author avatar
  テストマネージャー  

概要

この記事は、ハードディスクエラーの一般的な原因と修復方法を紹介します。 さらに、ハードディスクでデータが失われたデータを簡単に復元する方法も説明します。



ハードディスク エラー 修復

一、ハードディスクエラーの原因と修復方法

1、ハードディスクエラーの一般的な原因

ハードディスクが損傷し、エラーが出て、正常に認識またはアクセスされない時、中のデータが失われたり破損したりする危険性さえあります。エラーの一般的な原因は次の通りです。

  • 電源・接続エラー:電源接続が間違っていると、ハードディスクデバイスが正常に認識されません。電源、接続ケーブルを確認してみてください。
  • ウイルス感染:ハードディスクがウイルスまたはマルウェアに攻撃されると、一連のハードディスクの問題が発生する可能性があります。ハードディスク上でウイルスの検出・駆除をしてください。
  • ハードウェア故障:ハードディスク自体の品質が悪い、または外部からの衝撃を受けると、エラーになりやすくなります。
  • ファイルシステムエラー:ハードディスクでファイルシステムエラーが発生しか可能性があります。ファイルシステムを修復をしてみてください。
  • 不良セクタ:ハードディスクに不良セクタがある場合、正常にアクセスできず、データが失われる可能性があります。ハードディスクはなるべく早く修復してください。

2、ハードディスクエラーの修復方法

上の修復方法を試して、まだハードディスクにエラーがある場合、次の方法を試してみてください。
① Windows標準付きのチェック機能で修復する

Windowsシステムに標準付きのチェック機能を使った、ハードディスクをチェック・修復できます。

① エクスプローラーでHDDを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。「ツール」タブをクリックし、「チェック」をクリックします。

「ツール」タブを選択し、「チェックする」ボタンをクリックします。

②「スキャンおよび修復」を選択します。修復完了まで待ちます。

スキャンおよび修復

② Chkdskで修復する

Chkdskコマンドでハードディスクエラーを修復できます。Chkdskについて、詳しくはこちらを参照してください

① 検索ボックスに「cmd」と入力し、「コマンドプロンプト」-「管理者として実行」をクリックします。

[コマンドプ ロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]を選択します

② コマンドプロンプトウィンドウで、コマンド[chkdsk X:/ r / f](X:はハードドライブ文字を指します。/rと/ fは修復パラメータです)を入力し、[Enter]キーを押して修復します。修復が完了したら、ハードディスクが正常に動作できるかを確認します。

chkdsk X: /r /fコマンド

③ ハードディスクをフォーマットする

ハードディスクをフォーマットすると、複数の不具合も修正できます。次に詳しく紹介します。

① スタートボタンを右クリックし、「ディスク管理」をクリックします。

ディスクの管理

② ハードディスクを右クリックし、「フォーマット」をクリックします。

USBメモリを右クリックし、「フォーマット」を選択します。

③「ファイルシステム」にFAT32、NTFS、exFATを指定し、「クイックフォーマット」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。

ファイルシステム指定し、「OK」をクリックします

破損したハードディスクを修復すると、特にフォーマット時に重要なデータが失われる可能性があります。事前にデータをバックアップしていない場合は、専門のデータ復旧ソフトRenee Undeleterを使用して失われたデータを復元することをすすめます。

二、Renee Undeleterでハードディスクデータを復元する

1、Renee Undeleterとは?

Renee Undeleterはプロなデータ復元ソフトです。間違ってデータを削除した、ゴミ箱を空にした、HDDをフォーマットした場合、このデータ復元ソフトも役立ちます。HDD、SDカード、USBメモリなど様々なデバイスを復元できます。3つの復元モードがあり、失ったデータを素早く復元できます。
おすすめ - ADsRenee Undeleter - データ復元の専門家 データ復元ソフトRenee Undeleter

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モードでデバイスをスキャンし、データをお見つけ出すだけで、データへの修正等の操作は一切ありません。

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、地図、ワード、ドキュメント、PDF、メール、写真等よく利用されるファイルを復元可能。

プレビュー機能付き スキャン中もプレビュー可能、目標データが出たら、スキャンを中止でき、高速に復元可能。

多OS支持Windows 10,8.1,8,7,Vista,XP,2000及びMac OS X10.6,10.7,10.8

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モード復元、データへの修正等の操作...

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、メール、写真等復...

無料体験無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!

2、Renee Undeleterでハードディスクデータを復元する方法

① ソフトを起動し、スキャンモード「ディスクの完全スキャン」を選択します。

注意:データ上書きを防ぐため、復元したいHDDにソフトをインストールしないでください。

Undeleterスキャンモードを選択

復元モードの紹介:

  • クイックパーティションスキャン – ファイルタイプを指定することで素早く削除したデータを復元します。
  • パーティションの完全スキャン – パーティションを丸ごとスキャンし、削除したファイルを復元します。
  • ディスクの完全スキャン – ディスクをまんべんなくスキャンし、すべてのファイルを救出します。
  • ミラーリング作成 – データの損失を防止するためにディスクをバックアップします。

② スキャン対象を選択し、「次へ」をクリックします。

スキャン対象を選択

③ スキャンが完了したら、欲しいファイルを見つけ出し、チェックを入れて、「復元」ボタンをクリックします。

ファイルをプレビューして復元する

三、ハードディスクを使用する際の注意事項

ハードディスクのデータ安全を確保するために、ハードディスクを使用する際に次の注意事項をまとめました。

  • データ安全のため、劣ったハードディスクを利用しないでください。
  • ハードディスクの利用環境を常に清潔に保ちます。高温多湿の環境で使用しないでください。温度が不適切な場合、ハードディスクの寿命が短くなります。
  • ハードディスクの読み取りおよび書き込み中電源の突然中断は、ハードディスクの不良セクタなどを起こす可能性があります。電源環境の安定性を確保してください。
  • 突然の事故などによる不必要な損失を防ぐために、ハードディスク上のデータを定期的にバックアップしてください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...