author avatar
  サポートマネージャー  

概要

iPhoneを使用する時さまざまな問題が発生する可能性がありますが、iPhoneを初期化(リセット)して工場出荷状態に戻す方法は役立つかもしれません。iPhoneをリセットすると、すべてのデータは削除されます。 この記事は、ロックおよびロック解除状態でiPhoneの初期化(リセット)方法、データバックアップ・復元方法を紹介します。



目次 CONTENTS

一、iPhone初期化(リセット)について

多くの人は、iPhoneを初期化(リセット)するとどうなりますか? 電話からすべて削除されますか? はい、iPhoneをリセットすると、iPhoneのすべてのコンテンツと設定が消去されます。消去されたコンテンツには、連絡先、写真、ビデオ、アプリケーション、ドキュメント、設定、 その他の個人データiPhoneに保存されています。iPhoneをリセットすると、多くの困難な問題を解決できますが、次のいずれかの状況が発生した場合は、iPhoneを初期化(リセット)て問題を解決することを検討できます。

  • iPhoneが誤動作したり、起動ページでフリーズしたりします。
  • iPhoneロック画面のパスワードを忘れ、が間違ったパスワードを入力しすぎてロックされました。
  • iPhoneのパフォーマンスが低下、iPhoneをリセットして、パフォーマンスを調整できます。
  • iOSの更新中、アプリケーションのインストール中などに、iOSファームウェアが破損またはクラッシュしました。
  • iPhoneを売却または譲渡したい。
  • iPhoneはウイルスに感染し、正常に実行できません。
  • iPhoneのストレージが容量不足。

iphone初期化

メリット:

  • iPhoneのパフォーマンスの改善 — iPhoneがますます使用されるにつれて、アプリケーションをアンインストールした後、キャッシュなど不要なデータと残留データがますます多くなります。これらのデータはバックグラウンドで多くのストレージスペースとRAMを占有し、デバイスの速度に影響します。 iPhoneをリセットすることで、iPhoneのパフォーマンスと速度を向上させることができます。
  • iPhoneを売却または譲渡する際の便利な機能 — iPhoneを他の人に販売または譲渡する前に、プライバシーを保護するためにiPhoneのすべてのデータを消去する必要があります。そして、iPhoneを工場出荷時の状態にリセットすることは良い解決策です。iPhoneをリセットした後、他の人や犯罪者に個人データが読み取られることを心配する必要はなくなりました。
  • iPhoneのさまざまな深刻な問題の解決策 — iPhoneに問題があり(常に再起動/起動ページでフリーズ/アプリケーションがクラッシュし続ける)、解決できない場合は、最終的にiPhoneをリセットして問題を解決できます。iPhoneをリセットすると、すべてのデータが消去されますが、深刻な問題の最も効果的な解決策です。したがって、通常は最後の手段としてのみ使用されます。

デメリット:

  • フラッシュメモリの寿命を損なう — スマートフォンのストレージメディアは一種のフラッシュメモリであり、iPhoneを工場出荷状態にリセットするたびに、フラッシュメモリの寿命が徐々に損なわれます。 ただし、iPhoneのフラッシュメモリへのこの種の損傷は非常に遅く、毎日電話を頻繁にリセットしない限り、デバイスの通常の使用には影響しないため、心配する必要はありません。 そのため、実際のニーズに基づいてiPhoneをリセットしても安心です。
  • iPhoneからすべてのデータと設定を消去 — iPhoneを工場出荷時の状態にリセットすると、すべてのデータと設定が削除されます。 つまり、写真、音楽、ドキュメント、アプリケーションが失われます。

二、iPhone初期化(リセット)前のバックアップ

上の紹介によると、iPhoneを工場出荷時の状態にリセットすると、iPhoneのデータが削除されることがわかります。重要なデータを削除しないためには、iPhoneをリセットする前にデータをバックアップする必要があります。バックアップにはiTunesまたはiCloudを使用できます 。

1、Tunesでバックアップ

iTunesは、Appleデバイスのバックアップに最もよく使用されるツールの1つであり、操作は迅速かつ簡単です。iTunesのバックアップはコンピューター経由でのみ実行でき、バックアップしたデータをコンピューターに保存し、ワンクリックですばやく復元できます。
iTunesでバックアップする手順:
① macOS Catalina 10.15 を搭載した Mac では、Finderを開きます。macOS Mojave 10.14 以前を搭載した Mac または Windows パソコンでは、iTunesを開きます。付属の USB ケーブルでiPhoneをコンピュータに接続します。

② これらのデバイスのパスコードの入力を求めるメッセージや、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、画面上の案内にそって操作します。

③ iTunesの「概要/一般」オプションをクリックし、「バックアップ」タブの下にある「今すぐバックアップ」ボタンを見つけてクリックし、バックアップが完了するまで待ちます。 個人情報を暗号化する必要がある場合は、「ローカルのバックアップを暗号化」を選択できます。

