author avatar
  サポートマネージャー  

概要

プログラムの実行またはファイルを開こうとしたときに、「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。アクセス許可がない可能性があります。」エラーが発生したことがありますか? この記事は、このエラーの原因と対処法を紹介します。



指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。

一、「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。」エラーの原因

「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。これらの項目にアクセスするための適切なアクセス許可がない可能性があります。」エラーは、プログラムのインストール、実行、更新中、OfficeまたはPDFドキュメントを開こうとした時に発生する可能性があります。 このエラーにより、プログラムまたはファイルを開くことができなくなります。

このエラーの場合、コンピューターを再起動しても修正できません。このエラーの原因は何ですか?この問題を解決する方法はありますか? 次に詳しく紹介します。

指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。

実際、多くの理由により、「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません」エラーが出る可能性があります。一般的な理由は次の通りです。

  • ウイルスの感染。 ウイルスに感染すると、プログラムやファイルの破損、さらには削除につながります。
  • ファイルはロックされています。 プログラムまたはファイルへのアクセスはロックされており、開くことができません。
  • ユーザーアカウントには管理者権限がありません。 一部のプログラムまたはファイルにアクセスするには、管理者権限が必要です。
  • ファイルパスが間違っています。 プログラムまたはファイルが別のフォルダーに移動されたか、ファイルパスにエラーがあり、プログラムまたはファイルにアクセスできませんでした。
  • 外部デバイスの接触不良。 外部デバイスのプログラムまたはファイルにアクセスする場合、デバイスとコンピューター間の接触不良のためにアクセスできない場合があります。

二、Renee Undeleterで失われたデータを復元する

「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。このアイテムにアクセスするための適切なアクセス許可がない可能性があります。」エラーが発生した場合、コンピューターまたはディスク上のプログラムまたはファイルが削除または破損している可能性があります。 重要なデータの損失を回避するために、このエラーを修正する前に、プロのデータ復元ソフトRenee Undeleterを使用して、コンピューターディスクをスキャンし、貴重なデータを復元することをすすめます。

Renee Undeleterは、さまざまなデータファイルを復元するために使用されるソフトです。誤って重要なファイルを削除したり、ゴミ箱を空にしたり、ディスクをフォーマットしたりした場合は、このツールを使用して失われたデータを元に戻すことができます。 このソフトは、ファイルリカバリ、フォーマットリカバリ、パーティションリカバリ、イメージ作成を含む4つの機能モジュールがあり、すべてのデータ損失の問題を解決するのに役立ちます。

おすすめ - ADsRenee Undeleter - データ復元の専門家 データ復元ソフトRenee Undeleter

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モードでデバイスをスキャンし、データをお見つけ出すだけで、データへの修正等の操作は一切ありません。

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、地図、ワード、ドキュメント、PDF、メール、写真等よく利用されるファイルを復元可能。

プレビュー機能付き スキャン中もプレビュー可能、目標データが出たら、スキャンを中止でき、高速に復元可能。

多OS支持Windows 10,8.1,8,7,Vista,XP,2000及びMac OS X10.6,10.7,10.8

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モード復元、データへの修正等の操作...

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、メール、写真等復...

無料体験無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!
Renee Undeleterでデータを復元する操作は非常に簡単です、次に詳しく紹介します。
① ソフトをインストールし、外付けデバイスを復元したい場合、PCに接続します。ソフトを起動し、「パーティションの完全スキャン」モードを選択します。

注意:データ上書きを防ぐため、復元したいドライブにソフトをインストールしないでください。

「パーティションの完全スキャン」をクリックします

復元モードの紹介:

  • クイックパーティションスキャン – ファイルタイプを指定することで素早く削除したデータを復元します。
  • パーティションの完全スキャン – パーティションを丸ごとスキャンし、削除したファイルを復元します。
  • ディスクの完全スキャン – ディスクをまんべんなくスキャンし、すべてのファイルを救出します。
  • ミラーリング作成 – データの損失を防止するためにディスクをバックアップします。

② スキャン対象にSDカードを選択し、スキャンモードを選択し、「次へ」をクリックします。

スキャンしたいSDカードを選択し、「次へ」をクリックします

③ スキャンが完了したら、ファイルを見つけ出し、チェックを入れて、「復元」ボタンをクリックします。データ上書きを防ぐため、復元したデータを元の場所じゃなく、他のドライブなどに保存してください。

復元データをプレビュー

ディスクからデータを正常に復元した後、Windowsが指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできませんという問題の修復を開始できます。

三、「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。」エラーの対処法

1.セキュリティセンターの設定を変更する

プログラムのインストール中にこのエラーが発生した場合は、[Windowsセキュリティセンター]に入って設定を変更できます。

① [スタート]ボタンをクリックし、[設定]>[更新とセキュリティ]>[Windowsセキュリティ]>右の列の[Windowsセキュリティを開く]をクリックします。

