author avatar
  サポートマネージャー  

概要

電源ボタンまたはホームボタンを押しても何も起こらないというiPhone起動しない状況に多くの人が遭遇したと思います。iPhoneの起動に失敗すると、黒い画面または白い画面が表示されます。この記事は、iPhoneが起動しない時の対処法とその理由を紹介します。



目次 CONTENTS

一、iPhoneが起動しない理由

多くのユーザーは、iPhoneの電源が入らないときにハードウェア障害を非難しますが、実際には、ソフトウェア障害または軽微なソフトウェアエラーが原因であることがよくあります。 iPhone起動しない理由は多数ありますが、これは比較的複雑な問題であり、iPhoneの電源が入らない理由については、以下で詳しく説明します。

iPhone起動しない

1、ハードウェアの問題

  • 電源ボタンの障害
    iPhoneの電源ボタンが故障した場合、iPhoneをシャットダウンするとiPhoneは正常に起動しなくなります。この場合、アップルの修理センターに送る必要があります。
  • 画面表示エラー
    画面表示できないはハードウェア障害ですが、iPhoneの電源をオンにできないことを確認するのは、画面障害が原因ですか?ホームボタンが応答または、ロック画面の音が聞こえるが画面に何も表示されない場合は、画面が異常である可能性があります。水や衝撃による故障が発生場合、画面が正しく表示されない場合がありますので、修理のために専門のサービに頼むことをお勧めします。
  • 低電力またはバッテリー障害
    iPhoneの電源を入れることができない最も一般的な理由の1つは、電源不足またはバッテリー障害です。 iPhoneのバッテリー残量が少なくなると、iPhoneは突然黒くなり、再び電源を入れることができなくなります。バッテリーの電力不足に加えて、バッテリー自体に問題があると、iPhoneが自動的にシャットダウンすることもあります。たとえば、iPhoneのバッテリーヘルスの割合が誤って表示され、ユーザーは誤ってバッテリーが十分であると誤解しますが、バッテリーが臨界点に達しているため、画面が突然黒くなり、電源を入れることができません。
    また、保証されていないバッテリーを使用すると、バッテリーが正しく充電されない場合があります。バッテリーの状態は、「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」で確認できます。「最大容量」の横に「—-」が表示され、割合が表示されない場合は、専門の修理業者に提出することをお勧めします。センターはバッテリーの状態チェックを実行し、必要に応じてバッテリーを交換します。

最大容量

注意:「バッテリーの状態」は、iPhone 6以降、iOS 11.3以降に追加された新しい機能で、バッテリーの状態を表示し、必要に応じてバッテリーを交換することを推奨します。

2、ソフトウェアの問題

  • システム障害
    iOSシステムアップデートの復元に失敗し、システムデータが破損すると、iPhoneの起動に失敗する場合があります。 システムの問題が原因でiPhoneが正常に起動できない場合は、Renee iPassFixを使用してシステムを強制的に起動することができます。詳細な手順については、次を参照してください。
  • マザーボードが破損している
    最も深刻で不本意な状況は、マザーボードの損傷のためにiPhoneを起動できないことです。 マザーボードの故障には、外力の影響や水の浸入など、多くの理由があります。 この時点でiPhoneが起動しないことに加えて、次の兆候も表示される場合があります。

    • 画面表示は完全に黒、完全に青、または完全に赤です。
    • iPhoneはリンゴループし、起動できません。
    • バッテリーは異常な速度で電源がオフになり、バッテリー低下状態になり、オンになりません。

iPhoneを起動できないという問題を解決するために、Renee iPassFixを使用できます。 このソフトウェアは、さまざまなiOS障害の問題を解決でき、起動できないという問題は簡単に解決できます。

二、多くのシステム問題を解決する一般的な方法Renee iPassFix

iPhoneが起動しないという問題は発生した場合、まず、Renee iPassFixを使用して解決することができます。 このソフトウェアは、リカバリモード、DFUモード、繰り返し起動、エラー4013、黒い画面、リンゴループ、フリーズした画面など50種類以上のiOSシステムの問題を修正できます。ソフトウェアのインターフェイスはシンプルで、初心者ユーザーはiPhoneを簡単に修復できます。 iPhone、iPad、iPod Touchデバイスの修復もサポートしており、すべてのiOSシステムと互換性があります。 また、iPhoneロック画面のパスワードを忘れた場合は、Renee iPassFixを使用してロックを解除することもできます。
Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
iPhoneを修復する操作手順:

① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修正」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを終了できます。

修復完了

上の一般的な方法を使用して解決することに加えて、iPhoneが起動できないさまざまな状況に応じて、対応するソリューションを選択することもできます。以下では、iPhoneの黒い画面/リンゴループと黒い画面に赤い線の2つのソリューションを紹介します。

三、iPhone黒い画面/白い画面で起動しない時の対処法

iPhoneの起動に失敗した場合、最も一般的なのは黒い画面とリンゴループです。 バッテリー障害、バッテリー低下、アプリケーションのクラッシュ、システム障害など、黒い画面に関連する多くの潜在的な要因があります。 黒い画面のためにiPhoneを起動できないことに加えて、リンゴループの場合があります。
理由は次のとおりです。

  • システムソフトウェアの更新中にiPhoneで問題が発生しました。
  • iPhoneには、脱獄またはCydia経由でインストールされたアプリケーションに関する問題があります。
  • iPhoneは古いバージョンのiOSベータ版を実行していますが、これはそのバージョンの問題が原因です。
  • iPhoneハードウェアが破損しています。

黒い画面/リンゴループの原因を分析した後、次の5つの解決策を試して、問題を解決できるかどうかを確認できます。

対処法1:iPhoneを強制的に再起動する

iPhoneの起動に失敗した場合、最初に、iPhoneを強制的に再起動することです。 時々、問題はとても簡単に解決されます。
iPhoneのさまざまなモデルの強制再起動操作はわずかに異なります。

  • iPhone 8以降:「音量+」ボタンを押してすぐに離し、次に「音量-」ボタンを押してすぐに離します。 次に、Appleロゴが表示されるまで、側面の「電源」ボタンを押し続けます。
  • iPhone7、iPhone7 Plus:Appleロゴが表示されるまで、上部(または側面)の「電源」ボタンと「音量-」ボタンを押し続けます。
  • iPhone 6S以前のホームボタンがあるモデル:ホームボタンと上部(または側面)の「電源」ボタンを同時に押し、Appleロゴが表示されるまで押し続けます。

対処法2:iPhoneを30分以上に充電する

iPhoneを強制的に再起動してもiPhoneを起動できない場合は、最初にiPhoneを電源に接続して充電し、完全に充電されていることを確認します。 iPhoneが黒い画面で動かなくなり、再起動が応答しない場合がありますが、これはバッテリーが完全に消耗している可能性があります。 この場合、電源を入れる前に少なくとも30分間iPhoneを充電することをお勧めします。
Tips
電源に接続して数分後に、「充電中」画面が表示されます。1時間以内に「充電中」画面が表示されない場合は、インターフェース、ケーブル、電源アダプターに異常や損傷がないかを確認するか、他のケーブルと電源アダプターを直接交換する必要があります。

iPhone充電

それでもiPhoneの電源が入らない場合は、次の方法を試してください。

対処法3:リカバリモードでiPhoneをアップデート

iPhoneを更新するためにリカバリモードに入ると、さまざまなiOSシステム障害を修復できます。これには、iPhoneを起動できないという問題も含まれます。この方法の利点は、デバイス上のデータを変更せずにiOSを再インストールしようとすることです。 iOSシステムソフトウェアの更新時にiPhoneで同じ問題が発生している場合、この方法で通常は解決できますが、ハードウェアまたは脱獄の問題は解決できません。 リカバリモードを開始する前にiTunesを最新バージョンに更新する必要があることに注意してください。そうしないと、更新が失敗する可能性があります。
操作手順:

①コンピューターでiTunesを開き、USBケーブルでiPhoneに接続します。

②次の手順を実行して、iPhoneをリカバリモードにします。

  • iPhone 8以降:「音量+」ボタンを押してすぐに離し、次に「音量-」ボタンを押してすぐに離します。 次に、リカバリモード画面とiTunesポップアッププロンプトメッセージが表示されるまで、側面の「電源」ボタンを押し続けます。
  • iPhone 7以降の場合:「電源」ボタンと「音量-」ボタンを同時に押し続け、iPhoneがiTunesにリカバリモードインターフェイスとポップアップメッセージを表示するまで押し続けます。
  • ホームボタン付きのiPhone 6s以前:「電源」ボタンとホームボタンを同時に押したままにし、iPhoneがiTunesでリカバリモードインターフェイスとポップアップメッセージを表示するまで、それらを押し続けます。

