author avatar
  テストマネージャー  

概要

Windows 10をインストールするとき、公式のメディア作成ツールを使ってWindows 10インストールUSBディスクを作成することができます。この記事は、このメディア作成ツールでWindows10インストール用のUSBメモリを作成する方法、及びUSBからWindows10をPCにインストールする方法、Windows10をバックアップする方法を紹介します。



Window 10メディア作成ツールをダウンロード

Windows 10インストール用USBメモリを作成するために、まずはマイクロソフトの公式サイトから「メディア作成ツール」をダウンロードします。このツールを使って、自動的にWindows 10のインストールファイルをダウンロードすることができます。

ダウンロードアドレス:https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

ウェブサイトを開き、「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしてメディア作成ツール「MediaCreationTool.exe」をダウンロードします。Windows 10インストールUSBを作成する時に、イメージをダウンロードやプログラムを更新などが必要なので、インターネットの接続が必要です。

メディア作成ツールをダウンロード

メディア作成ツールでWindows 10インストール用USBメモリを作成する方法

Windows 10インストール用USBメモリを作成する前に、USBメモリの容量は少なくとも8GBが必要です。作成する間に、すべてのデータが削除されるため、データのない空きUSBメモリを使うことを勧めます。準備が整ったら、USBをコンピュータに接続して、作成を始めます。
1.ライセンス条項を読んで、「同意する」をクリックします。
インストールディスク-1
2.イストール用メディアを作成する場合は、[別のPCのインストールメディアを作成する]を選んで先へ進める。
インストールディスク-2
3.ここではWindows 10の言語やエディション、アーキテクチャを選択する。デフォルトでは[この PC におすすめのオプションを使う]にチェックが入っていて、ツールを実行しているPCに合わせて自動的に「言語」や「エディション」が選択される。多数のPCにインストールする予定があるなら、このチェックを外し、「アーキテクチャ」を[両方]にするとよいが、今のコンピュータが大体64ビットのアーキテクチャを使用しています。
インストールディスク-3
4.Windows 10のイメージの作成先を選んで、USBメモリを作成する場合から、「USBフラッシュドライブ」を選択します。それに、USBメモリの容量は8GB以上が必要です。(最大容量を指し、空き容量ではありません)
インストールディスク-4
5.あらかじめ接続したUSBメモリを選択します。(この過程に、USBメモリのデータがすべて削除されて、ファイルシステムもFAT32に変わるので、必要があれば、事前に中のデータをバックアップしてください。)
インストールディスク-5
6.次には、Windows 10のシステムイメージのダウンロードが始まります。ハードウェアとネットワーク環境によって、一定の時間がかかります。
インストールディスク-6
7.「USBフラッシュドライブの準備ができました」が表示されたら、Windows 10インストールUSBの作成が完了です。
インストールディスク-7

USBからWindows 10をPCにインストールする方法

1.インストールしたいコンピュータにWindows 10インストール用USBメモリを接続します。
コンピュータに接続
2.コンピュータを再起動して、BIOSやUFEIに入り、ブートオプションにUSBを起動順の一番にします。(マザーボードのブランドによって、BIOSやUFEIの起動キーが異なる、よく見られる起動キーはF2、F12、Delete、ESC)

BIOS画面を呼び出す方法

ブート順序を変更
3.Windows インストールページで、言語、時間、入力方式などの項目を設定し、インストール完成まで待ちます。
インストール設定

万が一のため、Windows 10をバックアップする方法

Windows 10をインストールした後、システムがベスト状態と言われます。この状態でシステムをバックアップを実行して、万が一コンピュータシステムに問題があれば、すぐ復元することができます。Window 10のバックアップするには、Renee Beccaをすすめます。

Renee BeccaははHDDクローン、パソコン引越し、システム移行も対応できる無料バックアップソフトです。各Windowsバージョンも対応できます。HDDクローン、バックアップ、システム移行、パソコン引越し、SSD交換などの機能があり、ハードディスクの完全消去機能もついてます。

おすすめ - ADsRenee Becca - 安全高速なバックアップ・復元ソフト クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

初心者向け 誰も簡単に操作でき、最大3000MB/分の速度で高速処理可能。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

バックアップ方式 差分/増分バックアップで、時間とスペース節約。

先進技術 VSS技術を利用し、操作しながらバックアップ可能。

動作環境 Windows 10,8.1,8,7,Vista,XP対応。

初心者向け 誰も簡単に操作でき、最大3000MB/分の速度で...

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーン...

差分/増分バックアップで、時間とスペース節約。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!

Renee Beccaでバックアップ・復元する方法

1.Renee Beccaをダウンロードして、インストールします。

Windows版無料ダウンロード

2.「バックアップ」-「システムのバックアップ」をクリックします。

システムのバックアップ

3.バックアップ先を指定し、バックアップ方法を選びます。

バックアップ元とバックアップ先の指定
バックアップスキームの指定

バックアップ方法は下記5種類あります。

  • バージョンチェーンスキーム:最近の6つのバージョンが保持されます。最初は完全バックアップバージョンが作成され、それ以降、5つの差分バックアップバージョンが作成されます。続いて、完全バックアップバージョンと、5つの差分バックアップバージョンが作成され、これが繰り返されます。新しいバックアップバージョンを作成後自動的に最も古い差分バックアップバージョンが削除されます。手動削除しなくても、いつも最新バージョンを保存する上、ハードディスクの使用容量も最小化にします。

    バージョンチェーンスキーム

  • 単一バージョンスキーム:一番最近のバージョンだけを保存、バックアップ完了後、前のバージョンを自動削除します。
  • 完全モード:全体のデータをバックアップします。
  • 増分モード:最初のバックアップの上、新しく変更のある部分だけバックアップします。

    増分バックアップ

  • 差分モード:初回バックアップと比較し、差異のある部分だけをバックアップします。

    差分バックアップ

 

バックアップ設定の中に、豊かな機能が搭載されます。例えば、定期自動バックアップするの「スケジュール」

スケジュールの指定

4.設定してから、「今すぐバックアップ」をクリックしてバックアップを始めます。バックアップした後、「タスク」で作成したバックアップファイルを探し出し、「リカバリー」ボタンをクリックすると復元できます。

バックアップ完了

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...