author avatar
  サポートマネージャー  

概要

AppleデバイスのiOSシステムを更新すると、古いバージョンのいくつかの障害とセキュリティの脆弱性を修正できますが、デバイスに他の新しい問題をもたらす場合もあります。更新後にiOSシステムをダウングレードしたい場合はどうしますか? この記事は、主にiPhoneやiPadなどのiOSデバイスをダウングレードする方法を紹介します。



一、iOSダウングレードについて
Appleは、より良い新機能とパフォーマンスとセキュリティの強化をユーザーに提供するために、iOSバージョンを定期的にアップグレードします。 したがって、多くのユーザーにとって、iOSシステムの最新バージョンのアップデートは賢明な選択です。ただし、一部の古いiOSデバイスでは、逆の効果が得られる場合があります。 この場合、iOSをダウングレードする選択があります。
TipsiOSダウングレードとは?

iOSのダウングレードとは、iOSの以前のバージョンをiPhone / iPad / iPod Touchデバイスにインストールすることです。

今、iOSシステムはiOS 13.2.2に更新されました。 Appleは、新しいバージョンに更新した後、一定期間後に古いバージョンの署名を閉じます。 署名されたIPSWファイルはiTunesで復元できますが、署名されていないIPSWファイルはiTunesで復元できません。 iOSデバイスのシステムを未署名のiOS 11またはiOS 12にダウングレードする場合は、サードパーティのツールを使用してのみ実行できます。操作方法はより複雑です。

iOSダウングレード

注意事項:
  • iTunesを最新バージョンに更新する必要があります。
  • ダウングレードすると、iPhone / iPadデバイスのすべてのデータと設定が消去されます。 そのため、ダウングレードする前にiPhone / iPadデータをバックアップする必要があります。
  • IPSWファイルの署名ステータスを確認します。
おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!
iOSのダウングレードとその注意事項をある程度理解したら、ダウングレードの前に準備を開始できます。
二、iPhone/iPadダウングレードの下準備
ダウングレードを開始する前に、デバイスのデータをバックアップし、「iPhone / iPadを探す」機能をオフにして、事前にIPSWファームウェアをダウンロードする必要があります。

1、iOSデバイスをバックアップする

备份iOS设备资料,可使用iTunes或iCloud进行备份,但推荐您使用iTunes备份。
操作手順:
① iTunesを最新バージョンにアップデートして開き、iPhone / iPadデバイスをコンピューターに接続します。

②iTunesの「概要/一般」オプションをクリックし、「バックアップ」タブの下にある「今すぐバックアップ」ボタンを見つけてクリックし、バックアップが完了するまで待ちます。 個人情報を暗号化する必要がある場合は、「ローカルのバックアップを暗号化」を選択できます。

バックアップを暗号化しバックアップする

2、iPhone / iPadを探すを無効にする

iPhone / iPadをダウングレードする前に、「iPhone / iPadを探す」機能を無効にする必要があります。
操作手順:
デバイスを開いて「設定」をタップし、自分の名前をタップし、「iCloud」-「iPhoneを探す」をオフにします。

iPhoneを探す

3、IPSWファームウェアのダウンロード

iTunesを使用してiOSデバイスをダウングレードする場合は、最初にIPSWファームウェアをダウンロードする必要があります。Renee iPassFixを使用している場合、ファームウェアを手動でダウンロードする必要はありません。

IPSWはiOSファームウェアをiTunesにインストールするために使用されるファイル形式であり、IPSWファームウェアを使用してコンピューターのiTunesでデバイスを更新できます。 iOSをダウングレードする前に、使用するデバイスがファームウェアファイルを正しく取得できるように、更新するIPSWファームウェアが署名されているかどうかを確認する必要があります。 iOS署名ステータスクエリとIPSWファームウェアダウンロードは次のページからです。

IPSWの署名を確認する

上の準備が完了したら、iOSデバイスのシステムダウングレード操作を開始できます。
三、安全にiPhone/iPadのiOSをダウングレード(署名したiOS)