iPhoneは正常にリカバリモードインターフェイスに入ります。

リカバリーモード

③iTuensソフトウェアで「更新」をクリックすると、iTunesがiPhoneのiOSシステムを更新します。

アップデート

iPhoneを更新しても問題が解決しない場合は、「iPhoneを復元」をクリックしてみてください。 iPhoneを復元すると、デバイスのすべてのデータと設定が完全に削除されることに注意してください。 事前にデータをバックアップしないと、失われたデータを復元できません。

対処法4:DFUモードでiPhoneを復元する

Appleは、リカバリモードに加えて、DFUモードという別の高度な機能も提供しています。 DFUモードを使用すると、リカバリモードでは修復できないシステム障害の問題を修復できますが、iPhone上のすべてのデータが消去されます。
操作手順:

1、最初に、iPhoneをDFUモードにする必要があります。

▶ 次の指示に従って、さまざまなiPhoneモデルがDFUモードに入ることができます。

iPad、iPhone 6s以下、iPhone SE:

  1. USBケーブルでデバイスをパソコンに接続し、iPhone / iPadの電源を切ります。
  2. デバイスの電源をオフにした後、デバイスの「電源」ボタンを3秒間押し続け、デバイスの「ホーム」ボタンを同時に押します。2つのキーを10秒間押し続けます。 (画面にAppleロゴが表示されたり、iTunesロゴが表示されたりする場合、それらは長すぎて最初からやり直す必要があります。)
  3. 「電源」ボタンを放しますが、「ホーム」ボタンを約5秒間押し続けます。 画面が黒のままで何も表示されない、iTunesにポップアップウィンドウが表示される場合は、iPadまたはiPhoneがDFUモードになっています。黒い画面とiTunesのメッセージが同時に表示されない場合は、失敗しています。正常に入るまで再度試してみてください。

iPhone 7およびiPhone 7 Plus:

  1. USBケーブルでデバイスをパソコンに接続し、iPhone / iPadの電源を切ります。
  2. 「電源」ボタンを3秒間押してから、「音量を下げる」ボタンを押し、両方のボタンを10秒間押します。
  3. 「電源」ボタンを放しますが、「音量を下げる」ボタンを5秒間押し続けます。 デバイスがDFUモードの場合、画面には何も表示されません。コンピューター上のiTunesからも、iPhoneが接続していると表示されます。 黒い画面とiTunesのメッセージが同時に表示されない場合は、失敗しています。正常に入力するまで再度試してみてください。

iPhone 8以降:

  1. デバイスをコンピューターにUSBケーブルで接続します。
  2. 「音量を上げる」ボタンを押し、次に「音量を下げる」ボタンを押します。
  3. 「電源」ボタンを押したまま、デバイスが黒くなったら「音量を下げる」ボタンを同時に押し、2つのボタンを5秒間押し続けます。
  4. 5秒後、「電源」ボタンを放し、「音量を下げる」ボタンを押し続けます。
  5. 不明なデバイスが検出されたことをiTunesが表示され、デバイス画面が完全に黒くなり、何も表示されなくなるまで、デバイスは正常にDFUモードに入りました。 黒い画面とiTunesのメッセージが同時に表示されない場合は、失敗しています。正常に入力するまで再ど試してみてください。

2、iPhoneがDFUモードに入ると、iTunesがポップアップウィンドウを開き、「復元」をクリックして、iTunesが完了するのを待ちます。

対処法5:Apple サポートにお問い合わせ

上の4つの方法でiPhoneを正常に起動できない場合、iPhoneにはハードウェアの問題またはその他のより深い問題がある可能性があります。Appleサポートにお問い合わせください。
おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!

四、iPhoneの画面に赤い線が入る時の対処法

iPhoneの黒い画面に赤い線が表示されている場合、これはiPhoneのハードウェアの問題を示しています。 iPhoneが地面に落とされたり、他の外力の影響を受けたりした場合、その可能性はさらに大きくなります。 通常、この場合は最初にデバイスを再起動してみてください。問題を解決できない場合は、Appleサポートに連絡するか、公式の認定修理センターに送ることをお勧めします。

何かご不明な点がございますか?