author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

日常生活や仕事では、別のPCを遠隔操作する必要があることがよくあります。 しかし、多くの人はPCの遠隔操方法を知りません。この記事は、主に別のコンピュータをリモート制御する方法、別のコンピュータをリモート制御するときの注意事項について紹介します。



PCをリモートコントロールして、遠隔操作する最も直接的なメリットの1つは仕事に反映されます。PCの遠隔操作は、仕事の効率が大幅に向上します。ユーザーがコンピューターの使用方法に問題を抱えている場合、リモートコントロールは、リアルタイムのテクニカルサポートを提供し、ユーザーが使用上の問題を簡単に解決できるようにします。

PC遠隔操作

一、PCを遠隔操作する方法
PC遠隔操作の実現は非常に重要で、私たちの生活と仕事を容易にすることができます。 では、どのように操作すればよいでしょうか。 Windowsコンピューターがリモートコントロールを実現するには、Windowsリモートデスクトップとteamviewerの2つの主な方法があります。 これらの2つの方法を使用すると、PC遠隔操作を簡単に実現できます。

このコンピュータへのリモート接続を許可する

teamviewerでPC遠隔操作

二、TeamViewer遠隔操作によるハッキング事件
2019年10月12日の朝、深センインターネット警察はウェブサイトで緊急通知を発行しました。深センネットワークおよび情報セキュリティ情報センターは、海外のハッカー組織であるAPT41が最近TeamViewerにサイバー攻撃を仕掛け、TeamViewerを獲得したことを発見しました。TeamViewerのバックグラウンド管理システムにより、ハッカー組織はTeamViewerがインストールされた任意のコンピューターにアクセスして制御できます。
この攻撃によって引き起こされる主な害は次のとおりです。TeamViewerがインストールされているすべてのコンピューター、機密ファイルが暗号化またはロックされていない場合、TeamViewerを使用してこれらのファイルの情報がハッカーによって盗まれ、重要なファイル情報がもたらされます。
したがって、重要なドキュメントを適切に保存するには、ロックまたは暗号化を使用する必要があります。
三、PCを遠隔操作する時の注意事項及び情報安全を守る方法
PCを遠隔操作する場合、注意する必要がある最も重要なことは、コンピュータの情報セキュリティを保護することです。関連するプログラムに対応する制限がない場合、制御する側はネットワーク経由でアクセスするか、直接開くことができ、情報が漏洩する可能性があります。情報のセキュリティを保護するために、リモートコントロールの前に、コンピューターのアクセス許可を制限するか、重要なファイルの一部を暗号化して保護する必要があります。 これら2つの操作を実装する関連ソフトウェアと、これらのソフトウェアを使用してリモートコントロール中にコンピューター情報のセキュリティを保護する方法を紹介します。

(1)Renee USB BlockでPCを保護

Renee USB Blockは、人気のあるファイルおよび外部デバイス保護ソフトウェアの1つです。このソフトウェアはリモートデスクトップとネットワークアクセスを無効にして、コンピューター情報のセキュリティを保護できます。 具体的な操作方法をご紹介します。
Renee USB Block - 情報漏洩対策ソフトRenee USB Block - 情報漏洩対策ソフト

操作簡単 初心者も手軽に操作可能。

情報漏洩防止 外部デバイスからの不正アクセスやデータコピーを防ぐ。

強力保護 デバイス、ウェブサイト、アプリ、USBポートなどロック可能。

ログ監視 ログでデバイスの動作を監視。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ

操作簡単 初心者も手軽に操作可能。

強力保護 デバイス、ウェブサイト、アプリ、USBポートロック...

ログ監視 ログでデバイスの動作を監視。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.Renee USB Blockをダウンロードしてインストールします。インストール後、パスワードを設定してメールアドレスを入力し、その後、アプリケーションを開くたびにパスワードを入力する必要があります。

起動パスワード設定

2.「コントロールセンター」-「Websiteロック」-「IPアドレス変更を制限」にチェックを入れます。

IPアドレス変更を制限

3.「コントロールセンター」-「プログラムロック」-「レジストリエディタを無効に」・「タスクマネージャを無効に」・「リモートデスクトップ接続を無効に」にチェックを入れます。パソコンをPC遠隔操作から保護できます。

「レジストリエディタを無効に」・「タスクマネージャを無効に」・「リモートデスクトップ接続を無効に」

(2)Renee SecureSiloでファイルを保護

コンピューターのアクセス許可の制限に加えて、重要なファイルを暗号化して保存することもできます。 暗号化されたファイルは、コンピューターがリモートで制御されている場合でも、他のユーザーがファイルを開くことができないため、ファイルを最大限に保護できます。 ファイルを暗号化する場合は、Renee SecureSiloをすすめます。以下に、このソフトウェアとその特徴と操作方法を紹介します。

暗号化ソフトRenee SecureSilo

  • ファイル修正が便利:ソフトウェアは、暗号化用の仮想ドライブを作成する方法を使用します。仮想ドライブを作成し、ファイルを入れ、不要な場合は仮想ドライブを閉じます。操作は非常に便利です。さらに、RAR / ZIP / 7ZIPなどの暗号化された圧縮ファイルとは異なり、長時間待つ必要がなく、変更または追加されたファイルは1秒未満で保存できます。 。
  • 安全性抜群:高度なAES256暗号化テクノロジーの使用による優れたセキュリティ。市場で入手可能な万能の解析プログラムはありません。
Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.フォルダにパスワードをかけるフリーソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ドライブをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...