author avatar
  テストマネージャー  

概要

パソコンの起動が重くなり、動作もだんだん遅くなってしまい、どうしようもない!こんな時はどうしよう?HDDの老化か、性能低下の可能性がありますので、新しいSSDに変換するのは一番効果的な解決方法と思います。元HDDでのドキュメント、ファイル、元パソコンの環境、システム等を含むデータはそのままSSDに移行できますでしょうか?



パソコンの起動が重くなり、動作もだんだん遅くなってしまい、どうしようもない!こんな時はどうしよう?パソコンの整理をして、普段使わないデータを他のHDDに移動して、よく使われるデータのみを残すようにしたが、やはりパソコンの起動スピードが遅い。HDDの老化か、性能低下の可能性がありますので、新しいSSDに変換するのは一番効果的な解決方法と思います。
しかし、元HDDでのドキュメント、ファイル、元パソコンの環境、システム等を含むデータはそのままSSDに移行できますでしょうか?直接一気にシステムを含むデータ丸ごと新しいSSDに移行出来たら楽ですなあと思ったあなたに最適な方法を紹介したいと思います。

⇒ まず、ここをクリックして無料HDD SSDデータ移行ツールを取得してください

HDDからSSDへのデータ移行

HDD SSD 移行するための準備

データの移行はもちろん手動ではやれません。なぜかというと、システム等のファイルを直接コピーしても、システムは利用・起動できません。それに、HDDに複数のパーティション、フォルドがある場合、手動でコピーするものすごく手間かかるでしょう。だから、HDD SSD 移行するためのツールが必要です。
Renee Becca はクローン機能も付いているバックアップフリーソフトです。クローン機能でHDDを丸ごとSSDにクローンすると、そのままパソコンはSSDから起動できます。

HDDからSSDにシステムを含むデータの簡単移行

ステップ1 無料ソフトRenee Beccaをパソコンにダウンロード・インストールします。

動作OS: Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード

ステップ2 「クローン」をクリックします。

SSDをパソコンに接続し、「クローン」をクリックし、「ディスクのクローン」をクリックします。

ディスクのクローンを選択します。

ステップ3 クローン先を選択し、「クローン」ボタンをクリックします。

クローン先とクローン元の指定。ディスクをブート可能にする
注意:

「ターゲットディスクをブート可能にする(システムディスクのみ)」にチェックを入れてください。

HDD(SSD)から起動する必要がなく、ただのデータをクローンする場合、「ターゲットディスクをブート可能にする(システムディスクのみ)」を入れないでください。

最後、お茶でも飲みながら、クローン完了まで待ちます。前のHDDと全く同じデータがSSDに移行されます。
ディスククローン

ステップ4 クローンが完了したら、SSDをパソコンに取り付けます。

HDDをSSDに変換
ヒント:

1、 コンピュータがスリープ状態になると、動作が停止してしまうので、次の設定でスリープ状態になることを防ぎます。「開始ボタン」-「コントロールパーネル」-「システムとセキュリティ」-「電源オプション」-「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」(ウィンドウの左側)- 「コンピューターをスリープ状態にする」の(なし)を選択します。

2、 HDDのOS(Windowsシステム)をSSDに移行したい場合、こちらの解決案を確認してください。

3、 HDDから大きなハードディスクに変換する方法はこちらをご覧ください

パソコン高速化
パソコン高速化したいですか?今すぐ無料ソフトRenee BeccaをダウンロードしてHDDからSSDへ丸ごとデータ移行しよう!
Windows版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...