author avatar
  サポートマネージャー  

概要

コンピュータを使用しているときに問題が発生することがありますが、個人のファイルやデータの損失を防ぐために、事前にシステムやファイルをバックアップしておくことをおすすめします。 この問題を解決するために、この記事ではWindows 7でバックアップと復元方法3つを説明します。なお、バックアップ・復元する前の注意事項も説明します。



一、Windows 7のバックアップの重要性

2020 年 1 月 14 日に、Windows 7 のサポートが終了となるので、いよいよWindows 7のサポート期限が迫ってきた。その時、Windows 7はあらゆる攻撃に対して脆弱であり、バグが発生するとWindows 7システムさえクラッシュしてしまいます。 また、最新のソフトウェアはWindows 7と互換性がない可能性があります。 このような状況に直面して、事前にWindows 7のシステムバックアップすることが重要です。

二、Windows 7のバックアップおよび復元の注意事項

システムイメージを作成する際、システム環境に問題があると、作成したシステムイメージにも問題あります。従って、正常に利用できるシステム環境でシステムバックアップをすることをお勧めします。 システムをバックアップする前に、次の作業を実行することをお勧めします。コンピュータからウイルスをスキャンして削除する(HDDの場合)デフラグするディスクをチェックまたは修復する

システムをバックアップしたいがディスク容量を消費したくない場合は、Windows 7システムイメージファイルを外部ハードディスクに保存することをお勧めします。 また、Windows 7 Home Premiumを使用している場合は、システムのバックアップと復元にサードパーティ製のバックアップと復元ソフトを使用することをお勧めします。このバージョンではバックアップと復元ツールが提供されていないためです。 Windows 7 ProfessionalとWindows 7 Ultimateがバックアップと復元をサポートしています。

Windows 7のバックアップまたは復元方法については、次の3つの方法でシステムのバックアップと復元を行うことができます。

三、Windows 7をバックアップおよび復元する方法

方法1:信頼性の高いツールでWindows7をバックアップ・復元

Windows 7に標準搭載のバックアップと復元は非常に便利な機能ですが、バックアップと復元操作は面倒で時間がかかります。 システムのバックアップと復元を迅速に、効率的に実行するために、サードパーティ製のバックアップと復元ツールを使用することをお勧めします。 迅速かつ簡単な手順でWindows 7をバックアップまたは復元できる専門的で信頼性の高いバックアップと復元のソフトRenee Beccaをすすめます。
Renee Beccaは個人ファイルのバックアップに加えて、システムイメージ、インストール済みプログラム、システム設定などを含むシステムをバックアップすることもできます。

おすすめ - ADsRenee Becca - 安全高速なバックアップ・復元ソフト クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

初心者向け 誰も簡単に操作でき、最大3000MB/分の速度で高速処理可能。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

バックアップ方式 差分/増分バックアップで、時間とスペース節約。

先進技術 VSS技術を利用し、操作しながらバックアップ可能。

動作環境 Windows 10,8.1,8,7,Vista,XP対応。

初心者向け 誰も簡単に操作でき、最大3000MB/分の速度で...

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーン...

差分/増分バックアップで、時間とスペース節約。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!
次はバックアップソフトRenee BeccaでWindowsシステムをバックアップする手順。

ステップ1:「バックアップ」-「システムのバックアップ」をクリックし、バックアップ元とバックアップ先を指定します。

システムをバックアップする

ステップ2:バックアップ元とバックアップ先を指定し、バックアップスキーム、詳細設定をし、バックアップします。

system-backup2
バックアップスキームは5つあります。

  • バージョンチェーンスキーム - 最近の6つのバージョンが保存されます。
  • 単一バージョンスキーム - 最新のバージョンが保存されます。
  • 完全モード - 完全バックアップバージョンのみが作成されます。
  • 増分モード - 前回より増えたものだけバックアップされます。
  • 差分モード - 初回より差の分だけバックアップされます。
バックアップスキーム
バックアップをオンにすると、指定した時間に自動的にバックアップすることができます。自動実行させたくない場合このステップをスキップします。
バックアップスケジュール
システムがクラッシュしてシステムの復元を実行する必要がある場合は、起動メディアを作成してWindows 7システムのバックアップを復元する必要があります。 次に詳しく紹介します。

