロックできます。 ファイルの暗号化が必要な場合は、Renee SecureSiloとRenee File Protectorの両方を使用することをお勧めします。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...