author avatar
  テストマネージャー  

概要

新しいHDDを購入した後、初期化するとき、MBRやGPTのマスターブートレコードをどう選びますか?違いはなんでしょうか?次に、MBRとGPTの違い、どちらを選ぶべき、新しいハードディスクにWindowsシステムを移行する方法を紹介します。


MBRとGPTとは?

MBRとGPTは、オペレーションシステムをブートするマスターブートレコードの略語です。システムをインストールする前に、マスターブートレコードを設定することが必要です。WindowsのマスターブートレコードMBRとGPTの違いをご存知ですか?HDD初期化するときはMBRとGPTのどちらを選ぶべきか?次に詳しく紹介します。
mbrvsgpt

MBRの紹介

MBRは、Master Boot Recordの略称で、ハードディスクのセクターにおるシステムをブートするインフォメーションです。Windowsを起動するとき、セクターから起動コードを使用します。MBRの起動インフォメーションが壊れるなら、Windowsが正しく起動することができません。MBRマスターブートレコードを使用するハードディスクが起動するとき、まずマザーボードのBIOSを起動し、その後BIOSがMBRをロードし、最後にMBRがWindowsを起動します。でも、MBRが古いものと言えます、最大容量2TBのハードディスクしか支持できなくて、より大きなハードディスクの超える部分の容量が認識できなくなりません。それに、MBRがハードディスクを四つの主パーテイションしか支持できません。

GPTの紹介

GPTはMBRより先進的なマスターブートレコードです。GPTはGUID技術を使用して、MBRと比べてハードディスクの2TB上限を突破し、パーテイションもほぼ無限に設置できます。そのほか、GPTはMBRと違てすべてのブートデータを同じ場所で保存することではないので、安全さがもっと優れます。

まとめ:MBRとGPT、HDD初期化するときどれを選ぶべき?

オペレーションシステムをインストールするとき、MBRとGPTのどれを選んだらいいか分からいない場合、次のアドバイスを参照してみてください。
1.ハードディスクの容量が2TB以上の場合、GPTをお勧めします。
2.マザーボードが新型でUFEIファームウェアをサポートしている場合は、GPTをお勧めします。
3.マザーボードが旧型で古いBIOSシステムを使用する場合、GPTを支持できないことがあるので、MBRの方がいいかもしれません。

マスターブートレコードを設定する方法

新しいHDDにWindowsシステムをインストールするとき、またはHDDを初期化するとき、コマンドプロンプトでGPT / MBRを設定することができます。
1.Windowsインストール画面で、「Shift」+「F10」キーを同時に押してコマンドプロンプトに入ります。
コマンドプロンプトにハイ入り
2.「diskaprt」と入力して「Enter」キーを押して管理プログラムを起動します。
3.「list disk」と入力して「Enter」キーを押してすべてのパーテイションをチェックします。
diskpartを入力し、「Enter」キーを押して、「list disk」と入力して「Enter」キーを押す
4.「select disk x(xはターゲットハードディスクを示します)」と入力して「Enter」キーを押します。
select disk
5.「clean」と入力して「Enter」キーを押します。この操作はパーテイションのすべてのデータを削除することをご注意ください。
6.「convert gpt」や「convert mbr」と入力し、相応のマスターブートレコードを設定します。
convert

システムを移行する方法

新しいハードディスクを購入して初期設定する後、元のハードディスクのシステムをそのまま新しいハードディスクに移行したい場合、専門のシステムバックアップ・移行ソフトのRenee Beccaを使用することをお勧めします。マスターブートレコードはMBRであろとGPTであろと、Renee Beccaができます。システムを起動するときのブートデータを一緒に移行して、システムをそのままコピーすることができます。

Renee Beccaとは?

Renee Beccaはクローンや引越しも対応、多機能なバックアップ・復元ソフトです。パーテイションやハードディスクのクローニングだけではなく、Windowsシステム全体をほかのハードディスクに移行することもできます。さらに、Renee Beccaはハードディスク、パーテイション、ファイルなど、さまざまなデータのバックアップと復元の操作をサポートするバックアップソフトウェアです。

Renee Beccaでシステムを移行するメリット:

  • システム、パーテイション、ディスクのデータクローンを支持します
  • SSDにシステムを移行するとき、自動的に4Kアライメントを行います
  • MBR/GPTのブートセクタを支持します
  • FAT/NTFSのファイルシステムを支持します

Windows版無料ダウンロード

操作手順

① Renee Beccaを開いて、左の「クローン」タグを開き、「システム移行」をクリックします。
becca1
②システムが移行元と移行先のSSDディスクを選択し、「システム移行」ボタンをクリックします。
移行先を選択
③移行が完成されたら、BIOS画面でSSDを起動順番の1位にしてください。これで、SSDがもたらすスピードを体験できます。
ブート順序

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...