ステップ1:「タスク」-「ブータブルメディア作成」をクリックします。

起動メディア作成

ステップ2:「選択」ボタンをクリックし、「次へ」ボタンをクリックします。

基本版はブータブルCD/DVDのみ作成できます。プロ版はブータブルCD/DVDもUSBも作成できます。

起動メディア選択
作成方法を選択し、「今すぐ作成」をクリックします

ステップ3:起動メディアを復元(リストア)したいパソコンの挿入し、BIOS画面に入り、起動設備の順番に起動メディアを一番にします。

BIOS画面を呼び出す方法

ブート順序を変更

ステップ4:イメージバックアップからパソコンを復元(リストア)します。

起動メディアから起動したら、次の画面が表示されます。復元元(リカバリー元)と復元先(リカバリー先)を指定し、「リカバリー」ボタンをクリックします。

ビデオを添え付け

方法2:Windows7システムイメージの作成・復元(Windows 7標準搭載の機能)

システムをバックアップしたいがコンピュータのディスクスペースを占有したくない場合は、システムイメージを外付けハードディスクに保存できます。バックアップを作成する前に、外付けハードディスクをコンピュータに接続することを忘れないでください。

① 「スタート」-「コントロールパネル」をクリックします。
【スタート】-【コントロールパネル】
② 「バックアップの作成」をクリックします。
バックアップの作成
③ 左側の「システムイメージの作成」をクリックし、「ハードディスク」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
システムイメージの作成
④ 「システムドライブ」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
システムドライブを選択してバックアップする
⑤ 「バックアップ開始」ボタンをクリックし、バックアップします。完了まで待ちます。
システムイメージバックアップ開始
システムに問題がある場合は、バックアップしたシステムイメージを直接復元できます。 バックアップが外付けハードディスクに保存されている場合は、復元する前に外付けハードディスクをコンピュータに接続します。 次はWindows 7を復元する方法です。
① 「スタート」-「コントロールパネル」をクリックします。
【スタート】-【コントロールパネル】
② 「バックアップの作成」をクリックします。
バックアップの作成
③ 「ファイルの復元」ボタンをクリックし、「フォルダの参照」ボタンをクリックします。
Windows7ファイルのバックアップ
フォルダの参照
④ バックアップファイルを選択し、「フォルダの追加」ボタンをクリックします。
フォルダの追加
⑤ 「元の場所」をクリックし 「復元」ボタンをクリックします。

※違う場所に復元したいなら 「次の場所」をクリックし、復元先のフォルダを選択します。

復元先を指定して復元する

方法3:Windows7ファイルのバックアップ・復元(Windows 7標準搭載の機能)

Windows 7のシステムイメージ作成機能とは異なり、Windows 7のファイルのバックアップと復元機能は主にファイル(パーティションに指定された個人用ライブラリまたはファイルまたはフォルダ)用です。 複数のパーティションのデータを同時にバックアップすることは可能です。 ただし、ファイルのバックアップと復元では起動情報を保存できません。つまり、この機能はシステムクラッシュ後にシステム全体を復元できません。

① コンピューターを開き、システムドライブを右クリックし、「プロパティー」をクリックします。
システムドライブのプロパティー
② 「ツール」タブで、「バックアップする」ボタンをクリックします。
バックアップする
③ バックアップと復元画面で「バックアップの設定」ボタンをクリックします。
バックアップの設定
④ バックアップを保存する場所を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
バックアップを保存する場所
⑤ バックアップの対象を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
バックアップ対象
⑥ バックアップしたいファイルを選択し、「次のドライブのシステムイメージを含める:ローカルディスク(C:)」も選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
バックアップしたいファイルを選択する
⑦ バックアップのスケジュールを設定することも可能です。設定後、「設定を保存してバックアップを実行」ボタンをクリックします。
Windows7バックアップスケジュールの変更
Windows7スケジュールの設定
システムに問題がある場合は、バックアップしたファイルデータとシステムイメージを直接復元できます。Windows 7を復元する方法を参照してください。

まとめ

バックアップ・復元方法ファイルバックアップシステムバックアップバックアップスケジュールWindows 7各バージョンも対応
Renee Becca(バックアップソフト)  √
Windows7システムイメージの作成・復元(Windows 7標準搭載の機能)
Windows7ファイルのバックアップ・復元(Windows 7標準搭載の機能)
この比較からみると、サードパーティ製のバックアップ・復元ソフトRenee Beccaを使用することをお勧めします。 Windows 7の標準搭載のバックアップと復元機能は、設定実行するには面倒で、時間がかかります。 Renee Beccaを利用すると、いくつかの簡単な手順でバックアップおよび復元することができ、貴重な時間を節約し、複数のWindowsバージョンをサポートできます。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...