author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iPhoneの懐中電灯ライト機能がつかない場合はどうすればよいですか? この記事は、iPhoneの懐中電灯ライトの機能を復元する5つの方法を紹介します。操作中のデータ損失を防ぐために、事前にバックアップを作成してください。



iPhoneには、懐中電灯代わりに使うことができるライトがついています。そのライトたつかない場合、どうすれば良いですか?次に5つの対処法を紹介します。
iPhoneライトつかない
方法1、iPhoneを再起動
たまにiOSシステムの障害またはライトアプリケーション自体のエラーである場合は、デバイスを強制的に再起動することで解決できます。デバイスを強制的に再起動するには、モデルごとに操作が異なります。iPhone7/ 7Plus以降のモデルでは、「電源」ボタンと「音量を下げる」ボタンを同時に押します。他のモデルでは、「ホーム」ボタンと「 電源」ボタンを押すと、Appleロゴが表示され、デバイスが再起動します。

iPhone再起動

さらに、黒い画面、iPhone繰り返し起動、リンゴループなどのiOSシステムの問題で、デバイスの懐中電灯機能が正常に機能しない場合は、iOS修復ソフトRenee iPassFixを使用してシステムを修復し、ライト懐中電灯機能を使用してみることをお勧めします。
Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
Renee iPassFixとは?

Renee iPassFixは、多機能のオールインワンiOSシステム修復ソフトウェアであり、繰り返し起動、デバイスの異常、リンゴループなど、さまざまな種類のiOSシステムの問題を簡単に解決できます。iPhone / iPad / iPod TouchなどのさまざまなAppleデバイスに適用できます。また、iOSデバイスのロックを解除し、画面パスワードを削除することもできます。

Renee iPassFixでiOSを修復するには?

① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修正」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを終了できます。

修復完了

方法2、iOSを最新バージョンにアップデート
iPhoneデバイスのiOSバージョンが古い場合、ライト懐中電灯が正常に機能しないことがあります。 そのため、デバイスをできるだけ早めにシステムの最新バージョンにアップデートしてください。 具体的な表示方法は次のとおりです。

デバイスを開き、「設定」-「一般」-「ソフトウエア・アップデート」を探します。ページが最新バージョンに更新されたと表示しない場合は、ページの「ダウンロードとインストール」ボタンをタップしてアップデートします。

iosダウンロードとインストール

方法3、すべての設定をリセット
不注意な設定により、懐中電灯ライトが正常に機能しない場合があります。この時点で、「すべての設定をリセット」を使用して、iPhoneデバイスの設定をリセットできます。デバイスのデータが消去されることを心配する必要はありませんが、 この機能は、デバイスの設定だけをリセットします。

具体的な手順は次のとおりです。

デバイスを開き、「設定」-「一般」-「リセット」-「すべての設定をリセット」を見つけてから、iPhoneを再起動し、懐中電灯ライト機能の使用を再試行します。

全ての設定をリセット

方法4、リカバリーモードでiPhoneデバイスを初期化する
通常の状況では、iPhoneデバイスの初期化は実際にほとんどの障害を解決できます。 ただし、デバイスが初期化されると、iPhoneは工場出荷時の状態に戻し、すべてのデータが削除されることに注意してください。

iPhone Xを例にとると、具体的な手順は次のとおりです。

①iTunesを最新バージョンに更新してから閉じてください。

②デバイスの「音量を上げる」ボタンと「音量を下げる」ボタンをすばやく1回押し、電源オフスライダーが表示されるまで「電源」ボタンを放さずに押し続け、電源オフします。リカバリモード画面が表示されるまで「音量を下げる」ボタンをもう一度押したままにし、デバイスをコンピューターに接続します。

リカバリーモード

③ iTunesでiPhoneデバイスを選択します。更新または復元が求められたら、「復元」ボタンを選択します。

iPhone復元・更新

④ リカバリーモードが終わるまで待ちます。iPhoneデバイスを初期化できます。

方法5、DFUモードを使用して初期化する
実際、DFUモードとリカバリーモードの両方がデバイスの「フラッシュモード」であり、両方が初期化の役割を果たすことができます。違いは、リカバリモードを使用してファームウェアを復元およびアップグレードできることです。リカバリプロセス中、iTunesアイコンがiPhone画面に表示されますが、DFUモードはiPhoneファームウェアアップグレードモードを強制できます。 このモードでは、iTunesはiPhoneの復元プロセスが中断できず、復元プロセス中は画面が黒い画面のままになります。

iPhone Xを例として、DFUモードを使用してデバイスをように初期化するかを見てみましょう。

ステップ1:iPhone Xの電源を切った後、UDBケーブルでコンピューターに接続し、最新バージョンのiTunesを開きます。

ステップ2:「音量を上げる」ボタンと「音量を下げる」ボタンを同時に押したままにし、「電源」ボタンを押したままにします。約10秒間押し続けます。画面が黒いままの場合、iPhone XはDFUに入っています。

注意:操作中にiPhone X画面にロゴが表示されている場合は、ボタンを長押ししすぎたことを意味します。電源オフ後、上の手順に従って操作を再実行してください。 また、iPhone XがDFUモードに入ると、コンピューターのiTunesにポップアップメッセージが表示されます。「iPhoneを復元」ボタンをクリックすると、ファームウェアを選択してiPhoneを初期化できます。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...