author avatar
  テストマネージャー  

概要

HDDが突然の故障で死んでしまったら、起動もできず、中のデータも取り出せないよう状態になります。このような状況になると非常に困ることになります。HDDクローンはコピー元のHDDのOSを含むデータをそのままコピー先のHDDやSSDに移植できます。次にHDDのデータコピー方法を紹介したいと思います。


HDD コピーHDDが突然の故障で死んでしまったら、起動もできず、中のデータも取り出せないよう状態になってしまいます。このような状況になると非常に困ることになります。
だから、データ、HDDの意外を防ぐため、普段からPCの内蔵HDDやSSDが壊れる前にバックアップとしてクローンを作っておくのはいい予防方法と思います。HDDクローンはコピー元のHDDのデータ(OSを含む)をそのままコピー先のHDDやSSDに移植できます。万が一、元HDDが壊れた、バックアップ用のHDD/SSDをパソコンに交換すると、元のままパソコンを利用することができます。
次にHDDのデータコピー方法を紹介したいと思います。
ここをクリックして無料HDDコピーツールをダウンロードします

無料HDDコピーツール Renee Becca

Renee Beccaはデータバックアップ、HDDクローン等の機能がある無料ソフトです。HDDクローン機能はHDDのデータ(OSを含む)を丸ごとコピーとHDDのOS(Windows システム)のみコピーすることができます。HDDコピーするときは必要に応じて選択してください。次はHdd のデータをそっくりそのままコピーする方法を紹介しています。HDDのOSのみを移行したい場合、HDDからSSDにOSを移行する方法を参照してください。

HDD内のOSを含むデータのコピー方法

ステップ1 Renee Beccaをパソコンにダウンロード・インストールします。

動作OS: Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード

ステップ2 コピー先のHDD/SSDをパソコンに接続し、「クローン」- 「ディスクのクローン」をクリックします。

ディスクのクローンを選択します。

ステップ3 コピー先のHDDとコピー元のHDDを指定し、「クローン」ボタンをクリックします。

ディスクをブート可能にする
注意:
1、 Renee Beccaは自動的にパソコン内蔵HDDと外付けHDDを識別できます。
2、 システムを移行する時は「ターゲットディスクをブート可能にする(システムディスクのみ)」にチェックを入れてください。チェックしないと、システムは外付けHDDから起動できなくなります。
最後、お茶でも飲みながら、コピー完了まで待ちます。前のHDDと全く同じデータが外付けHDDにコピーされます。
ディスククローン
HDDが壊れたら、このバックアップ用のHDD/SSDにを元パソコンに交換すると、元のままパソコンを起動・使用できます。
HDDをSSDに変換
ヒント
1、 コンピュータがスリープ状態になると、動作が停止してしまうので、次の設定でスリープ状態になることを防ぎます。「開始ボタン」-「コントロールパーネル」-「システムとセキュリティ」-「電源オプション」-「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」(ウィンドウの左側)- 「コンピューターをスリープ状態にする」の(なし)を選択します。
2、 HDDから大きなハードディスクに変換する方法はこちらをご覧ください
今すぐ無料ソフトRenee BeccaをダウンロードしてHDDのデータをコピーしよう!
Windows版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...