author avatar
  テストマネージャー  

概要

iPhoneの電源を入れたときにiPhoneのリンゴマークだけが表示され続け、正常に起動しなかったことはありますか? 主にシステムのバグまたはiPhoneソフトウェアとハードウェアの障害などの理由があります。 この記事は、iPhoneがリンゴループになった際の簡単な直し方・修復方法を紹介します。



目次 CONTENTS

一、iPhoneがリンゴループになった原因

iPhoneの使用中に問題が発生する場合がありますが、より一般的な問題は、無限リンゴループに陥ってしまい、起動できないことです。iPhoneがこの状態になると、iPhoneで何もできなくなります。 この問題は特定のモデルではなく、iPhone6 / iPhone 7およびiPhone / Xでも発生しています。

リンゴループ

iPhoneがリンゴループになる理由はたくさんあります。次のようにまとめました。

  • 誤ったiOSのアップデートと復元。システムのアップデート中またはiOSの復元中に邪魔された場合、iPhoneのアップデートが失敗する可能性があります。これは、iPhoneが正常に起動しない最も一般的な理由です。
  • iPhoneの脱獄。脱獄とは、iOSデバイスのハードウェア制限を解除し、rootユーザーアクセスを実行して、Apple Storeでサポートされていないアプリケーションをダウンロードできるようにするプロセスです。脱獄中にこの問題が発生している場合、破損したファイルシステム、データエラー、またはソフトウェアのインストール中のiPhoneの再起動が原因である可能性が高いです。
  • 期限切れのiOSベータバージョン。お使いのiPhoneでiOSベータシステムの古いバージョンがまだ実行されている場合は、そのバージョンが正常に起動していないか、誤動作している可能性があります。
  • アプリとiOSシステムの間に衝突があります。システムファイルを作成する場合、インストールの順序により、ソフトウェアとシステムの間で競合が発生する場合があります。
  • データ送信中にエラーが発生しました。コンピューターとiPhone間のファイル転送を強制的に中断し、データ転送が不完全になると、iPhoneがスタートアップロゴで停止する可能性があります。
  • ハードウェア障害。ハードウェアの損傷、iPhoneが誤って水に落ちたり、地面に落ちたりした場合、これがiPhoneが起動しない理由です。ハードウェアに問題がある場合は、専門の業者に修理してもらうことを勧めます。
おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!

二、iPhoneリンゴループの直し方・修復方法

この問題の解決策は、原因によって異なる場合があります。 考えられる解決策をいくつか紹介します。状況に最も適したものを選択するか、各方法を1つずつ試してください。

解決策1:iPhoneを強制的に再起動する

iPhoneの再起動は、多くの問題を解決するための最も基本的なトラブルシューティング方法であるため、iPhoneの電源をオンにできない場合は、最初にiPhoneを強制的に再起動することをお勧めします。 デバイスを強制的に再起動しても、デバイスのコンテンツや設定は消去されず、画面が空白やボタンが応答しない場合でも動作できます。 強制再起動の操作は比較的簡単ですが、異なるiPhoneモデルの操作はわずかに異なります。 以下の手順に従ってください。

  • iPhone 8以降:「音量+」ボタンを押してすぐに離し、「音量-」ボタンを押してすぐに離し、Appleロゴが表示されるまで横の「電源」ボタンを押し続けます。
  • iPhone 7、iPhone 7 Plus:Appleロゴが表示されるまで、上部(または側面)の「電源」ボタンと「音量-」ボタンを同時に押し続けます。
  • iPhone 6sまたはそれ以前のホームボタンある機種:Appleロゴが表示されるまで、ホームボタンと上部(または側面)の「電源」ボタンを同時に押し続けます。

強制再起動しても問題が解決しない場合は、以下の他の方法を試してください。

解決策2:PCのセキュリティソフトを一時的に無効にする

iTunesを使用してソフトウェアをアップデートしたり、iOSシステムを復元したり、ファイルを転送したりすると、iPhoneが突然起動画面でフリーズした場合、コンピューターのセキュリティソフトウェアをオフにすることをお勧めします。 一部のセキュリティソフトウェアはプロセスを妨害し、iPhoneとコンピューター間のデータ転送を中断する可能性があるため、この問題が発生した場合はコンピューターのセキュリティソフトウェアを一時的に無効にすることをお勧めします。

