author avatar
  テストマネージャー  

概要

iTunesを使用してiPhoneとiPadをバックアップするする時暗号化できます。バックアップされたデータの暗号化によって不正アクセスから保護できます。しかし、iPhoneバックアップパスワードを忘れると、使用できなくなります。この記事は、iTunesバックアップ暗号化パスワードを解除する方法について詳しく説明します。



目次 CONTENTS

一、iPhone、iPadの暗号化されたバックアップについて

多くの場合、iTunesを使用してiOSデバイスをバックアップしますが、iTunesを使用してデータをバックアップする場合、暗号化された方法と暗号化されていない方法を選択できます。 暗号化されたバックアップ方法を選択すると、iPhoneまたはiPadのバックアップパスワードが設定されます。 バックアップを呼び出すたびに、設定した暗号化パスワードを入力する必要があります。そうしないと、バックアップを使用したり、「バックアップ暗号化」機能をオフにできないため、暗号化パスワードを適切に保存する必要があります。 iTunesのバックアップパスワードは、Apple IDやiTunesのパスワードと切り離すことはできません。バックアップを暗号化すると、設定ウィンドウが表示され、任意の種類のパスワードを設定できます。
iTunesの「ローカルのバックアップを暗号化」機能は、iOSデバイス情報をロックおよびエンコードします。バックアップ暗号化を使用すると、重要なデータにセキュリティを追加するだけでなく、次のような暗号化されていないバックアップではサポートされない詳細もカバーできます。

  • ワイヤレスネットワークの設定
  • ウェブサイトの履歴
  • 保存されたパスワード
  • 健康データ
iPhone / iPad上の重要なデータを保護し、データの損失を防ぐために、問題が発生する前にデバイスのデータを暗号化してバックアップする必要があります。iPhone / iPadをバックアップするには、iTunesが最も一般的に使用されています。最も簡単な操作で、データをコンピューターにすばやくバックアップできます。iTunesを使用してバックアップを暗号化するには、次の手順を実行します。

① macOS Catalina 10.15 を搭載した Mac では、Finderを開きます。macOS Mojave 10.14 以前を搭載した Mac または Windows パソコンでは、iTunesを開きます。
② 付属の USB ケーブルで デバイスをコンピュータに接続します。コンピュータ上でiPhone / iPadデバイスを選択します。
③ 「一般」タブまたは「概要」タブで、「バックアップ」セクションの「ローカルのバックアップを暗号化」を選択します。
④ 画面の案内に従って、パスワードを作成します。このパスワードがないとバックアップを使えないため、パスワードは覚えておけるものを作成するか、書き留めて安全な場所に保管しておいてください。パスワードを忘れてしまった場合の対処法については、こちらを参照してください。

バックアップを暗号化しバックアップする

おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!
バックアップが暗号化されているか確認する

バックアップを暗号化した後、次の手順に従ってバックアップが暗号化されたかどうかを確認できます。

① MacOS Catalina 10.15 を搭載した Mac では、Finder を開いて、「一般」タブをクリックし、「バックアップを管理」をクリックします。バックアップのリストが表示されます。macOS Mojave 10.14 以前を搭載した Mac、または iTunes をインストールした Windows パソコンでは、iTunes ウインドウの上部にあるメニューバーから、「iTunes」>「環境設定」の順に選択し、「デバイス」タブをクリックします。

② バックアップの横に鍵のアイコンが表示されているか確認します。鍵のアイコンが表示されているバックアップは暗号化されています。

バックアップが暗号化されているか確認する

パスワードを忘れると、バックアップにアクセスできなくなることを知っておく必要があります。暗号化されたバックアップからiPhone / iPadを復元する必要がある場合は、正しいパスワードを入力してバックアップのロック解除し、復元プロセスを開始する必要もあります。 iPhoneを復元する必要があるが、iTunesバックアップパスワードを忘れた場合はどうなりますか? 以下は、iTunesのバックアップパスワードを簡単にリセットまたは復元する方法を紹介します。主に公式のソリューションとサードパーティのソフトウェアを使用して解決します。

