author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

iPhoneデバイスのセキュリティはAndroidスマートフォンのセキュリティよりも高いですが、さまざまな脆弱性によって悪用されることは避けられません。 この記事では、iPhoneセキュリティを強化する方法8つを説明します。



2019年第3四半期に、世界のスマートフォンの出荷台数は約3億5,800万台に達しました。スマートフォン所有者の増加とスマホ機能の増加により、スマホは「小型コンピュータ」になりました。特に、日本では、iPhoneの利用者数は多く、人々がますますそれに依存するようになると、iPhoneの重要なデータのセキュリティにも注意が必要になります。次にiPhoneセキュリティを強化するための方法を8つ紹介します。

iPhoneセキュリティ

1、iOSとアプリを最新バージョンにアップデート
比較的閉鎖されたiOSシステムはユーザーの多くのセキュリティリスクをブロックしていますが、新しい脆弱性は無限に出現しています。そのため、ユーザーがさまざまな脆弱性の影響を受けるのを防ぐために、Appleの担当者はオペレーティングシステムを常に更新してさまざまな脆弱性を埋めます。 ただし、ユーザーは脆弱性の時間と頻度を知らない、脆弱性の処理の遅延に起因するセキュリティリスクを回避するために、自動アップデート機能を有効にする必要があります。オフィシャルが脆弱性を見つけて最新のシステムバージョンをリリースしたら、ユーザーは損失を回避するためにできるだけ早くそれを更新してください。

iOSシステムの自動アップデートを有効にする手順は次のとおりです。

iPhoneデバイスを開き、「設定」-「一般」-「ソフトウエア・アップデート」を見つけて、「自動アップデート」をオンにします。

自動アップデート

さらに、iOSシステムはiPhoneの最初のセキュリティ障壁で、最も基本的な抜け穴を回避するためにシステムの健全性を確保する必要があります。 デバイスにさまざまな種類のiOSシステム障害(黒い画面やリンゴループ、ios12不具合など)がある場合、Renee iPassFixを使用しシステムを修復できます。
Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
Renee iPassFixとは?

Renee iPassFixは、プロフェッショナルで多機能なApple修復ソフトウェアです。専門知識を必要とせず、ワンクリックでiOSシステムをダウングレードできます。 iOSデバイスをコンピューターに接続すると、ソフトウェアは自動的にモデルを認識し、ダウングレードできるiOSオペレーティングシステムを表示します。 Renee iPassFixは、すべてのiOSデバイスモデルとiOSシステムのをサポートします。このソフトウェアを使用してiOSをダウングレードすると、他の方法よりも便利で高速になります。

Renee iPassFixでiOSシステムを修復するには?
使用中のさまざまな状況でiPhoneにシステムの問題がある場合、まずRenee iPassFixを使用してシステムを修復し、システムの健全性を確保し、デバイスのセキュリティを向上させる必要があります。 このソフトウェアは操作が非常に簡単で、必要な手順は3つだけです。

① Renee iPassFixをインストールし、開きます。iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

②「修正」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

修復ボタンをクリックする

③ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを終了できます。

修復完了

システムのセキュリティが解決されたら、次のステップはデバイス内のアプリケーションのセキュリティを保護することです。 次のように、アプリケーションを自動的に更新することもできます。

デバイスを開いて「設定」-「iTunes StoreとApp Store」を見つけ、「アップデート」をオンにして、Appの自動更新機能を開きます。その後、アプリケーションが時間内に更新されないことによるセキュリティリスクを心配する必要はありません。 。

