初心者もわかる簡単なWindows7 ハードディスク交換のHDD移行方法

2017-5-4  Imori  テストマネージャー
 

概要

現在使用しているハードディスク容量が小さすぎて、読み出し及び書き込みの速度も遅くなって、既にデータ量が爆発してしまう状態。直ちにやるべきことはHDDを交換することです。次に初心者もわかる簡単なWindows7HDD交換前のHDD移行方法を紹介します。Windowsシステム、データを丸ごと一気に移行でき、とても便利です。


現在使用しているハードディスク容量が小さすぎて、読み出し及び書き込みの速度も遅くなって、既にデータ量が爆発してしまう状態。このまま我慢して使用することができますが、いつかハードディスクが徹底的に死んじゃって、重要なデータを完全に失われる可能性があるでしょう。直ちにやるべきことはハードディスクを交換することです。ただし、Windowsシステムは新しいハードディスクに使用することができず、もう一回OS(何万円もかかるWindowsオペレーティングシステム)を購入しなければなりません。もっと手間かかるのは、Windowsの新規インストール、オフィス等のソフトのインストール、メール等のバックアップと移行、個人設定のやり直す、ブックマックのバックアップと移行等の操作です。

実際には、こんなことを防ぐため、他の選択があります。Windows7 を新しいハードディスクに丸ごとクローンして、ハードディスクを交換すると、全部の問題を簡単に解決できます。

Windows7 ハードディスク交換の事前準備

次の事前準備をしておけば、更に効率的に・無事にWindows7のハードディスクを交換することが可能です。

ハードディスク – 古いやつより読み出しと書き込みのスピードが速い、容量も多いハードディスクを選択してください。もちろん自分の予算に従ってハードディスクを選択してください。
※注意:
【MBR】形式のハードディスクは扱えるHDDのサイズは最大2TBまで、2TB超えた容量は利用できません。MBR形式を利用し続けたい場合、2TB以上のハードディスクを避けてください。

Renee Becca – 初心者向けのデータバックアップソフト。ハードディスク、パーティション、ファイルからWindowsオペレーティングシステム/データをバックアップするために使用されます。それからハードディスクのクローン、システムの移行機能も備えています。Windows7システムをクローンした後、単にハードディスクを交換すると、いつものコンピュータのように起動できます。このツールの操作はとても簡単・便利で、初心者も手軽に利用できるように設計されています!

>>> こちらから無料体験版をダウンロードする!

Renee Becca 無料ダウンロード
目次に戻る

Windows7 HDDを丸ごと移行してから交換、再インストールする面倒は必要無し!

ステップ1:Renee Beccaをパソコンにダウンロード・インストールします。

動作OS: Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード

ステップ2:Renee Beccaを立ち上がり、左側の【クローン】をクリックします。

クローンを選択します。

ヒント:

ハードディスク交換する前にチュートリアルをクリックしてデータバックアップとクローンのチュートリアルを見ることができます。

ステップ3:【ディスクのクローン】または【システム移行】でHDD交換前のデータとシステム移行作業を行います。

Windows7 HDD 交換するには、【ディスクのクローン】と【システム移行】二つのHDD移行方法があります。

方法1:【ディスクのクローン】を選択し、クローン元とクローン先を選択します。

ディスクのクローン機能はディスク内のプログラム、ファイル、設置ファイル、オペレーティングシステム等を含む全てのデータを丸ごと新しいハードディスクに移動できます。

ディスクのクローンを選択します。
ディスクをブート可能にする

ヒント:

ディスククローン後Windows 7システムをそのままハードディスクから起動したい場合、ディスククローン後、OSシステムをそのまま利用したい場合、「ターゲットディスクをブート可能にする(システムディスクのみ)」にチェックを入れてください。

システムをクローンせず、ただのデータをクローンする時にチェックしないでください。

方法2:【システム移行】を選択し、クローン元とクローン先を選択します。

システム移行機能はオペレーティングシステムがあるパーティションのデータを全て新しいハードディスクに移動できます。

システム移行を選択します。
移動元と移動先を選択します。
ディスクのクローンが完了したら、ハードディスクを交換して、いつものようにコンピュータが起動されます。
目次に戻る

大容量HDDを無駄なく利用する

クローンをすると、元のパーティション、データをそのままコピーされます。クローン先のHDDは元HDDより容量多い部分も簡単に利用できます。次の方法をご覧ください。

1.クローン設定するとき、多い領域を配分する場合

多い容量を配分する

1.同じサイズのパーティションを増やす:

クローン元のHDDとクローン先のHDDの容量差を比例配分してパーティションを作成します。

例:同じサイズのパーティション2つを増やす。

クローン元のHDD:200GB、クローン先のHDD:300GB

変更後結果 -

パーティション追加

2.パーティション拡張:

クローン元のドライブサイズに比例して、未割り当て領域が自動的に元ドライブに追加されます。

例:

クローン元のHDD:60GB

Cドライブ:20GB、Dドライブ:40GB

クローン先のHDD:120GB

Cドライブ:20GB⇒40GB、Dドライブ:40GB⇒80GB

変更後結果 -

パーティション拡張

3.元のサイズを維持:

クローン先はクローン元より多い容量を処理しません。未割り当て領域のままにします。

例:クローン元のHDD:200GB、クローン先のHDD:300GB

変更後結果 -

元のサイズを維持
目次に戻る

2.クローン設定するとき、多い領域の配分を忘れた場合

クローンする時、多い容量配分の設定が忘れた場合、もしくはシステム移行をした場合、クローン完了後、次の方法で多い容量を利用できるようにすることもできます。
大容量HDD無駄なく利用する
注意:

これはHDD変換完了後利用できる、多い領域の配分方法です。HDD変換前にこの方法を利用すると、交換後、HDDから正常にパソコンを起動できなくなります。

ステップ1:【ツール】-【ディスクの管理】をクリックします。

ディスクの管理画面が表示されます。

ディスクの管理

ステップ2:ハードディスクの未割り当て部分を右クリックし、「新しいシンプルボリューム」をクリックします。

すると、新しいパーティションが作成され、ハードディスクは無駄なく十分に利用でます。

新しいボリューム作成
注意:

  1. 大容量のHDD導入時には注意!MBR形式のHDDは「2TB の壁」という容量の壁が存在するため、最大2TBの容量のみ利用できません。従って、MBR形式のHDD容量が2TBを超えた場合、2TB超え部分の容量配分ができません。
  2. MBR形式のHDDは、プライマリパーティションは4つまでしか作れません。すでに4つのパーティションが存在した場合、パーティションを増やすことができません。多い容量は既存のパーティションに拡張してください。
目次に戻る
HDDは壊れかけていますか?まだ間に合う内にOSを含んだHDDを丸ごと移行し、ハードディスクを交換しておきましょう。Windows7以外、Renee BeccaはWindows 10 / 8.1 / 8 / Vista / XP などOSのHDD移行も対応できます。今すぐソフト無料体験版をダウンロードしWindows 7 HDD交換の準備をしましょう!
Windows版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>