author avatar
  テストマネージャー  

概要

多くのユーザーは、Windows 10にアップグレードした後、USBメモリまたは他のデバイスをコンピュータに接続すると、開くことができず、デバイスが移行されませんでした、0xc0000719というエラーメッセージが表示されます。この記事は、このエラーの原因とエラーに対するいくつかの解決策4つを紹介します。



一、デバイスが移行されませんでした・0xc0000719エラーの原因

Windows 10にアップグレードした後、USBデバイス・モニター・Bluetoothデバイスなどのデバイスは使用できなくなりました。デバイスマネージャを開いてデバイスのプロパティを確認すると、「デバイスが移行されていませんでした」(状態: 0xc0000719)が表示されます。
デバイスが移行されませんでした0xc0000719
これらエラーが出る原因は次のような可能性があります。

  • ① Windowsシステムファイルが破損している
  • ② ドライバはコンピュータと互換性がない
  • ③ デバイスドライバが破損している

これらの原因によるエラーは次の解決方法があります。

二、デバイスが移行されませんでした・0xc0000719エラーの解決方法

方法1:システムファイルを検査

システムファイルが破損している場合、デバイスは正常に移行できない可能性があります。システムファイルを回復するには、次の手順を実行してください。
① 検索ボックスに「cmd」と入力します。次に、検索結果でコマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」を選択します。
コマンドプロンプト
② コマンドプロンプトウィンドウに「sfc / scannow」と入力して、キーボードの「Enter」キーを押します。
「sfc /scannow」を入力する
③ スキャンが終了するまで待ちます。通常15〜45分がかかります。破損したファイルがある場合、システムファイルチェッカーは自動的に修復します。
④ コンピューターを再起動したら、デバイス正常に動作できるかを確認します。

方法2:チップセットドライバを更新

コンピュータまたはハードウェアが誤動作で、ハードウェアが正しく検出されない可能性があります。したがって、チップセットのドライバがアップデートされているかを確認する必要があります。対応するチップベンダーの公式Webサイトで確認してください。

方法3:デバイスドライバを再インストール

デバイスに「デバイスが移行されていませんでした」というエラーが表示される場合は、ドライバが破損しているか互換性がないことが原因である可能性があります。さらに、サードパーティ製のソフトウェアを使用してコンピュータのドライバを更新すると、これも競合を引き起こす可能性があるため、サードパーティ製のソフトウェアを使用してドライバを更新することはお勧めできません。

①検索欄に「デバイスマネージャー」を入力し、デバイスマネージャーをクリックます。

「デバイスマネージャー」を入力
②目標デバイスを右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。
USB Root Hubのアンインストール
③PCを再起動します。Windows10は自動的に接続デバイスのドライバを再インストールします。デバイスをPCを再接続して、正常に動作できるかを確認します。

方法4:別のUSBポートを試す(USB装置・ハードディスク対応)

USBデバイスがコンピュータに接続されていて、「デバイスが移行されていませんでした」というエラーが表示される場合は、そのデバイスをコンピュータの他のUSBポートに接続することをお勧めします。別のUSBポートに差し込んでも問題を直接解決できない場合は、方法3のデバイスマネージャでコントローラドライバを「アンインストール」し、Windowsコンピュータを再起動してオペレーティングシステムに新しいドライバを検索させます。

上の方法で問題が解決しない場合は、ディスク全体をフォーマットして再インストールする方法があります。システムを再インストールする前に、データのバックアップをすすめます。バックアップ・リカバリーソフトウェアRenee Beccaでてバックアップすることをすすめます。

三、Renee Beccaでバックアップ・リカバリー

Renee Becca - クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールクローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

無料体験無料体験 26800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

一部のHDDデータを移行する

Renee Beccaのファイルバックアップ機能はハードディスクにある一部のデータをバックアップし移行できます。

① Renee Beccaをダウンロードして、インストールします。

Windows版無料ダウンロード
②  「バックアップ」-「ファイルのバックアップ」をクリックします。
ファイルのバックアップ
③  他のHDDやSSDをバックアップ先としてのHDDやSSDをパソコンに接続し、バックアップとバックアップ先を指定します。
バックアップ元とバックアップ先の指定
④  定期自動バックアップが必要な場合、スケジュールを設定します。

定期自動バックアップが必要ない場合、このステップをスキップしてください。

スケジュールの指定
⑤  バックアップ方式を指定し、バックアップします。

定期自動バックアップをしない場合、このステップもスキップして問題ないです。定期バックアップする時、効率的なバックアップ方式を設定すると、時間と空間を節約できます。

バックアップスキームの指定

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...