author avatar
  サポートマネージャー  

概要

コンピュータをしばらく使用した後、Cドライブの容量はどんどん小さくなっています。 不要なファイルを削除しても、Cドライブの空き容量が不足しています。 この記事では、Cドライブの容量不足の問題を解決するための3つの実用的な対処法を紹介します。



一、Windows10Cドライブ容量不足の対処法

方法1:Windows10不要なファイルを削除する

ストレージセンサーはWindows 10に組み込まれている便利な機能で、ユーザーは不要な一時ファイルをすばやくクリーンアップできます。この機能をオンにすると、自動的にアプリで使用されていない一時ファイル、30日以上ごみ箱に入れられていたファイル、Downloadsフォルダ内で30日間連続して変更されていないファイル、および以前のバージョンのWindowsを含むWindows.oldファイルを削除します。 Windows 10 Creator Update以降のバージョンなら、この機能があります。
① 同時に「Windows」+「I」キーを押してWindows設定を開きます。 それから「システム」をクリックしてください。
windows10システム
② 「ストレージ」-「ストレージセンサー」をオンにします。「空き領域を増やす方法を変更する」をクリックします。
ストレージセンサーをオンにする
③ 一時ファイルやゴミ箱のファイルを選択し、「今すぐクリーンアップ」ボタンをクリックします。
不要なファイルを削除する

方法2:Cドライブのデスクトップファイルを他のドライブに移動

Windows 10デスクトップファイルは、デフォルトでシステムディスク(通常はCドライブ)に保存されています。 ほとんどのユーザーはデスクトップにファイルやアプリケーションを直接配置することを好みますが、デスクトップファイルが増えるとCドライブの容量はますます小さくなり、これがコンピューターの実行速度に影響します。 したがって、Windows 10デスクトップのパスを直接変更し、ファイルやアプリケーションをDドライブまたは他のシステムドライブ以外の大きなスペースに格納して、Cドライブの負荷を効果的に減らすことができます。
① 大容量の空き容量を持つDドライブまたは他のシステム以外のドライブに新しいフォルダを作成し、 「デスクトップ」という名前を付けます。
② エクスプローラーを開き、「デスクトップ」を右クリックし、「プロパティ」をクリックします。
デスクトップのプロパティをクリックする
③ 「デスクトップのプロパティ」で「場所」タブで保管場所を変更し、「移動」ボタンをクリックします。
プロパティの場所で保存場所を変更

方法3:Cドライブを拡張する

元々Cドライブに割り当てられる容量が少なく、使用時間が長くなり、Cドライブのスペースがますます小さくなります。 Cドライブの容量不足の問題を効果的に解決するために、Windows 10のディスク管理ツールを使用して、Cドライブの他のパーティション用の容量を割り当てることもできます。 一般に、ディスク容量の調整は、同じディスクのドライブの間でのみ可能です。なお、Cドライブと隣のパーティションの間のみ容量調整できます。例えば、Cドライブの隣はDドライブの場合、CドライブとDドライブで容量調整できます。CドライブとE/Fドライブの間で容量調整できません。
注意:ボリュームの縮小はデータ紛失してしまう可能性があるので、事前にバックアップしておいたほうが安全です。
① 同時に 「Windows」 + 「R」キーを押して実行ボックスを開きます。 次に「diskmgmt.msc」と入力して「Enter」キーを押します。
diskmgmt.mscを入力
② ディスクの管理でCドライブの隣のドライブを右クリックし、「ボリュームの縮小」をクリックします。「縮小する領域のサイズ」が表示されるので、「縮小」ボタンをクリックします。変更する場合は変更してください。
縮小領域のサイズ
③ Cドライブを右クリックし、「ボリュームの拡張」をクリックします。
ボリュームの拡張」をクリックします
④ デフォルトでは未割り当て領域のサイズが表示されているので、「次へ」をおします。変更する場合は変更してください。
ディスク領域の選択
Cドライブを拡張できない場合、次の手順でボリュームを削除してから、Cドライブを拡張します。
② Dドライブを右クリックし、「ボリュームの削除」をクリックします。
ボリュームの削除
③ Cドライブを右クリックし、「ボリュームの拡張」をクリックします。
ボリュームの拡張」をクリックします
④ デフォルトでは未割り当て領域のサイズが表示されているので、「次へ」をおします。変更する場合は変更してください。
ディスク領域の選択

二、重要なファイルをバックアップする方法

Cドライブのジャンクファイルのクリーンアップや容量の拡張を行うとデータが失われる可能性がありますので、大切なファイルのデータはあらかじめバックアップしておくことをすすめます。 バックアップと復元ソフトRenee Beccaをすすめます。 このツールは、システム、ハードディスク、パーティション、およびファイルのバックアップと復元を行い、バックアップ計画の設定をサポートし、差分/増分バックアップを実行できます。
Renee Becca - クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールクローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

無料体験無料体験 26800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
Cドライブ容量を減らす前に、Renee Beccaのバックアップ機能で、先にファイルをバックアップできます。次に詳しい操作手順を紹介します。

ステップ1:ソフトを起動し、「バックアップ」でバックアップする種類を選択します。

システム/ディスク/パーティション/ファイルのバックアップも可能です。

ステップ2:自動バックアップしたいデータとバックアップ保存先を選択します。

※更新頻度の高いファイルを選択し、自動バックアップしておいた方がいいです。日常的に更新を加えないファイルなら、一度バックアップすれば十分。バックアップする前に、更新頻度の高いと低いファイルを分けて、別々のフォルダに整理しましょう!

バックアップ元とバックアップ先の指定

ステップ3:スケジュールを設定します。

バックアップをオンにすると、指定した時間に自動的にバックアップすることができます。自動実行させたくない場合はこのステップをスキップします。

スケジュールの指定

ステップ4:バックアップ方式を指定し、バックアップします。

適合なバックアップ方式を指定することにより、時間とスペースの節約ができます。

バックアップスキームの指定
どれを選んだらいい?

バージョンチェーンスキームとは、最近の6つのバージョンが保持されます。最初は完全バックアップバージョンが作成され、それ以降、5つの差分バックアップバージョンが作成されます。続いて、完全バックアップバージョンと、5つの差分バックアップバージョンが作成され、これが繰り返されます。新しいバックアップバージョンを作成後自動的に最も古い差分バックアップバージョンが削除されます。手動削除しなくても、いつも最新バージョンを保存する上、ハードディスクの使用容量も最小化にします。

バージョンチェーンスキーム
増分バックアップとは、前回のバックアップより増えたもののみバックアップするということです。初回バックアップは完全のバックアップをします。
増分バックアップ
差分バックアップとは、毎回バックアップする時は初回バックアップと比較し、差の分のみをバックアップすることです。初回バックアップは完全のバックアップをします。
差分バックアップ
これでバックアップは完了しました。

バックアップしたファイルを復元したい場合、「タスク」で作成したバックアップファイルを探し出します。

「リカバリー」ボタンをクリックします。

バックアップ完了
次のビデオからバックアップ方法を確認できます。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...