1、ワンクリックでiOS iPhone/iPadのiOSをダウングレード

Renee iPassFixは、iOSのアップグレード/ダウングレード、デバイスのリセット、システム障害の修復などの機能があり、簡単に使用できる、プロフェッショナルで多用途のiOSデバイス修復ソフトウェアです。 他のアップグレード/ダウングレード方法と比較して、ソフトウェアはデバイスモデルを自動的に識別し、デバイスを自動的にダウングレードするのに役立つダウングレード可能なiOSバージョンを提供するため、操作が簡単になります。Renee iPassFixは、iOSデバイスとiOSシステムのすべてのモデルをサポートします。

このソフトウェアには、他のダウングレード方法では利用できない利点があります。

  • ソフトウェアのダウングレードは安全でリスクがありません。 iTunesでダウングレードした後、iPhone / iPadがリカバリモードまたは起動ページでフリーズすることはありません。
  • ダウングレード操作は3つのステップだけで完了。 ダウングレードされたIPSWファイルをダウンロードする必要はありません。ワンクリックで正常にダウングレードできます。
  • iOSベータバージョンをインストールした後、iPhone / iPadがリカバリモード/ DFUモード/ Appleロゴ/画面にフリーズなどで問題が発生した場合、ダウングレード後にRenee iPassFixはこれらの問題を解決します。
おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!
ダウングレードする操作手順:
① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「バージョン」から、ダウングレードできるiOSバージョンを選択できます。 次に、「修正」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを終了できます。

修復完了

2、iTunesでiPhone/iPadをダウングレード

iTunesは、iOSシステムを更新およびダウングレードするために使用できる、汎用性の高いiOSデバイスデータ管理ツールです。 ダウングレードの手順はシステムの更新よりも複雑になります。ダウングレードする前に、まずiPhone / iPadをDFUモードにする必要があります。iTunesを使用してダウングレードしたiOSバージョンは署名付きバージョンである必要がありますAppleが署名を停止した場合、iTunesを使用してダウングレードすることはできません。 iTunesのダウングレードでは、データを空にするか、データを元に戻すかを選択できますが、データを元のままにすることはお勧めしません。工場出荷時の状態にリセットしてからダウングレードすることをお勧めします。
操作手順:
① USBケーブルでiPhone/iPadをPCに接続して、iTunesを起動します。

② Windowsでは「Shift」キー、Macでは「option」キーを押しながら「更新プログラムの確認 」または「iPhoneを復元」をクリックします。

iPhoneの復元

③ ダウンロードしたIPSWファイルを選択し、「開く」をクリックします。「復元」ボタンをクリックし、ダウングレードする作業が始まります。

ipswファイルを選択

復元ボタン

④ ダウングレードが終わったら、iPhoneが自動的に再起動されて、iTunesにアクティベート画面が表示されます。Apple IDとパスワードでサインインしてください。

ダウングレードが終わった

以上は、iOSデバイスを署名付きiOSバージョンにダウングレードする方法の紹介ですが、iOSバージョンを署名なしバージョンにダウングレードする必要がある場合はどうなりますか? 次に詳細な操作を紹介します。
四、署名なしiOSバージョンにダウングレード
AppleがiOS 12/11バージョンの署名をオフにしたので、以前にSHSH Blogを保存していない場合、古いバージョンのiOSにダウングレードすることはできません。 iOSデバイスを署名なしバージョンにダウングレードするには、保存済みのSHSHブログとサードパーティのダウングレードツールを使用してのみこれを実行できます。 たとえば、iFaithやTaigOne Downgraderなどのツールを使用できます。 これらのサードパーティ製ツールはAppleの署名を模倣することができ、iOSデバイスにiOSの未署名バージョンをインストールできます。

iOSを署名なしバージョンにダウングレードするプロセス全体は非常に技術的であり、不適切な操作は悪影響を引き起こすことに注意してください。 同時に、Appleはこれらのサードパーティツールをサポートしていないため、最初にiPhone / iPadデバイスを脱獄する必要があります。 通常、unc0verツールを使用して、iPhone、iPod Touch、iPad、またはApple TVを脱獄できます。(「unc0ver」ツールは、Googleまたは他の検索エンジンから検索およびダウンロードできます。このソフトウェアは、iOS 11〜iOS 12.2および12.4安定した脱獄をサポートします) 、A7-A12デバイスと互換性があり、V3.7b1バージョンに更新されました)。

注意:デバイスを脱獄すると、iPhone / iPadはAppleの保証の対象外となり、セキュリティの脅威に対してより脆弱になります。

TipsSHSHとは何ですか?