二、iTunesバックアップパスワード解除方法 – 公式のソリューション

多くの場合、iTunesを使用してiOSデバイスをバックアップしますが、iTunesを使用してデータをバックアップする場合、暗号化された方法と暗号化されていない方法を選択できます。 暗号化されたバックアップ方法を選択すると、iPhoneまたはiPadデバイスのバックアップパスワードを設定します。バックアップを呼び出すたびに、設定した暗号化パスワードを入力する必要があり、暗号化されたパスワードを適切に保存する必要があります。 iTunesのバックアップ暗号化パスワードは、Apple IDやiTunesのパスワードとは別に設定されます。バックアップを暗号化すると、設定ウィンドウが表示され、任意のパスワードを設定できます。

解決策1:MacOSキーチェーンを確認する

Macコンピューターを使用していて、iTunesバックアップを暗号化するときに「このパスワードをキーチェーンに保存」にチェックマークを付けると、バックアップ暗号化パスワードがMacのキーチェーンに保存されます。 Macコンピューターに付属のキーチェーンアクセスアプリを開くと、確認できます。

このパスワードをキーチェーンに保存

操作手順

① Macで「Finder」-「アプリケーション」-「ユーティリティ」-「キーチェーンアクセス」を見つけて、開きます。

② 「すべての項目」をクリックし、右上の検索ボックスに「iPhone Backup」と入力し、検索します。

iPhone Backupを検索

③ 「iPhone Backup」をダブルクリックし、管理者パスワードの入力が求められます。このパスワードはMacの登録パスワードです。「パスワードを表示」にチェックをつけると、iPhoneバックアップのパスワードが表示されます。

パスワードを表示

ただし、Windowsコンピューターユーザーの場合、このソリューションは実行可能ではありません。以下の他のソリューションを確認してください。

解決策2:iPhone / iPadの設定でバックアップパスワードを消去する

iOSデバイスがiOS11以降の場合は、より簡単な方法でiTunesバックアップ暗号化パスワードを削除できます。これは、iPhone / iPadの設定をリセットすることです。 これにより、バックアップパスワードが削除されますが、古いバックアップデータへのアクセスもできなくなります。削除したら、iPhone / iPadをiTunesに接続して、新しい暗号化されたバックアップの作成できます。デバイスにiOS 10以前が搭載されている場合、この方法を使用してバックアップパスワードを削除することはできません。別の解決策を試してください。
iPhone / iPadでバックアップパスワードを削除する手順

① iPhone / iPadデバイスで、「設定」-「一般」-「リセット」を選択します。

② 「すべての設定をリセット」をタップして、iOSデバイスのパスワードを入力します。

全ての設定をリセット

上記のリセット操作は、暗号化されたバックアップパスワードを削除しますが、ユーザーデータには影響しません。
Tips「すべての設定をリセット」とは、主にiOSデバイスのシステムのデフォルト設定をデフォルト状態に戻すことです。次の設定は削除されます。

  • ホーム画面のレイアウト
  • プライバシー設定
  • ネットワーク設定
  • 入力方法の設定
  • iTunesバックアップパスワード
  • Apple Payカード

③ iTunesのバックアップパスワードを削除した後、デバイスをiTunesに接続して、新しいバックアップ暗号化パスワードとバックアップを作成できます。

解決策3:iTunesバックアップを削除してバックアップパスワードを消去する

以前のバックアップファイルが必要ない場合は、バックアップを直接削除してバックアップ暗号化パスワードを削除できます。 バックアップデータを使用する必要がある場合は、この方法を利用できません。
iPhone / iPadバックアップの削除手順

① iPhone / iPadをUSBケーブルでコンピューターに接続し、iTunesを開きます。

② iTunesのトップメニューバーで、「編集」-「設定」-「デバイス」をクリックします。 削除するバックアップファイルを選択し、「バックアップを削除」をクリックします。

iOSのバックアップ

三、iPhoneバックアップパスワードを解除方法 – サードパーティソフト

上記の公式ソリューションに加えて、プロのサードパーティソフトウェアを使用して解決することもできます。 iTunesのバックアップパスワード解除ソフトを5つ紹介し、それぞれの長所と短所をまとめました。必要に応じて最適なものを選択してください。
iphone バックアップのロックパスワードを解除する

解決策1:PhoneRescue iPhone Backup Unlocker

PhoneRescueは、iOSおよびAndroidデバイス向けのデータ復元ソフトウェアです。iTunesまたはiCloudのバックアップデータは、失われた場合でも迅速に復元できます。 このソフトウェアを使用すると、iTunesバックアップパスワードを解除し、写真、連絡先、メモなどのバックアップ内のファイルをレスキューできます。ソフトウェアのデータ復元操作は簡単で、iPhoneバックアップパスワードロック解除機能は無料で試すことができます。
メリット:

  • 無料で使用できます。iPhoneバックアップパスワード解除ソフトウェア市場では、多くのソフトウェアが有料で課金されますが、このソフトウェアは無料で使用できます。
  • 安全でリスクフリー。
  • 暗号化されたiTunesバックアップからデータをプレビューおよび抽出できます。
  • さまざまな種類のファイルを復元できます。
  • 操作簡単。
  • WindowsおよびMacコンピューターとの互換性あります。 すべてのiOSバージョンとiOSデバイスをサポートします。

デメリット:

  • パスワードが複雑な場合、解読に長い時間がかかる可能性があります。
  • iOS 10以降のバックアップパスワードを解除するには時間がかかります。

解決策2:Tenorshare 4uKey - iTunes Backup

Tenorshare 4uKey – iTunes Backupは、強力な復号化技術により、iPhoneパスワードをすばやく見つけて無効にし、iPhone / iPad / iPod touchの暗号化されたバックアップを確実にロック解除できるようにします。 パスワードの回復に加えて、バックアップパスワードを削除することもできます。このソフトウェアを使用すると、バックアップ内の重要なファイルが削除されることを心配する必要はありません。すべてのiOSデバイスをサポートしているため、安心してダウンロードできます。
メリット:

  • iOS 11/10/9/8以前と互換性があり、iPhone、iPad、iPodをサポートしています。
  • インターフェイスはシンプルで操作が簡単です。
  • 3つのクラッキング方法を提供します。
  • iPhoneバックアップパスワードを削除できます。

デメリット:

  • Windowsコンピューターのみとの互換性あり、Macはサポートされていません。
  • iOS 10以降のバックアップパスワードを解析するには時間がかかります。
  • iTunesバックアップロック解除ツールとして、価格は高い。
  • すべてのiOSバージョンが現在サポートされているわけではありません。

解決策3:iSunShare iTunes Password Genius

iSunShare iTunes Password Geniusは、プロのiTunesバックアップパスワード解除ソフトウェアとして、iTunesバックアップパスワードをすばやく見つけて復元するのに役立ちます。バックアップパスワードを忘れたが、バックアップで重要なファイルを失いたくない場合、このソフトウェアを使用すると問題を解決できます。WindowsとMacの両方のバージョンがあり、コンピューターシステムに応じてダウンロードすることもできます。iTunesバックアップパスワードが3文字を超えない場合は、試用版を無料でダウンロードして試用できます。3文字以上の場合、フルバージョンの料金が必要です。
メリット:

  • iTunesバックアップのすべてのバージョンをサポートします。
  • WindowsおよびMacオペレーティングシステムをサポートします。
  • すべてのiPhone、iPad、iPod Touchに対応
  • 安全でリスクのない操作。
  • 複数の復旧モードを提供します。

デメリット:

  • パスワードの複雑さによって異なり、解析時間がかかる場合があります。
  • 一部のWindowsユーザーは、最新のiOS 13の一部のバックアップが機能しない可能性があると報告しています。

解決策4:Jihosoft iTunes Backup Unlocker

Jihosoft iTunes Backup Unlockerは、iTunesバックアップ暗号化パスワードを簡単に解除できます。 シンプルでわかりやすい操作インターフェースで、初心者のユーザーでもすぐに使い始めることができます。 このソフトウェアは、バックアップデータを損傷することなく、忘れられたiTunesバックアップパスワードを解除するためのシンプルで効果的な方法を提供します。
メリット:

  • WindowsおよびMacと互換性があります。
  • iTunesおよびiOSのすべてのバージョンと互換性があります。
  • 使いやすく、リスクがありません。
  • 3つのパスワードクラッキングモードを提供します。
  • iTunesバックアップへのアクセスをサポートします。

デメリット:

  • CPUアクセラレーションをサポートしていないため、パスワードの検索に時間がかかる場合があります
  • 2016年のプログラミング、ロック解除アルゴリズムが古すぎ。

解決策5:7th Share iTunes Backup Unlocker

7th Share iTunes Backup Unlockerは、iPhone / iPad / iPodのiTunesバックアップパスワード暗号化を解除し、iTunesバックアップファイルへのアクセスを取り戻すのに役立ちます。 ソフトウェアには3つのパスワード解除モードがあり、パスワードの複雑さに応じて解除モードを選択できます。パスワード解除手順は簡単で、3つの手順で完了できます。
メリット:

  • iPhone、iPad、iPod Touchデバイスをサポートします。
  • 使いやすいインターフェイス。
  • 3つのパスワード解除モードを提供します。

デメリット:

  • Macコンピューターはサポートされていません。

四、失われたiPhone / iPadのデータを復元する

上の方法を使用してiTunesバックアップ暗号化を解除すると、iPhoneまたはiPadのバックアップデータが消去される場合があります。データが失われた場合は、iOSデータ復元ソフトRenee iPhone Recoveryを使用できます。もちろん、誤って削除した場合も、ソフトウェアを使用してデータを復元できます。

iOSデータ復元ソフトRenee iPhone Recoveryは、AppleユーザーがiPhoneやiPadから紛失または誤って削除したデータを最も簡単なファイルで最短時間で救出するのに役立ちます。 このiPhoneモバイルデータ復元ソフトウェアは、音楽、写真、ビデオ、aPP、連絡先など、さまざまな種類のファイルをわずか3つの簡単な手順で見つけることができます。されに、さまざまなiOSデバイス、iTunes、iCloudバックアップと完全に互換性があります。

Renee iPhone Recovery - プロのiPhoneデータ転送・復元ソフトiosデータ復元ソフトRenee iPhone Recovery

複数形式復元 写真、ビデオ、連絡先、通信履歴など550以上種類のデータ復元対応。

各iOSデバイス対応 全てのiPhone・iPadを対応可能。例:iPad Pro / iPad / iPad mini / iPhone X / 8 Pl...

シンプルで初心者向きな操作性 初心者も数回のクリックだけでiPad・iPhoneデータをパソコンに保存可能。

無料体験可能 無料体験版でデータを見つけられるか確認可能。

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP で実行可能。

複数形式復元 写真、動画、連絡先、通信履歴など550以上種類...

シンプルで初心者向きな操作性 初心者も数回のクリックだけでi...

各iOSデバイス対応 全てのiPhone・iPadを対応可能...

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
Renee iPhone RecoveryでiPhoneデータを復元する方法

① Renee iPhone Recoveryをダウンロード、インストールしてください。

② USBケーブルでiPhoneをPCに接続し、ソフトを実行し、「紛失したデータを復元」ボタンをクリックしてください。height=”10″ /]Renee iPhone Recoveryを起動します

③「 iOSデバイスから復元」画面で「スキャンを始める」ボタンをクリックします。

復元モードを選択しスキャンを始めます

④ スキャン完了後、転送したい写真を選択して、「復元」ボタンをクリックします。

Renee iPhone Recoveryでデータ保存します

五、その他のバックアップ方法 – iCloud

パスワードを忘れがちな場合は、iCloudなどの他のバックアップ方法を選択することもできます。iCloudバックアップを使用すると、追加の暗号化パスワードを設定する必要がなく、コンピューターを使用せずに手動/自動でバックアップできます。iCloudは、Appleが提供するクラウドサービスで、iPhoneまたはiPadから直接アクセスできます。各アカウントは無料の5Gストレージスペースを提供し、iCloudストレージスペースを拡張するために支払うこともできます。

iCloudを使用すると、iPhone / iPadの写真、ビデオ、連絡先、その他の情報をクラウドに簡単に保存できます。新しいiOSデバイスを交換しても、ワンクリックで新しいデバイスにデータを復元できます。 iCloudを使用してデータをバックアップする前に、WiFiに接続する必要があります。そうしないと、バックアップできません。 同時に、iCloudバックアップは時間がかかり、より多くの電力を消費する可能性があるため、iPhone / iPadを電源に接続する必要があります。

iCloudでバックアップする方法

① 「設定」-「ユーザ名」の順に選択し、「iCloud」をタップします。

icloudバックアップ

②「iCloud バックアップ」をタップします。バックアップのため利用できる最大ストレージスペースはデフォルトで5GBであることに注意してください。さらに多くのストレージスペースが必要な場合は、有料で取得できます。

iCloud バックアップ

③ iCloudバックアップが完了するまで待ちます。 バックアップが完了したかどうかを確認するには、「設定」-「ユーザ名」-「iCloud」-「iCloud バックアップ」に移動します。 「今すぐバックアップを作成」の下に、最後のバックアップの日付と時刻が表示されます。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...