author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windowsの使用中に「コンテナー内のオブジェクトを列挙できませんでした。アクセスが拒否されます」というメッセージが表示されたことがありますか? この記事は、問題の原因といくつかの効果的な解決策を紹介します。 さらに、誤って重要なデータを削除した場合、失われたデータを復元する方法も併せて紹介します。



コンテナー内のオブジェクトを列挙できませんでした

一、コンテナー内のオブジェクトを列挙できませんでした。アクセスが拒否されていますエラーとは?

Windowsデバイスでは、ファイルまたはフォルダーにアクセス許可を設定すると、プライベートを効果的に保護できます。管理者アカウントは権限を変更したり、コンテンツを複数のユーザーと共有したりすることができます。ユーザーアカウントにアクセス許可を変更する権限がない場合は、「コンテナ内のオブジェクトを列挙できませんでした。アクセスが拒否されています」というエラーメッセージが表示されます。このエラーは通常、構成エラーまたは権限の競合が原因で発生します。

コンテナ内のオブジェクトを列挙できませんでした。アクセスが拒否されています

次に、このエラーの対策を紹介します。

二、コンテナー内のオブジェクトを列挙できませんでした。アクセスが拒否されていますエラーの対策

1、ファイルまたはフォルダのアクセス許可を変更する

このエラーを解決するには、ファイルまたはフォルダーのアクセス許可を変更することが最も効果的な解決策です。次に詳しく紹介します。

1.ファイルまたはフォルダを右クリックし、[プロパティ]を選択します。 プロパティページで、[セキュリティ]タブを選択し、下の[詳細設定]ボタンをクリックします。

[セキュリティ]タブを選択し、下の[詳細設定]ボタンをクリックします

2.「所有者」の横にある「変更」ボタンをクリックします。「ユーザーまたはグループの選択」ウィンドウで、[詳細設定]ボタンをクリックします。

「ユーザーまたはグループの選択」ウィンドウで、[詳細設定]ボタンをクリックします

3.[検索]ボタンをクリックした後、フォルダまたはファイルの所有権を付与するユーザーアカウントをダブルクリックして選択すると、ページが[ユーザーまたはグループの選択]インターフェイスに戻り、[OK]をクリックします。

[検索]ボタンをクリックした後、フォルダまたはファイルの所有権を付与するユーザーアカウントをダブルクリック

4.[セキュリティの詳細設定]ウィンドウで、[サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える]オプションと[子オブジェクトのアクセス許可エントリすべてを、このオブジェクトから継承可能なアクセス許可エントリで置き換える]オプションの両方をチェック入れて、[OK]ボタンをクリックします。完了したら、コンテナー内のオブジェクトを列挙できないというエラーが発生することなく、ファイルまたはフォルダのアクセス許可を変更できます。

[サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える]オプションと[子オブジェクトのアクセス許可エントリすべてを、このオブジェクトから継承可能なアクセス許可エントリで置き換える]オプションの両方をチェック入れる

以上の操作で問題を解決できない場合、次の操作を試してみてください。

5.「セキュリティの詳細設定」ページで、[追加]ボタンをクリックします。

セキュリティの詳細設定」ページで、[追加]ボタンをクリックします

6.[プリンシパルの選択]をクリックし、[選択するオブジェクトの名前を入力してください]に[everyone]と入力し、[名前の確認]をクリックして[OK]ボタンをクリックします。

[プリンシパルの選択]をクリックし、[選択するオブジェクトの名前を入力してください]に[everyone]と入力

7.基本のアクセス許可すべてのオプションをチェックして、[OK]をクリックします。

基本のアクセス許可すべてのオプションをチェック

2、ユーザーアカウント制御の設定を変更する

「コンテナー内のオブジェクトを列挙できませんでした。アクセスが拒否されています」エラーは、[ユーザーアカウント制御設定]ページで機能の設定を変更することで効果的に防ぐことができます。次に詳しく紹介します。

1.タスクバーの検索ボックスに[ユーザーアカウント制御設定の変更]プログラムを入力して検索します。

ユーザーアカウント制御設定の変更

2.一番下の[通知しない]にドラッグして、[OK]をクリックします。PCを再起動して、問題が解決したかを確認します。

一番下の[通知しない]にドラッグして、[OK]をクリック

Tips一部のユーザーは、セーフモードに入ってからファイルを削除または変更すると、「コンテナー内のオブジェクトを列挙できませんでした。アクセスが拒否されています」という問題を正常に解決できると報告しています。セーフモードに入る方法は、ここをクリックしてください
以上は、「コンテナー内のオブジェクトを列挙できませんでした。アクセスが拒否されています」というエラーを修正する一般的な方法です。PCの使用中に、誤操作によりファイルが誤って削除されることは避けられません。プロのデータ復元ソフトを使用して、誤って削除されたデータを復旧できます。次にプロのデータ復元ソフトRenee Undeleterをすすめます。

三、誤ってファイルを削除した場合のデータ復元方法

1、Renee Undeleterとは?

Renee Undeleterはプロなデータ復元ソフトです。間違ってデータを削除した、ゴミ箱を空にした、HDDをフォーマットした場合、このデータ復元ソフトも役立ちます。HDD、SDカード、USBメモリなど様々なデバイスを復元できます。3つの復元モードがあり、失ったデータを素早く復元できます。
おすすめ - ADsRenee Undeleter - データ復元の専門家 データ復元ソフトRenee Undeleter

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モードでデバイスをスキャンし、データをお見つけ出すだけで、データへの修正等の操作は一切ありません。

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、地図、ワード、ドキュメント、PDF、メール、写真等よく利用されるファイルを復元可能。

プレビュー機能付き スキャン中もプレビュー可能、目標データが出たら、スキャンを中止でき、高速に復元可能。

多OS支持Windows 10,8.1,8,7,Vista,XP,2000及びMac OS X10.6,10.7,10.8

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モード復元、データへの修正等の操作...

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、メール、写真等復...

無料体験無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!

2、Renee Undeleterで削除ファイルを復元する方法

Renee Undeleterでデータを復元する方法は非常に簡単です。次に詳しく紹介します。

① ソフトを起動し、スキャンモード「クイックパーティションスキャン」を選択します。

注意:データ上書きを防ぐため、復元したいHDDにソフトをインストールしないでください。ファイルが削除され、削除後時間が長く経ってない場合は、[クイックパーティションスキャン]を使用し、フォーマットによりファイルが失われたり、ファイル消失後長い時間が経った場合、または外付けディスクのデータを復元する必要がある場合は、[パーティションの完全スキャン]または[ディスクの完全スキャン]機能を使用してください。

Undeleterスキャンモードを選択

復元モードの紹介:

  • クイックパーティションスキャン – ファイルタイプを指定することで素早く削除したデータを復元します。
  • パーティションの完全スキャン – パーティションを丸ごとスキャンし、削除したファイルを復元します。
  • ディスクの完全スキャン – ディスクをまんべんなくスキャンし、すべてのファイルを救出します。
  • ミラーリング作成 – データの損失を防止するためにディスクをバックアップします。

② スキャン対象を選択し、「次へ」をクリックします。

スキャン対象を選択

③ スキャンが完了したら、欲しいファイルを見つけ出し、チェックを入れて、「復元」ボタンをクリックします。

ファイルをプレビューして復元する


Loading comments...