SHSH(Signature HaSH blobsの略称)は、デバイス情報に基づいてApple Verification Serverによって生成される署名証明書の一種です。 各デバイスのIPSW(iOSファームウェア)ファイルをパーソナライズするために使用されます。これらはAppleプロトコルの一部であり、信頼できるソフトウェアがデバイスにインストールされるように設計されています。

署名なしiOSにダウングレードする操作手順:
Step1:ダウングレードを開始する前に、オープンソースのTSS Saverユーティリティを使用してSHSH Blobを保存する必要があります。

① iPhone / iPadデバイスをコンピューターに接続し、iTunesを開きます。

② ECIDとモデル識別子を見つけます。

デバイスのSHSH Blobを保存するには、iPhone / iPadのECIDとモデルID番号を見つける必要があります。

iTunesでiPhoneアイコンをクリックし、「概要」をクリックすると、右側にシリアル番号情報が表示されます。3回連続してクリックすると、「UDID」、「ECID」、および「モデル識別子」が表示されます。 ECIDとモデル識別子を選択してコピーする必要があります。

シリアル番号

UDID情報

③ ECIDを16進数に変換します。

ECIDに数字のみが含まれ、文字と数字の組み合わせが含まれていない場合は、16進数に変換する必要があります。変換された16進値を安全な場所に保存し、バックアップをします。これは、SHSH2抽出ツールの後の重要な操作に関連しています。

TipsSHSH2は、SHSHのアップグレードバージョンと見なすことができ、Aplmg4TicketとBBTicketのみを保存するSHSHと比較して、より多くのジェネレーターを保存できます。

④ TSS SaverにECIDとモデル識別子を入力します。

ECIDとモデル識別子を取得したら、Redditor 1Conanが作成したオープンソースプログラムTSS Saverを使用できます。直接このリンクをクリックしてください:https://tsssaver.1conan.com/

Webページを開いた後、「ECID」ボックスの下で、iTunesで取得したECIDを入力し、「識別子」の下にある2つのドロップダウンメニューからデバイスタイプとモデル識別子を選択します。 最後に、「私はロボットではありません」チェックボックスをチェックし、「Submit」をクリックしてください。

ECID検証

⑤ SHSH Blobを保存します。

サイトはECIDを保存し、SHSH Blobを保存するためのリンクを提供します。リンクをクリックして続行し、[ZIPのダウンロード]ボタンをクリックしてSHSH Blobをダウンロードしてください。

このリンクをブックマークしておくことをお勧めします。将来誤って削除した場合でも、このリンクから再度ダウンロードできます。

SHSH Blob保存

Step2:SHSH Blobを保存したら、iPhone / iPadデバイスをDFUモードにしてからダウングレードします。各モデルがDFUモードに入る方法は次のとおりです。

  • iPhone8 / 8 Plus / X以上
    iTunesを開き、USBケーブルでPCに接続します。iPhoneをシャットダウンします。次に、「電源ボタン」を3秒間押し続けてから、すぐに「音量を下げるボタン」を約10秒間押し続けます。電源ボタンを放し、「音量ダウンボタン」を押し続けると画面が黒くなります。
  • iPhone7/iPhone7 Plus/ iPad 2018
    iTunesを開き、USBケーブルでPCに接続します。iPhoneの電源をオフにしてから、再度オンにします。iPhone7(Plus)の「電源ボタン」と「音量ダウンボタン」を同時に押しますAppleロゴが消えたら、電源ボタンを放し、「音量ダウンボタン」を10秒間押し続けます。
  • iPhone7より前のモデル(iPhone SE、iPadを含む)
    iTunesを開き、USBケーブルでPCに接続します。iPhoneの電源をオフにしてから再びオンにし、画面が消えるまで(iPhoneが再びオフになるまで)電源ボタンとホームボタンを同時に10秒間押します。電源ボタンを放し、ホームボタンを約10秒間押し続けます。