バックアップを暗号化しバックアップする

1、iCloudでバックアップ

iCloudはWebディスクに似ており、データはクラウドに保存され、データのバックアップ/復元はネットワークに依存します。 iCloudの最大容量は2Tですが、最初の5Gのみが無料です。 iCloudバックアップを使用する最大の利点は、他の機器を必要とせずに、WiFiネットワーク接続があればいつでもバックアップできることです。
iCloudでバックアップする手順:

① デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続します。

② 「設定」>「ユーザ名」の順に選択し、「iCloud」をタップします。

icloudバックアップ

③「iCloud バックアップ」をタップします。「今すぐバックアップを作成」をタップします。バックアップが終わるまで、Wi-Fi ネットワークに接続したままにしておいてください。

iCloud バックアップ

進行状況を確認し、バックアップが終わったか確認できます。「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「iCloud バックアップ」の順に選択します。「今すぐバックアップを作成」の下で、最後のバックアップの作成日時を確認できます。

iPhone初期化(リセット)するには?

iPhoneロックパスワードを覚えている場合、iPhoneの設定およびiTunesを使用して、iPhoneを工場出荷時の初期状態にリセットできます。 iPhone 4S以降のデバイスを使用している場合は、以下のリセット方法を開始する前に「iPhoneを探す」を無効にする必要があります。
iPhoneを探すを無効にする手順:

デバイスを開いて「設定」をタップし、自分の名前をタップし、「iCloud」-「iPhoneを探す」をオフにします。

iPhoneを探す

1、設定でiPhoneを初期化(リセット)

操作手順:
①「設定」>「一般」>「リセット」の順にタップします。「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

すべてのコンテンツを設定を消去

② 指示に従って、ロック画面パスワードまたはApple IDパスワードを入力します。 最後に、初期化が完了するまで待ちます。 待機時間は、デバイス上のデータのサイズによって異なります。

2、iTunesでiPhoneを初期化(リセット)

iTunesを使用してiPhoneをリセットする前に、iTunesを最新バージョンに更新し、iPhoneを探すを無効にしていることを確認する必要があります。
iTunesでiPhoneを初期化する手順:

① macOS Catalina 10.15 を搭載した Mac では、Finder を開きます。macOS Mojave 10.14 以前を搭載した Mac または Windows パソコンでは、iTunes を開きます。

② デバイスをコンピュータに接続します。これらのデバイスのパスコードの入力を求めるメッセージや、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、画面上の案内にそって操作します。

③ 「iPhoneを復元」をクリックします。「探す」にサインインしている場合は、「復元」をクリックする前にサインアウトする必要があります。

iPhoneを復元

④ 確認画面が表示されるので、「復元」ボタンをクリックします。iPhoneの出荷時設定復元が終わると、iPhoneが再起動されます。

復元

TipsiTunesを使用してiPhoneをリセットすると便利ですが、場合によっては上のリセット方法が適用されないことがあります。

  • iPhoneをリセットする前にiPhoneを探すをオフにする必要がありますが、iPhoneが文鎮化または起動できない場合、iTunesリセットを使用できません。
  • iPhoneはパスワードを忘れたためロックされており、ロックを解除してiTunesに接続することはできません。

これらの状況のいずれかが発生した場合は、次の解決策を試すことができます。

四、パスワード忘れた時のiPhone初期化(リセット)方法

ロックパスワードを忘れて、iPhoneが無効またはロックされているときに工場出荷時の設定を復元する方法は? 次は、iPhoneを強制的に工場出荷時の状態に初期化(リセット)する3つの方法を説明します。これらの方法は、iPhoneを起動せずに実行できます。

1、Renee iPassFixでロックされたiPhoneを初期化(リセット)

パスワードを忘れてiPhoneがロックされている場合は、iTunesを使用していない場合でRenee iPassFixでiPhoneを初期化(リセット)できます。次の簡単な操作で、デバイスを工場出荷時のデフォルト設定に復元できます。 ここでは、パスワードと信頼の確認なしでiPhoneをリセットする方法を示します。

Renee iPassFixは、多機能なApple修復ソフトウェアです。iPhoneが正常に起動しない場合、ワンクリックでiPhoneを初期化でき、無効なiOSデバイスとロックをすばやく解除できます。専門的なスキルがなくても、iOSシステムのさまざまな問題をいつでも修正できます。このソフトウェアは互換性が高く、最新のiOSデバイスとiOSシステムバージョンを完全にサポートしています。

Renee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフトiPhoneパスワード解除ソフト

パスワード解除起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い全てのiOSを対応。

操作簡単 初心者も自力でパスワード解除可能。

iOS問題修復リンゴループなど問題を修復可能。

対応機種全てのiPhone、iPad、iPod touch対応...