解決策3:USBケーブルとUSBポートを確認する

破損したUSBケーブルを使用したり、障害のあるUSBポートを挿入したりすると、データ転送プロセス中に乱れたり、iPhoneソフトウェアが破損したりする場合があります。 別のケーブルを試すか、iPhoneをコンピューターの別のUSBポートに接続することをお勧めします。

解決策4:iPhoneをリカバリモードで復元する

上のいずれの方法でも問題が解決しない場合は、リカバリモードに入った後にiPhoneの修復を試みることができます。 iPhoneのリカバリーモードは、コンピューターのセーフモードに相当し、iPhoneをリカバリーモードにした後、iPhoneが起動しない、フリーズ、クラッシュするなど、多くのシステム障害の問題を解決できます。 以前にデータをバックアップしていない場合、すべてのデータとファイルが失われます。
Tips当次の状況が発生した場合、iOSデバイスを修復するためにリカバリモードを開始できます。

  • iPhoneの電源を入れると、iPhoneのリンゴマークが表示され続け、リンゴループの場合。
  • iPhoneを起動すると黒い画面になり、強制再起動は使用できません。
  • iPhoneは繰り返し再起動します。
  • iTunesはiPhoneを認識できません。
  • バックアップの復元に失敗したか、フリーズした場合。
  • バグを含む最新のiOSバージョンに更新されました。
  • iPhoneをベータ版からアップデートするとフリースしうまくできません。

iPhoneリカバリモードに入る方法:

① 開始する前に、iTunesを最新バージョンに更新する必要があります。

② USBケーブルを使用してiPhoneをコンピューターに接続します。 次に、macOS Mojave 10.14以前を搭載したMacまたはWindowsコンピューターで、iTunesを開きます。

デバイスが接続された後、次の指示に従って異なるモデルが動作できます。

  • iPhone 8以降:「音量+」ボタンを押してすぐに離し、次に「音量-」ボタンを押してすぐに離します。 最後に、リカバリモード画面が表示されるまで、側面の「電源」ボタンを押し続けます。
  • iPhone 7、iPhone 7 Plus:上部(または側面)の「電源」ボタンと「音量-」ボタンを同時に押し続けます。 リカバリモード画面が表示されるまで、両方のボタンを押し続けます。
  • iPhone 6s以前のホームボタンある機種:ホームボタンと上部(または側面)の電源ボタンを同時に押し続けます。 リカバリモード画面が表示されるまで、両方のボタンを押し続けます。
次の画面が表示されたら、リカバリモードに入りました。

リカバリーモード

③ iPhoneがリカバリモードに入ったら、iTunesで「iPhoneを復元」をクリックし、画面の指示に従ってデバイスを復元します。

アップデート

一般的に、リカバリモードは、iOSシステムの障害が原因で起動できない問題のほとんどを解決するために使用できますが、それでも問題を解決できない場合は、DFUモードに入って修復を試みることができます。

解決策5:DFUモードに入った後にiPhoneを復元する

iOSデバイスの障害修復方法では、iPhoneをDFUモードで修復する方法がよく使用されています。多くの場合、リカバリモードを使用しても解決できない問題は、DFUモードで解決できます。 DFUはDevice Firmware Upgradeの略で、iPhoneファームウェアの強制アップグレードモードを意味します。リカバリモードと比較して、DFUモードの操作優先度が高いです。 iBootの起動を直接スキップするため、iPhoneはオペレーティングシステムの電源を入れてもオペレーティングシステムの設定を変更できますが、オペレーティングシステムは起動しません。
TipsDFUモードに入る前に知っておくべきこと:

  • DFUモードでiPhoneを復元すると、特に修復プロセスが予期せず中断または不完全になった場合に、iPhoneが完全に誤動作するリスクがあります。
  • iPhoneにハードウェア破損の問題がある場合は、修理のためにDFUモードに入らないでください。 コンポーネントが破損していると、復元が完了せず、iPhoneソフトウェアが破損する可能性があります。 したがって、ハードウェアの損傷が原因でDFUモードを利用すると、状況はさらに悪化します。
  • DFUモード修復を使用すると、iPhoneのすべてのデータと設定が消去されます。 事前にバックアップしないと、iPhoneデータが永久に失われます。

