author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

スマホは人々の日常生活の必需品になっていますが、使用中にスマホが突然利用できなくなった場合、これは非常に困ります。この記事は、「iPhoneは使用できません」と表示された時の状況、原因、対処方法を紹介します。



目次 CONTENTS

一、iPhoneは使用できませんの原因と症状

世界で最も人気のあるスマホの1つとして、iPhoneの優れた操作パフォーマンスと高いセキュリティは、消費者がiPhoneを選択する重要な理由です。長い時間または不適切な操作により、iPhoneにさまざまな障害問題が発生し、深刻な場合使用できなくなることがあります。その中でも、より一般的なiPhoneが使用できない症状は次のとおりです。

  • iPhoneが正常に起動せず、黒い画面、リンゴループなどになります。
  • iPhoneのロック画面のパスワードを忘れてしまったため、何度か試みた後、無効になり、iPhoneが使用できなくなりました。
  • iPhoneはフリーズしており、とにかく応答しません。

iPhoneは使用できません

「iPhoneは使用できません」となった原因:
iPhoneを使用できない理由は多くありますが、主にハードウェアまたはソフトウェアの理由です。

  • iOSシステムに障害が発生した。 iOSシステムの更新に失敗したり、誤ってシステムデータを削除したりすると、iPhoneが障害発生する可能性があります。
  • 古いiOS etaバージョンを実行します。
  • バッテリーが故障しているか、残量が少なくなっています。
  • ディスプレイに欠陥があり、コンテンツを正常に表示できません。
  • アプリケーションがシステムと互換性がない。システムファイルを書き込むときに、ソフトウェアとシステムの間で競合が発生しました。
  • iPhoneマザーボードが破損した。 外力が当たったり、水に濡れると、iPhoneが使用できなくなる場合があります。

二、iPhoneデータを定期的にバックアップする

問題が発生した場合にiPhoneが重要なデータを失わないようにするには、データを定期的にバックアップする習慣を身に付ける必要があります。修復中にiPhone上のすべてのデータを削除しても、重要なファイルが消去されることを心配する必要はありません。iPhoneの修復するときデータを復元できます。

一般的なバックアップ方法は、iTunesまたはiCloudを使用する方法です。 iTunesバックアップのストレージ容量はコンピューターの利用可能なスペースに依存し、バックアップはネットワーク転送の速度に影響されることなく高速です。iCloudバックアップはバックアップするためにネットワーク接続を必要としますが、バックアップストレージスペースは制限され、5Gのみが無料です。したがって、iTunesを使用してiPhoneをバックアップすることをお勧めします。

1、iTunesでiPhoneをバックアップ

iTunesでバックアップする操作手順:
① macOS Catalina 10.15 を搭載した Mac では、Finderを開きます。macOS Mojave 10.14 以前を搭載した Mac または Windows パソコンでは、iTunesを開きます。付属の USB ケーブルでiPhoneをコンピュータに接続します。

② これらのデバイスのパスコードの入力を求めるメッセージや、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、画面上の案内にそって操作します。

③ コンピュータ上でiPhone デバイスを選択します。暗号化する場合、「一般」タブで、「バックアップ」セクションの「ローカルのバックアップを暗号化」を選択します。暗号化しない場合、「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

注意:このパスワードがないとバックアップを使えないため、パスワードは覚えておけるものを作成するか、書き留めて安全な場所に保管しておいてください。
バックアップを暗号化しバックアップする

④ バックアップ完了まで待ちます。

2、iCloudでiPhoneをバックアップする

iCloudでバックアップする操作手順:
① デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続します。

② 「設定」>「ユーザ名」の順に選択し、「iCloud」をタップします。

icloudバックアップ

③「iCloud バックアップ」をタップします。「今すぐバックアップを作成」をタップします。バックアップが終わるまで、Wi-Fi ネットワークに接続したままにしておいてください。

iCloud バックアップ

三、iPhoneが利用できない時の対処法

iPhoneは使用できませんとなった場合、以下の解決策を使用して修復できます。これらのソリューションは、iPhoneのさまざまな誤動作の問題に適用できます。すべての方法で問題を100%解決できるわけではありませんが、試してみる価値はあります。 以下のソリューションは、主に公式ソリューションとサードパーティソフトウェアに分かれています。
Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