※ここをクリックしてDFUモードに入る方法を参照します。

iPhone / iPadがDFUモードに入った後(画面は完全に黒くなり、何も表示されません)、脱獄し、サードパーティのツールを使用してダウングレードします。

五、iOSダウングレードによくある問題と対処法
特に操作中に多くの問題が発生する可能性のある初心者にとって、iOSデバイスの正常なダウングレードは簡単な作業ではありません。 最も一般的な3つの問題を以下に示し、解決策を提案します。

1、iOSダウングレード失敗

「iOSをダウングレードするのを複数回試みましたがすべて失敗しました」、多くのユーザーがデバイスをダウングレードするときに遭遇する最も一般的な問題の1つです。 この問題は、サポートされていないiOSバージョンへのデバイスのダウングレード、インターネット接続障害、iOSデバイスのストレージスペース不足など、さまざまな理由で発生する可能性があります。
対処方法:
  • iOSバージョンの確認:サポートされなくなったiOSバージョンにデバイスをダウングレードすると、ダウングレードは直接失敗します。 そのため、ダウングレードする前に、システムバージョンがipswページのデバイスで機能するかどうかを確認してください。
  • iOSデバイスのストレージスペースを確認します。iPhone/ iPadで、[設定]> [一般]> [iPhone / iPadストレージ]をクリックして、使用可能な容量を確認します。 容量が不十分な場合は、不要なデータを消去してください。
  • 安定したインターネット接続の確認または交換。iOS更新のダウンロード中にネットワーク接続が原因で中断された場合、問題が発生します。 そのため、コンピューターのネットワーク接続が正常かどうかを確認し、不安定な場合は、別の安定したネットワークに切り替えることをお勧めします。

2、リカバリモード/ DFUモード/ Appleロゴにフリーズする

ダウングレードすると、iOSデバイスがリカバリモード、Appleロゴ、またはDFUモードでフリーズし、起動に失敗する場合があります。 この問題は、不安定なiOSベータバージョンからのダウングレード、ファームウェアアップデートダウンロードプロセスの中断など、他のファームウェア関連の問題が原因で発生する可能性があります。
対処方法:
  • デバイスの強制再起動:多くの場合、簡単な強制再起動手順でこの問題をすばやく解決できます。 iPad / iPhone 6s以前の場合、電話が再起動するまで電源ボタンとホームボタンを同時に押してください。iPhone7またはiPhone 7 Plusユーザーは電源ボタンと「音量-」ボタンを再起動するまで同時に押します。iPadPro / iPhone 8以降では、最初に「音量+」ボタンをすばやく押して放し、「音量-」ボタンを押して放してから、押したままにする必要があります。デバイスが再起動するまで電源ボタンを押します。
  • 工場出荷時設定にリセットする:iOSデバイスがフリーズした場合は、iTunesに接続してデバイスを工場出荷時設定にリセットすることでこの問題を解決できます。

3、iTunesでiOS 13.2からダウングレードできない

iOSをダウングレードする場合、多くの場合、iTunesおよびIPSWファイルを介して行われます。 多くの既存ユーザーが、システムをiOS 13.2からダウングレードするときに問題を報告しています。 したがって、この問題は、サポートされていないiTunesバージョンや破損したIPSWファイルなど、iTunesおよびIPSWファイルが原因である可能性が高いです。
対処方法:
  • IPSWファイルを確認します。IPSWファイルが信頼できるWebサイトからダウンロードされていることを確認します。 同時に、ダウングレードされるiOSバージョンはiOSデバイスと互換性があり、まだ署名されています。
  • 「iPhoneを探す」を無効にする:iTunesを使用してiPhoneをダウングレードする前に、iPhoneの設定で「iPhoneを探す」機能をオフにする必要があります。 この機能を見つけるには、「設定」>「Apple ID」>「iCloud」をクリックします。
  • iTunesを更新する:ダウングレードする前に、iTunesが最新バージョンに更新されていることを確認してください。 更新が完了したら、コンピューターを再起動して、iPhoneのダウングレードを再度試みてください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...