アプリ自動アップデート

2、App Store以外のストアからアプリをダウンロードしない
App Storeのすべてのアプリは厳密に選別されていますが、一部の「見栄えの良い」アプリはApp Storeにはダウンロードできませんが、デバイスのセキュリティのために、App Store以外のところでアプリケーションをダウンロードしないでください。
3、怪しいメール、リンク、広告を開かない
頻繁に電子メールを使用するユーザーの場合、なじみのない電子メールのリンクや、さまざまなソーシャルソフトウェアのURLをクリックしないでください。これらは危険なフィッシングサイトである可能性が高いためです。
4、「iPhoneを探す」をオンにする
iPhoneデバイスが盗難または紛失された場合、オンになっている「iPhoneを探す」を通じてデバイスを見つけることができます。または、デバイスのリモートロックやリモート消去などの操作を実行して、デバイスの紛失による重要なデータの損失を回避できます 。

iPhoneを探すを有効にする手順は次のとおりです。
デバイスを開いて「設定」をタップし、自分の名前をタップし、「iCloud」-「iPhoneを探す」を開きます。

iPhoneを探す

5、「AirDrop」機能をオフにする
iOS7以降のシステムバージョンでは、iPhoneに「AirDrop」という新しい機能が追加されました。これは、同じWiFiネットワーク環境で、メールアドレスなどの複雑な操作を必要とせずにデバイスのデータを近くの人と簡単に共有できる機能です。見知らぬ人からファイルを受信することを避けるために、この機能が必要でないときは無効にすることをお勧めします。

AirDrop機能をオフにする手順は次のとおりです。

デバイスを開き、「設定」-「一般」-「AirDrop」-「受信しない」をタップします。

AirDrop機能

6、Safariブラウザのプライバシー設定を変更する
SafariはAppleシステムに付属するブラウザソフトウェアであり、ユーザーがブラウザを利用してWebページを開く必要がある場合、デフォルトでSafariブラウザを使用します。インターネットへのデバイスの入り口の1つとして、Safariブラウザのプライバシーを設定してプライバシーを保護する必要があります。操作手順は次のとおりです。

デバイスを開き、「設定」-「Safari」を見つけて、「プライバシーとセキュリティ」に含まれるいくつかのオプションを確認します。

Safari設定

  • Safariを使用しているときに閲覧履歴を記録したくない場合は、「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオンにすることができます。 eコマースWebサイトの購入記録またはWebページの過去の閲覧記録が使用されないようにします。
  • Cookieは、一部のWebサイトによってユーザーのローカル端末に保存され、セッションを追跡するためのデータ(通常は暗号化されています)です。 ほとんどのブラウザではデフォルトでこの機能がオンになっていますが、セキュリティの観点からブロックする方が安全です。ただし一部サイトではCookieが必要になる場合もあるので、「すべてのCookieをブロック」だけは状況に応じてオフにしてもいいかもしれません。
  • 「詐欺Webサイトの警告」オプションがオンになっている場合、Safariを使用しているときにフィッシングWebサイトに遭遇すると警告が表示されるため、この機能をオンにします。
  • 「Apple Payの確認」機能は、Apple Payを使用できるアプリまたはWebサイトを閲覧するときに、デバイスでApple Payが有効になっているかどうかを確認するように設計されているため、このオプションをオフにします。
7、「モーションとフィットネス」機能をオフにする
この機能を有効にすると、一部のアプリケーションは移動軌跡や歩数を記録できるため、居場所の漏洩を防ぐために、次のようにこの機能をオフにできます。

「設定」-「プライバシー」-「モーションとフィットネス」の後に「フィットネス・トラッキング」機能をオフにすることができます。

モーションとフィットネス

8、「位置情報サービス」を選択的にオンにする
地図アプリ、ニュースアプリ、ソーシャルアプリなど、「位置情報」機能の助けを借りてサービスを提供する必要があるアプリケーションもありますが、この機能を有効にするかどうかを尋ねるツールアプリもあります。特定のアプリの位置情報へのアクセスをオフにすることができます。

具体的な手順は次のとおりです。

デバイスを開き、「設定」-「プライバシー」-「位置情報サービス」を見つけて、閉じたいアプリケーションを操作します。

アプリごとに位置情報サービスを設定する

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...