無料体験無料体験無料体験 36143名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
Renee iPassFixでiPhoneを初期化する手順:

① Renee iPassFixをインストールし、開きます。

② iPhone / iPadデバイスをコンピューターにデータケーブルで接続し、ソフトウェアのメインインターフェースで「修復」機能を選択します。

ipassfixメインメニュー

③「修正」ボタンをクリックしてIPSWファームウェアを自動的にダウンロードするか、IPSWファームウェアを手動でダウンロードしてインポートすることを選択します。

修復ボタンをクリックする

④ iOSファームウェアのインストールが完了したら、コンピューターからiPhone / iPadを終了できます。

修復完了

2、iCloudでロックされたiPhoneを初期化(リセット)

iCloudリセットは一種のリモートリセットです。これは、iPhoneが失われたときに、デバイスに保存されている重要なデータが盗まれることを心配することなく、デバイスをリモートでリセットする機能です。 iCloudリセットを使用する前に、iPhoneで「iPhoneを探す」機能がオンになっていることを確認する必要があります。オンにしないと、機能しません。
操作手順:

① iCloudサイトをひらき、Apple IDとパスワードを入力します。

icloudログイン

②「iPad を探す」で「すべてのデバイス」を選択し、対象のデバイスを選択します。

③「iPad の消去」をクリックします。

iPadを消去

注意:
デバイスがネットワークに接続され、電源が入っていることを確認する必要があります。 iPhoneがオンラインである限り、上の手順に従って、自動的にリモート消去が開始されます。 iPhoneがオフラインの場合、次回オンラインになったときにリモートで消去され始めます。

バリモードでロックされたiPhoneを初期化(リセット)

ロックされたiPhoneをリカバリモードで起動し、iTunesを使用して工場出荷時の設定にリセットすることは、ロックされたiPhoneをリセットする一般的な方法です。 これはiTunesやiCloudを使用しない簡単な方法ですが、リセットする前に「iPhoneを探す」がオフになっていることを確認する必要があります。
操作手順:
① WindowsまたはMacに最新のiTunesをダウンロードしてインストールします。 iTunesを開いている場合は、それを閉じます。

② iPhoneをコンピュータに接続したまま、次の手順に従ってデバイスを強制的に再起動してください。ただし、Appleロゴが表示されたらボタンを離さず、リカバリモード画面が表示されるまで待ってから離してください。

  • iPhone 8以降:「音量+」ボタンを押してすぐに離し、次に「音量-」ボタンを押してすぐに離します。 最後に、リカバリモード画面が表示されるまで、側面の電源ボタンを押し続けます。
  • iPhone 7またはiPhone 7 Plusデバイス:「電源」ボタンと「音量-」ボタンを同時に押し続け、リカバリモード画面が表示されるまで両方のボタンを押し続けます。
  • ホームボタンを備えたiPhone 6s以前:ホームボタンと上部(または側面)の電源ボタンを同時に押し続け、リカバリモード画面が表示されるまで両方のボタンを押し続けます。

pc-iphone

③ リカバリモードに入った後、iTunesは自動的にiPhoneを認識します。「iPhoneを復元」をクリックすると、iPhoneのすべてのデータと設定を消去できます。また、iTunesはiPhoneに必要なファームウェアもダウンロードします。

アップデート

Tips以前に同期したコンピューターにiPhoneを接続している場合、iTunesの復元手順を開始するためにリカバリモードに入る必要はありません。

五、初期化(リセット)後iPhoneを復元

iPhoneをリセットする前にデータをバックアップした場合は、iTunesまたはiCloud経由でデータをデバイスに復元できます。

1、iTunesバックアップを復元

操作手順:

① macOS Catalina 10.15 を搭載した Mac では、Finder を開きます。macOS Mojave 10.14 以前を搭載した Mac または Windows パソコンでは、iTunes を開きます。

② デバイスを USB ケーブルでコンピュータに接続します。これらのデバイスのパスコードの入力を求めるメッセージや、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、画面上の案内にそって操作します。

③ Finder ウインドウまたは iTunes に iPhoneが表示されたら選択します。「バックアップを復元」を選択します。

バックアップを復元

④ 各バックアップの日付を見比べて、適切なものを選択します。「復元」をクリックして、復元が終わるまで待ちます。暗号化したバックアップのパスワードの入力が必要な場合は、入力します。

⑤ デバイスが再起動した後も接続したまま、コンピュータとの同期が終わるまで待ちます。同期が終わったら接続を切ることができます。

2、iCloudバックアップを復元

操作手順:

① デバイスの電源を入れます。

②「App とデータ」画面が表示されるまで案内にそって進み、「iCloud バックアップから復元」をタップします。Apple ID で iCloud にサインインします。

iCloud バックアップからデバイスを復元

③ バックアップを選択します。最後まで進むまで、接続したまま待ちます。


何かご不明な点がございますか?

Loading comments...