Windowsセキュリティを開く

② [アプリとブラウザーコントロール]を選択し、[評判ベースの保護設定]をクリックします。

評判ベースの保護設定

③ [望ましくない可能性のあるアプリのブロック]で、スイッチボタンをクリックして機能をオフにします。つまり、[アプリをブロックする]と[ダウンロードをブロックする]のチェックを外します。

望ましくない可能性のあるアプリのブロック

④ [Windowsアプリケーション]インターフェースで、[OK]をクリックします。

⑤ コンピュータを再起動し、前の操作を試して、問題が解決したかを確認します。

2.プログラムまたはファイルの制御権限を変更する

アプリケーションの実行可能ファイルまたは作業ドキュメントがロックされている場合、権限が制限されているため、実行または開くことができない場合があります。 この時、ファイルのアクセス許可を変更してファイルを開くことができます。

① 対象ファイルを右クリックして[プロパティ]を選択します。

プロパティ

② [セキュリティ]タブを選択します。

③ [グループまたはユーザー名]リストで、対象のユーザー名を選択し、[編集]ボタンをクリックします。

対象ユーザーを選択して、編集ボタンをクリックします。

④ 権限リストで、[フルコントロール]を許可するオプションをオンにします。または有効にする必要がある他の権限をチェックします。

フルコントロール

⑤ [OK]をクリックして、変更した操作を保存します。 次に、ファイルを開いたり、変更したり、削除したりできます。

3.プログラムまたはファイルパスを確認する

プログラムまたはファイルへのパスが正しくない場合、プログラムまたはファイルが開かない可能性もあります。 ファイルのパスを確認することで、パスが正しいかどうかを確認できます。

ファイルを右クリックし、[プロパティ]>[全般]を選択します。 次に、ファイルがどこにあるかを確認できます。

[プロパティ]>[全般]

Tipsショートカットを使用してファイルにアクセスできない場合は、ファイルへのパスが変更されている可能性があります。プログラムまたはファイルの場所に移動してショートカットを再作成することで解決できます。

4.アンチウイルスソフトを無効にする

コンピューターにアンチウイルスソフトがインストールされている場合は、アンチウイルスソフトを一時的にオフにしてみてください。 場合によっては、アンチウイルスソフトウェアがファイルへのアクセスをブロックします。 アンチウイルスソフトウェアを無効にするには、次の手順を試してください。

① キーボードのWindowsとRキーを同時に押します。[実行]ウィンドウで、[msconfig]と入力し、[OK]をクリックするか、Enterキーを押します。

msconfig実行

② 開いた[システム構成]ウィンドウで、[スタートアップ]タブを選択します。[タスクマネージャを開く]をクリックします。

タスクマネージャを開く

③ ポップアップウィンドウで、アンチウイルスソフトウェアを選択し、右クリックして[無効にする]ボタンを選択します。プログラムを実行するか、ファイルを開くことができます。

5.非表示の管理者アカウントを有効にする

このエラーは、現在のWindowsアカウントが管理者アカウントではないか、管理者権限を持っていないためにも発生する可能性があります。プログラムを実行したりファイルを開いたりする前に、非表示の管理者アカウントがアクセスを有効にしてください。

① セーフモードに入ります。システムバージョンWindows 10 / 8.1 / 8/7 / Vista / XP)によって、セーフモードに入る方法が違います。セーフモードに入る方法については、ここをクリックしてください。

② [CMD]を検索してコマンドプロンプトを実行し、[net user administrator /active:yes]と入力して、Enterキーを押します。非表示の管理者アカウントが有効になります。

netuser-administrator-active-yesとコマンド入力

③ コンピューターを再起動し、セーフモードに入ります。次に、非表示の管理者アカウントを使用してシステムにログインします。

④ コントロールパネルを開き、[ユーザーアカウント]を選択します。

⑤[他のアカウントの管理]をクリックしてアカウントを選択し、[アカウントの種類の変更]をクリックして[管理者]を選択し、[アカウントの種類の変更]をクリックします。

アカウントの種類の変更

⑥ コンピューターを再起動し、ユーザーアカウントでシステムにログインします。ファイルを開くか、プログラムを通常どおりに実行できます。

四、まとめ

これらは、「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。これらの項目ににアクセスするための適切なアクセス許可がない可能性があります。」エラーに対する5つの一般的な解決策です。通常の状況では、これらのソリューションを使用した後、ファイルを開いたり、プログラムを通常どおりに実行したりできます。 ただし、このエラーを修正する前に、Renee Undeleterを使用して失われたファイルを取得することをすすめます。

下のボタンをクリックして、Renee Undeleterの無料試用版をダウンロードしてください。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード


Loading comments...