author avatar
  サポートマネージャー  

概要

この記事は、各方面から現在人気のファイル保護ソフト3つを比較して紹介します。そして、最も優れたソフトを勧めます。


【超簡単】初心者向けのファイルロック方法3つ

プライベートファイルをパスワードでロックし保護したいですか?

会社で同僚とコンピュータを共有していますが、プライベートファイルが他人にアクセスされたくないですか?

コンピュータでのプライバシーが家族に覗かれたくないですか?

多くの人はそう考えていますが、プライベートファイルのロックソフトが分からなくて、悩んでいるでしょう。次には、現在人気のファイルロック方法3つを紹介します。

方法一:Folder Protector

Folder Protectorはインストールする必要がありません。保護したいフォルダにこのソフトを置くだけで、ソフトによってパスワードを設定し、パスワードでファイルをロックすることができます。

メリット:

操作簡単。ソフトサイズが小さい。

デメリット:

フォルダを1つずつパスワードを設定する必要があります。パスワードも別々に設定しなければなりません。ロックフォルダの一括管理はできません。

操作手順:

ステップ1:保護したいファイルのフォルダにソフトを置き、ソフトを起動し、パスワードを設定します。

パスワードを設定します

すると、パスワード解除用の実行ファイルだけ残り、他のファイルは全部隠されます。

パスワード解除用の実行ファイルを除いて、全部のファイルが隠されます

ステップ2:ファイルをアクセスしたい時、フォルダのソフトをダブルクリックし、パスワードを入力します。

ロック解除の方法は三つあります。

仮想ドライブ - 仮想のフォルダのみに暗号化したファイルをアクセスできます。フォルダを閉じたら、ファイルがロック状態に戻ります。

一時的に解除 - 一時的にファイルロックを解除します。解除した後、新しいインタフェースが表示されます。ロック解除或いはロック状態に戻すか選択できます。

完全解除 - ロックを完全に解除します。

パスワードを入力します
目次に戻る

方法二:Folder Lock

Folder Lockのファイルロック方式は特別です。このソフトはディスクの一部分の容量を借りて仮想パーティションを生成します。ソフトを終了すると、仮想パーティションは非表示になり、そのパーティションにあるファイルが全部ロックされます。これで、パスワードを再入力しないかぎり、データをアクセスすることはできません。

それに、このソフトは、操作記録のクリーンアップなどの多くの機能も提供しています。

メリット:

ファイルロック機能だけではなく、他のファイル保護機能も提供します。

デメリット:

①暗号化の方式は特別ですが、操作が複雑すぎで、仮想パーティションの作成には複数の設定が必要です。それに、暗号化したファイルをアクセスしたい時、ソフトと仮想パーティション両方のパスワードを入力しなければならないです。

②他の特別な機能は多くのユーザーにとってあまり役立ちません。

操作手順:

ステップ1:ソフトを起動し、「Encrypt Files」-「Create Locker」をクリックします。

「Encrypt Files」-「Create Locker」をクリックします

ステップ2:仮想パーティションに名前をつけます。そして、保存場所を指定します。

仮想パーティションに名前をつけます。そして、保存場所を指定します。

ステップ3:パスワードを設定します。

パスワードを設定します

ステップ4:仮想パーティションのタイプとサイズを選択します。「Next」をクリックしたら、仮想パーティションの作成ができます。

仮想パーティションのタイプとサイズを選択します
作成した後、ソフトのファイルリストで仮想パーティションが表示されます。それをダブルクリックし、パスワードを入力したら、パーティションにアクセスできます。そこにコピーしたファイルをアクセスしたかったら、パスワードを入力する必要があります。
仮想パーティションのアイコンが表示されます
目次に戻る

方法三:Renee File Protector

Renee File ProtectorはPC / USBメモリ / 外付けHDD / SDカードなどの設備のファイル、フォルダ、またはドライブをロックし(読込/書込/実行不可能)、隠す、暗号化することができます。

 Renee File Protectorの機能

ファイルロック

 

隠す – ファイル/フォルダ/ドライブを見えない状態にします。

ロック – ファイル/フォルダ/ドライブを開けないようにします。ロックしたデータは「読込+書込+実行+削除不可能」の状態になります。

保護 – ローカルのファイル/フォルダ/ドライブを書き込めないようにします。保護したデータは「読取可能、書込不可」の状態になります。

モニタ – ローカルHDDのファイル/フォルダに対して何の操作をしたか監視する機能。監視したいファイル/フォルダ/ドライブを追加したら、読み取りおよび書き込み操作はログ形式でソフトに記録されます。ソフトの所有者はいつでもログを出力し、コンピュータの実行履歴を分析することができますので、タイムリーに疑わしい操作を見つけることに役立ちます。

暗号化 – 暗号化する方法が二つあります。gflにする場合はソフトをインストールしなければ、ファイルを復号できません。exeにする場合はソフトをインストールしなくても他のコンピューターに復号できますので、汎用性が高いです。プライベートファイルを他のコンピュータに移行する時には、exeに暗号化するのはオススメです。

無料体験

名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

メリット:

①ファイル/フォルダ/ドライブロックに対応します。

②ロック以外、暗号化、隠すなどの保護方式もあります。異なるニーズに対応できます。

③モニタや安全削除などの補助機能もあります。

デメリット:

外付けメディアの場合には、保護機能(読取可能、書込不可)を提供せず、暗号化、隠しとロック機能のみがあります。

操作手順:

操作方法はかなり簡単で、ターゲットファイルをドラッグ&ドロップすることでファイルを保護できます!また、右クイックメニューバーで操作しても良いです。次にはロックを例に具体的な操作手順を紹介します。

ステップ1:ソフトを起動し、パスワードを設定します。

初期設定

ステップ2:「ロック」をクリックします。右側にロックしたいファイル/フォルダ/ドライブを選択したら、ロックが完了です。

ロックしたいファイル/フォルダ/ドライブをメインメニューにドラッグ&ドロップすることでロックしても良いです。或いは、右クイックメニューバーで操作することもできます。

データをロックする方法
目次に戻る

まとめ

  • Folder Protectorは操作が簡単ですが、一括ロック機能がなく、複数ファイルを処理する時は不便、ちょっと面倒かもしれません。
  • Folder Lockは特別な機能が沢山ありますが、ファイル保護において十分ではありません。それに、暗号化方式が特別ですが、操作が複雑すぎです。

上記二つのソフトと比べると、Renee File Protectorは一番おすすめします。操作が簡単で、ファイル保護方式がたくさんあります。安全性も抜群

Windows版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...