author avatar
  テストマネージャー  

概要

iPhoneはパフォーマンスと優れた操作性で消費者に深く愛されています。iPhoneの防水性能が最適化および改善されています。今最新の機種は最大水深1メートルで最大30分間水中に留まることができます。各モデルにはどのような防水性能がありますか?この記事はiPhone防水について紹介します。



一、iPhoneの防水性能
iPhone防水
iPhoneの防水機能とは、特殊な防水ケースや独自の密閉作業により、デバイスに損傷を与えることなく、一定期間、湿気、雨、さらには水中での損害を防ぐ機能を指します。 防水スマホには、機種接合部分への圧力を減らすことにより、露出した隙間を密閉する圧力が軽減され、防水テープと密閉リングが全体を作るためのバックアップ保護手段として使用されます。 防水能力が向上し、この種の防水スマホは雨を恐れず、一部は1〜2メートルの水深で使用できますが、一定期間のみです。 もう1つは防水装置を設置することで、防水スマホ専用のダイビングボックスが装備されていれば、通常の携帯電話は30〜40メートルの深さでも使用できます。
二、iPhoneの防水規格
iPhone防水
防水規格の標準を見てみましょう。通常、私たちが目にする防水スマホには、通常IPX〇(0-8)番号が付いています。Xは防塵等級、〇は防水等級です。(0-8)は、国際工業用防水グレード規格IPXと日本の工業用防水規格JISグレードの統一規格です。 0から8までの9つのレベルがあり、8が最高レベルです。
  • 0は保護されていない级无保护。
  • 1は水滴からの影響を受けない。
  • 2は15°以内の傾斜した状態で、水滴からの影響を受けない。
  • 3は水の飛沫による影響を受けない。
  • 4はあらゆる方向からの水の飛まつに対し保護されている。
  • 5はあらゆる方向からの噴流水(12.5l/min)に対し保護されている。
  • 6はあらゆる方向からの暴噴流水(100l/min)に対し保護されている。
  • 7は一定の圧力の中で30分間水没しても水が侵入しない。
  • 8は潜水状態での使用に対して保護されている。7より厳しい条件の中で使用するもの。
防水スマホ使用時の注意事項:
  • 防水スマホの場合、最も安全なのは30°C未満の淡水です。温度が高すぎると、ガスケットが簡単に老化し、防水能力が失われます。海水に含まれる塩分は金属部分をさびやすく、ボタンを操作しにくく、回路を腐食させることもあるため、スマホを海辺や海水で使用した後、真水にしばらく浸すことをお勧めします。
  • ほとんどの防水スマホは防塵機能を備えていますが、砂や汚れの大きな粒子はスマホの致命的な原因になる可能性があるため、電池やメモリカードの交換など、密閉カバーを開ける前に必ず水で洗い流してください。そうしないと、砂と土が密閉された領域に付着すると、ゴムパッドが変形しやすくなり、水漏れが発生する可能性があります。
  • バッテリーとインターフェースのシーリングカバーは、防水スマホの最も弱い部分と言えます。そのため、スマホが水に入るたびに、シーリングカバーのシールを注意深くチェックし、しっかりと閉じられていることを確認する必要があります。開けるときは特に注意してください。水に浸したばかりの場合は、浸透を防ぐためにまず柔らかい布で体の水を拭いてください。
  • スマホの水による機器システムの損傷は修復できませんが、携帯電話の使用中にデバイスのリンゴループ、黒い画面、白いリンゴなどのシステムの問題がある場合は、Renee iPassFixを使用できます。
おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!
TipsRenee iPassFixでiOS修復するには?

① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修正」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを終了できます。

修復完了

三、防水性能があるiPhone機種のまとめ
防水モデルには、iPhone 7、iPhone 7 plus、iPhone 8、iPhone 8plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone 11、iPhone XS max、iPhone XR、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxが含まれます。

その中で、iPhone 7、iPhone 7 plus、iPhone 8、iPhone 8plus、iPhone X、iPhone XR、およびiPhone 11は、IEC 60529規格でIP67(1メートルでの水中滞在最大時間30分)になります。

iPhone XS、iPhone XS max、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxこれらの4つのモデルはIP68定格で、防沫性能、耐水性能、防塵性能があり、2メートで最大滞留時間は30分です。

四、iPhoneを使用して水中で最も美しい写真を撮る方法
防水iPhoneで水中撮影
iPhoneの防水機能により、水中での撮影が簡単になり、さまざまなシーンをキャプチャできるので、水中での撮影をよりスムーズで美しくする方法を見てみましょう。

1.水質と光

写真自体は光と影を扱っているため、光は非常に重要です。 水中の光環境は非常に厳しく、より深くより暗いので、1メートル以内の深さで撮影することを選択することをお勧めします。光はより良くなります。 さらに、水中で撮影する場合は、十分な光源保護が得られるように、晴れた日、できれば正午から午後の間を選択してください。

さらに、濁った水は光の透過に影響を与え、良い写真を撮ることが難しくなるため、水質もより重要な要素の1つです。

2.水中から水面のシーンを撮影

水中で撮影すると、水面に波紋が発生し、画像が歪んでしまいます。 したがって、そのような写真を撮りたい場合は、穏やかな水面を選択するのが最善です。セルフィースティックを使用し、それを入れてからしばらく待ってから、水面が落ち着いてから写真を撮ります。

水中の撮影画像が歪む

3.iPhoneの半分を水入れて水面のオブジェクトを撮影

水中で写真を撮るもう1つの方法は、デバイスのレンズを水の中に入れ、葉、虫、水生植物などの水面上のオブジェクトを水平方向に撮影することです。 結果は、完全に水没して撮影するよりも優れています。

水中撮影

4.魚の写真を撮る場合

iPhoneを使用して水中の魚を撮影する場合、3つの方法があります。 1つ目は水槽で写真を撮る方法。2つ目は比較的澄んだ水で湖や川で写真を撮る方法、パンで魚に餌を与えて大量の魚を引き寄せる方法。3つ目はダイビング時に海で魚の写真を撮る方法 ただし、iPhoneは最大2メートルの深さをサポートしているため、浅瀬でのシュノーケリングにのみお勧めします。

防水iPhoneで水中撮影

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...