DFUモードでiPhoneを修復する手順

1、最初に、iPhoneをDFUモードにする必要があります。

iPhoneモデルによって、DFUモードに入る方法が違います。

iPhone 6s及以下版本,iPhone SE设备:

iPhone 6s以下、iPhone SE:

  1. USBケーブルでデバイスをパソコンに接続し、iPhone / iPadの電源を切ります。
  2. デバイスの電源をオフにした後、デバイスの「電源」ボタンを3秒間押し続け、デバイスの「ホーム」ボタンを同時に押します。2つのキーを10秒間押し続けます。 (画面にAppleロゴが表示されたり、iTunesロゴが表示されたりする場合、それらは長すぎて最初からやり直す必要があります。)
  3. 「電源」ボタンを放しますが、「ホーム」ボタンを約5秒間押し続けます。 画面が黒のままで何も表示されない、iTunesにポップアップウィンドウが表示される場合は、iPadまたはiPhoneがDFUモードになっています。黒い画面とiTunesのメッセージが同時に表示されない場合は、失敗しています。正常に入るまで再度試してみてください。

iPhone 7およびiPhone 7 Plus:

  1. USBケーブルでデバイスをパソコンに接続し、iPhone / iPadの電源を切ります。
  2. 「電源」ボタンを3秒間押してから、「音量を下げる」ボタンを押し、両方のボタンを10秒間押します。
  3. 「電源」ボタンを放しますが、「音量を下げる」ボタンを5秒間押し続けます。 デバイスがDFUモードの場合、画面には何も表示されません。コンピューター上のiTunesからも、iPhoneが接続していると表示されます。 黒い画面とiTunesのメッセージが同時に表示されない場合は、失敗しています。正常に入力するまで再度試してみてください。

iPhone 8以降:

  1. デバイスをコンピューターにUSBケーブルで接続します。
  2. 「音量を上げる」ボタンを押し、次に「音量を下げる」ボタンを押します。
  3. 「電源」ボタンを押したまま、デバイスが黒くなったら「音量を下げる」ボタンを同時に押し、2つのボタンを5秒間押し続けます。
  4. 5秒後、「電源」ボタンを放し、「音量を下げる」ボタンを押し続けます。
  5. 不明なデバイスが検出されたことをiTunesが表示され、デバイス画面が完全に黒くなり、何も表示されなくなるまで、デバイスは正常にDFUモードに入りました。 黒い画面とiTunesのメッセージが同時に表示されない場合は、失敗しています。正常に入力するまで再ど試してみてください。

2、iPhoneがDFUモードに入ると、iTunesがポップアップウィンドウを開き、「復元」をクリックして、iTunesが完了するのを待ちます。

リカバリモードとDFUモードに入るための操作手順は比較的複雑であり、間違いを犯しやすいです。 最も簡単な修復方法が必要な場合は、Renee iPassFixを使用することをお勧めします。

解決策6:Renee iPassFixを使用して起動時の問題を修正する

iPhoneがリンゴループになって起動できない場合は、Renee iPassFixを使用して解決することができます。このソフトウェアは、リカバリーモード、DFUモード、繰り返し起動、エラー4013、黒い画面、白い画面、フリーズした画面などを含む、50種類以上のiOSシステムの問題を修正できます。 これを使用してiPhoneの不具合を修復するのは非常に簡単で、専門的なスキルがなくてもワンクリックで解決できます。多くの修復ツールがありますが、慎重に選択してダウンロードする必要があります。 セキュリティ上の理由から、Renee iPassFixをお勧めします。 このソフトウェアは、すべてのiOSデバイスおよび最新のiOSシステムと互換性があります。
Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
Renee iPassFixでiPhoneを修復する手順:

① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修正」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを終了できます。

修復完了

解決策7:Appleサポートにお問い合わせ

上の解決策で全部問題が解決しない場合、唯一の可能性はハードウェアに問題があることです。 特に、iPhoneを地面に落としたり水に浸したりするなどの不注意なミスは、ハードウェアの損傷を直接引き起こす可能性が高く、iPhoneの損傷したハードウェアの修理の難しさも損傷したプログラムに依存します。AppleサポートまたはApple認定の修理業者で検出および修復してもらってください。お使いのiPhoneが保証期間内にない場合、一定額の修理費用を支払う必要がありますが、その額はハードウェアの損傷の程度によって異なります。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...