author avatar
  テストマネージャー  

概要

この記事は情報漏洩予防のため知っておくべき秘訣【鍵付きフォルダ】の簡単かつ安全な運用方法を紹介します。


お問い合わせ 大切な写真などのデータは鍵付きフォルダに保存し、他人に見られたくない、何か簡単安全な方法はないでしょうか?

鍵付きフォルダ鍵付きフォルダに保存する方法は ファイル偽装でもない、ファイル形式変換でもない、パソコンでユーザー設定するようなことでもない、圧縮フォルダでもない!   単にフォルダに保存したファイルを暗証番号を入れなければ開かないというような簡単な方法です。単純にフォルダをパスワードで管理するものです。   確かにこれは一番簡単かつ安全なファイル保存形式です。情報漏洩予防の効果もあります。 しかし、このような簡単かつ安全なファイル保存形式でどのように実現できますか?   次に情報漏洩予防のため知っておくべき秘訣【鍵付きフォルダ】の簡単かつ安全な運用方法を紹介します。

【鍵付きフォルダ】の簡単かつ安全に運用するためのツール

Renee File Protector という高度な暗号化技術を使ったフォルダ暗号化ソフトを利用すると、鍵付きフォルダは簡単かつ安全に管理できます。なぜかというと、Renee File Protectorはセキュリティ機能満載のAll in One暗号化ソフトです。 Windows10、8.1、8、7、Vista、XPなどの環境も対応できます。

鍵付きフォルダ管理ツール! – Renee File Protector

ファイルロック

  • 安全 – 暗号化アルゴリズムが非常に頑固。最高レベルの暗号化方式、非常に強固な世界標準の暗号アルゴリズム(AES-256)を採用、「AES」は米国政府が標準で使用し、日本政府も推奨する最高レベルの暗号化方式。
  • 強力 – フォルダの非表示、暗号化、ロック、安全削除など情報漏洩に強い機能が満載。PCの他、外付けHDD、USBメモリ、SDカードなどデバイスのデータも強力に保護できます。
  • 操作容易 – 操作が直感的にわかりやすい仕様。初心者も簡単かつ安全に鍵付きフォルダを管理可能。
  • サポート提供 – 他のフリーソフトがサポート無しのため、パスワード忘れると、救出の方法はありません。Renee File Protectorは技術サポートを提供し、製品版はメールアドレスを登録すると、パスワードを忘れた場合、救出する方法があります。
  • 無料利用可能。 - フリーで全機能利用可能!
無料体験
名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
目次に戻る

【鍵付きフォルダ】の簡単かつ安全な運用方法

このツールはフォルダをロック(読込・書込・実行不可能)、暗号化することもできます。二つの方法もパスワードを入れないと、フォルダを開けません。フォルダ名も暗号化できます。

1.フォルダをロックし、パスワードなしで開けない/削除できないようにする。

1.1 フォルダをロックする方法

ステップ1:ソフトをパソコンにダウンロード、インストールします。

動作OS:Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP 等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード
インストールするとき、初期設定します。 【パスワード】:ソフトを起動するためのパスワード。ファイルをロックしたり非表示したりする時が要求されます。 【メールアドレス】:パスワード忘れた時、パスワードを再取得するためのメールアドレス。パスワード忘れを防ぐため、入力をおすすめします。
初期設定
ステップ2:右クリックでフォルダをロックします。

フォルダを右クリックし、「Renee File Protector」-「ロック(読込+書込+実行を拒否)」をクリックすると、ソフト起動パスワードが要求されます。ステップ1で設定したパスワードを入力すると、フォルダがロックされます。

フォルダをロックする
パスワードを入力します。

無料版は123456のパスワードのみ利用できます。

フォルダロックのパスワードを入力
ロック作業が完了します。フォルダを開くには、先にロックを解除する必要があります。

直接フォルダをダブルクリックすると、エラーメッセージが表示され、開けません。

ロックしたフォルダを開こうとすると表示されるメッセージ
目次に戻る

1.2 フォルダロックを解除する方法

ステップ1:右クリックでフォルダロックを解除します。

フォルダを右クリックし、「Renee File Protector」-「解除(読込+書込+実行を有効)」をクリックすると、ソフト起動パスワードが要求されます。パスワードを入力すると、フォルダがロックが解除されます。

フォルダロックを解除する
目次に戻る

1.3 フォルダロックのメリット・デメリット

メリット:パスワードをわからないと、ロックしたフォルダを開けない他、フォルダ自身を削除できません。 デメリット:フリー版はロックパスワードを自由に設定できません。パスワード「123456」のみ利用できます。自由にパスワードを設定したい場合、製品版の購入をおすすめします。
目次に戻る

2.フォルダを暗号化し、鍵付きフォルダを管理する。

2.1 フォルダを暗号化する方法

ステップ1:ソフトをパソコンにダウンロード、インストールします。

動作OS:Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP 等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード
ステップ2:右クリックでフォルダを暗号化します。

フォルダを右クリックし、「Renee File Protector」-「gflに暗号化」/「exeに暗号化」をクリックします。

フォルダを暗号化する
パスワードを設定します。

無料版でも任意のパスワードを設定できます。フォルダ名も変更できます。

フォルダ暗号化のパスワードを入力、フォルダ名も変更可能
区別:
  • gflに暗号化:gfl形式の暗号化ファイルを復号化するには、ソフトをインストールする必要があります。ファイルサイズの制限がありません。
  • exeに暗号化:exe形式に暗号化すると、ソフトをインストールしなくても復号化できます。ファイルサイズの制限があります。最大4GBのファイルを暗号化できます。
暗号化作業が完了します。次のようなファイルが作成されます。
暗号化したフォルダ
目次に戻る

2.2 暗号化フォルダを復号化する方法

ステップ1:暗号化フォルダをダブルクリックして復号化します。

フォルダをダブルクリックし、パスワードを入力すると、復号化されます。

フォルダを復号化する
目次に戻る

2.3 フォルダ暗号化のメリット・デメリット

  • メリット:フリー版でも自由にパスワードを設定できます。
  • デメリット:パスワードをわからなくても、暗号化したフォルダを削除できます。フォルダを削除させたくない場合、フォルダロック機能を利用してみてください。
目次に戻る

動画で確認 – 鍵付きフォルダを管理する方法

動画で鍵付きフォルダを管理する手順を確認できます。
以上は情報漏洩予防のため知っておっくべき、鍵付きフォルダを簡単かつ安全に運用する方法です。 Renee File Protectorは複数のデータ保護方案を提供しています。必要に応じて、上の方法を利用してみてください。もしくはお問い合わせください。   無料で情報保護機能を利用出来るので、まずダウンロードして、試してみてください。
Renee File Protector 無料ダウンロード
目次に戻る
ヒント: 情報漏洩対策ソフトRenee USB Blockと一緒に使い、万全な情報漏洩対策を構築することができます。USBメモリ等のリムーバブルメディアによる重要資料漏洩もしくはウイルス感染のリスクを最小限にします。 後無料データ抹消ソフトもあります。

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...