1、iPhoneを強制的に再起動

iPhoneでどのボタンを押しても、何も起こらない場合がありますが、この状況が発生した場合は、まずiPhoneを強制的に再起動してみてください。 多くの場合、単純な再起動で最も直接的な効果が得られ、iPhoneをすぐに通常の状態に戻すことができます。
iPhoneの各モデルを強制的に再起動する手順:
  • iPhone 8以降:「音量を上げる」ボタンを押して離し、「音量を下げる」ボタンを押して離し、Appleロゴが表示されるまで横の「電源」ボタンを押し続けます。
  • iPhone 7、iPhone 7 Plus:Appleロゴが表示されるまで、上部(またはサイド)の「電源」ボタンと「音量を下げる」ボタンを押し続けます。
  • iPhone 6s以前のホームボタン:ホームボタンと「電源」ボタンを同時に押し、Appleロゴが表示されるまで押し続けます。

上の操作を行ってもiPhoneを使用できない場合は、次の対処法を試してください。

2、iPhoneを電源に接続

iPhoneの使用中に黒い画面が表示されることがあります。最も直接的な理由は、バッテリーの不足です。iPhoneを長時間使用すると、バッテリーのパフォーマンスと寿命が低下し、iPhoneが自然に電力を消費します。時々十分な電力を表示しますが、実際には偽の電力です。 この場合、大きなアプリケーションを実行すると、突然黒い画面が表示されることがあります。iPhoneを強制的に再起動しても再起動できない場合は、一定時間充電を試みることができます。充電時間は1時間以上である必要があります。

通常、iPhoneを電源に接続してから数分後、iPhoneの画面に充電アイコンが表示されます。 1時間充電しても充電画面が表示されない場合。ケーブル、ジャック、電源アダプタに問題がないかどうかを確認する必要があります。問題がある場合は、他のケーブルまたは電源アダプタに交換または修理を行ってください。

iPhone充電

充電後にiPhoneで問題が解決しない場合は、引き続き他の解決策を試してください。

3、リカバリモードでiPhoneを修復

上のどちらの方法でも問題を解決できない場合は、iPhoneをiTunesに接続し、リカバリーモードに切り替えて修復を試みることができます。リカバリーモードは、ユーザーがこの方法を使用してデバイスが応答しなくなったときにデバイスを復元できる障害修復方法です。 デバイスを起動するには、iBoot(ブートローダー)モードです。 このモードに正常に移行すると、iPhone画面にiTunes とUSBケーブルが表示されます(システムバージョンが異なるデバイスでは、パターンが若干異なる場合があります)。 iPhoneを起動、ロック解除、または無効にできない場合は、リカバリーモードで解決することができます。

リカバリーモード

リカバリーモードに入る手順:
① iTunes をお使いの場合は、iTunes が最新バージョンであることを確認します。

② デバイスが接続されている状態で、以下の手順でデバイスを強制的に再起動します。Apple ロゴが表示されてもボタンを放さず、リカバリモードの画面が表示されるまで待ってください。

  • iPhone 8 以降:音量を上げるボタンを押してすぐに放し、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。リカバリモードの画面が表示されるまで、サイドボタンを押し続けてください。
  • iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPod touch (第 7 世代):上部のボタンまたは (サイドボタン) と音量を下げるボタンを同時に押し、リカバリモードの画面が表示されるまでそのまま長押しします。
  • ホームボタン搭載の iPad、iPhone 6s 以前、iPod touch (第 6 世代) 以前:ホームボタンと上部のボタン (またはサイドボタン) を同時に押し、リカバリモードの画面が表示されるまでそのまま長押しします。

③ リカバリモードに正常に移行すると、iTunesはiPhoneを自動的に認識します。 次に、「iPhoneを復元」をクリックして、iPhoneを工場出荷時の設定に復元し、すべてのデータを消去します。

iPhoneを復元

Tipsリカバリーを解除するには、iPhoneを強制的に再起動してください。

4、DFUモードでiPhoneを修復

iPhoneはリカバリーモードにすると、ほとんどのiPhoneシステム障害の問題は解決できますが、深刻な損傷または修復プロセスの中断により修復が失敗する場合があります。リカバリモードでiPhoneを修復できない場合は、DFUモードを使用してiPhoneを修復することもできます。 DFUモードはリカバリーモードよりも徹底的であり、より高度な修復モードです。リカバリーモードと同様に、DFUモードに入る手順はデバイスによって異なります。 DFUモードに入る操作はより複雑であり、各ステップ中に正確なタイミングが必要です(そうでない場合、デバイスは再起動するだけです)、注意する必要があります。
DFUモードにする手順:
1、iPhoneの異なるモデルは、次の手順に従ってDFUモードに入ることができます。

iPhone 6s以下、iPhone SEデバイス:

  1. USBケーブルでデバイスをコンピューターに接続し、iPhoneの電源を切ります。
  2. デバイスの電源を切った後、デバイスの「電源」キーを3秒間押し続け、次にホームボタンを同時に押し、2つのキーを10秒間押します。
  3. 「電源」ボタンを放し、ホームボタンを約5秒間押し続けます。 画面が黒のままで何も表示されない場合、iPadまたはiPhoneはDFUモードになっているはずです。

iPhone 7、iPhone 7 Plus:

  1. USBケーブルを使用してデバイスをコンピューターに接続し、iPhoneの電源を切ります。
  2. 「電源」ボタンを3秒間押してから、「音量を下げる」ボタンを押し、両方のボタンを10秒間押します。
  3. 「電源」ボタンを放し、「音量を下げる」ボタンを5秒間押し続けます。 デバイスがDFUモードの場合、画面には何も表示されません。 そして、コンピューター上のiTunesがプロンプトをポップアップします。

iPhone 8以降:

  1. デバイスをコンピューターにUSBケーブルで接続します。 次に、「音量を上げる」ボタンを押してから、「音量を下げる」ボタンを押します。
  2. 「電源」ボタンを押し、デバイスが黒くなると同時に「音量を下げる」ボタンを押し、2つのボタンを5秒間押し続けます。
  3. 5秒後に「電源」ボタンを放し、「音量を下げる」ボタンを押し続けます。
  4. 不明なデバイスが検出されたことをiTunesがプロンプトし、デバイス画面が完全に黒くなり、何も表示されなくなるまで、デバイスは正常にDFUモードに入りまた。

>>>>>動画でDFUモートに入る手順を確認する

2、iPhoneがDFUモードに入ると、iTunesがポップアップウィンドウを開き、「iPhoneを復元」をクリックして、完了するまで待ちます。

iPhoneを復元

TipsDFUモードを解除するには、iPhoneを強制的に再起動してください。

5、iCloudでiPhoneを修復

iCloudがなぜiPhoneを修復できるのか不思議に思う人がいるかもしれません。実際、ここではリモート消去機能を使用します。遠隔操作でデータ消去機能を使用すると、基本的にiPhoneが工場出荷時の状態にリセットされ、新しいiPhoneに変わります。 これは通常、特にiPhoneが無効になっている場合に、ほとんどの問題を解決します。 ただし、iPhoneを消去できる場合は、iPhoneで「iPhoneを探す」機能がオンになっていて、iPhoneがオンラインになっていることを確認する必要があります。
操作手順:
① iCloudサイトをひらき、Apple IDとパスワードを入力します。

icloudログイン

②「iPhone を探す」で「すべてのデバイス」を選択し、対象のデバイスを選択します。

③「iPhone の消去」をクリックします。

iPhoneの消去

6、Renee iPassFixでiPhoneを修復

Renee iPassFixは、多機能なApple修復ソフトウェアです。iPhoneを正常に使用できない場合は、ワンクリックでiPhoneを修復することもできます。プロのスキルがなくても、iOSシステムのさまざまな問題をいつでも修正できます。このソフトウェアは互換性が高く、最新のiOSデバイスとiOSシステムバージョンを完全にサポートしています。
Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
Renee iPassFixでiOSを修復するには?

① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修正」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを終了できます。

修復完了

7、Appleサポートにお問い合わせ

ハードウェアの問題または上の対策で問題が解決しない場合、iPhoneをApple修理センターまたはApple認定サービスプロバイダーに送って修理することができます。 Appleの公式Webサイトで、関連するお問い合わせ先を見つけることができます。
まとめ
iPhone強制再起動iPhone充電リカバリモードで修復DFUモードで修復iCloudで修復Renee iPassFixで修復Appleサポートにお問い合わせ
データ消去×××状況次第
効果保証ない保証ない保証ない保証ない保証ない100%iOS問題解決100%解决(ハードとiOS問題)
操作難易度簡単簡単複雑複雑一般簡単——
費用×××××無料体験版あり保証期間外なら高い
Loading comments...