author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

SFCは、Windowsシステムファイルをスキャンして修復するWindowsのユーティリティです。 このコマンドは便利ですが、「Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした」などのエラーが発生することがあります。 この記事は、このエラーの理由と解決方法をまとめました。



windows リソース保護は要求された操作を実行できませんでした

一、「Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした」エラーの理由

SFCコマンドはシステムファイルチェッカーで、保護されているすべてのシステムファイルをスキャンして問題を修正します。 ただし、SFCを使用すると、「Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした」というエラーが発生する場合があります。Windowsサーバーでの不明なエラー、ファイルへのアクセスの制限、SFCプログラムと他のアプリケーションの互換性がない、またはファイル破損によって、SFC /scannowコマンドツールが誤動作するなどの原因があります。

windows リソース保護は要求された操作を実行できませんでした

今後もSFCコマンドを使用してシステムファイルエラーを修復できるため、次の方法でこの問題を解決できます。

二、SFCエラー「Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした」の対策

1、セーフモードでSFC /scannowコマンドを実行する

Windowsシステムのセーフモードでは、サードパーティのデバイスドライバーを読み込まずにPCを起動できるため、システムのエラーを簡単に検出して修復できます。SFCコマンドが他のアプリケーションとのの非互換性が原因で、SFCエラー「Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした」が発生した場合、セーフモードでは、他の要因の干渉の影響を受けずにSFCコマンドを正常に実行できます。SFC /scannowコマンドをセーフモードで実行する方法は次のとおりです。

1.PCを起動し、[Windows]+[R]キーを同時に押して実行ウィンドウを開きます。[msconfig]と入力し、[Enter]を押してシステム構成画面に入ります。

システム構成

2.[ブート]タブに切り替え、[セキュアブート]をチェックして、[OK]をクリックします。 表示されたウィンドウで[再起動]をクリックして、システムをセーフモードで起動します。

セキュアブート

3.セーフモードに入ったら、[cmd]を検索し、[コマンドプロンプト]を右クリックして管理者として実行し、コマンド[SFC /scannow]を入力して、[Enter]を押して問題が解決したかを確認します。

sfc scannowコマンド

2、chkdskkコマンドを実行する

ディスクにエラーがある場合は、SFCエラー「Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした」も表示される場合があります。 したがって、chkdskコマンドを使用して問題を解決することができます。次に詳しく紹介します。

1.Windowsの検索ボックスに[cmd]と入力し、[コマンドプロンプト]を右クリックして管理者として実行し、コマンド[chkdsk /r]を入力して、[Enter]を押して入力します。

2.「ボリュームが別のプロセスで使用されているため、Chkdskを実行できません。次回のシステム再起動時にこのボリュームを確認する予定ですか?(Y / N)」というメッセージが表示されたら、[Y ]を入力します。PCを再起動すると、ディスク修復コマンドが実行されます。修復が完了したら、SFCコマンドを再実行して、問題が解決したかを確認します。

コマンド[chkdsk /r]を入力

3、回復環境でSFCコマンドを実行する

上の方法に加えて、回復環境に入り、SFCコマンドを実行して、問題を解決することもできます。

1.PCを起動します。Windows10の起動ロゴが表示されたら、すぐにコンピューターの電源ボタンを押して起動プロセスを中断し、これを3回繰り返します。「自動修復」インターフェースで「詳細オプション」を選択し、Windows回復環境に入ります。

自動修復失敗

2.回復環境に入った後、[トラブルシューティング]>[詳細オプション]>[コマンドプロンプト]を選択します。

コマンドプロンプト

3.コマンドプロンプトで、コマンド[sfc /scannow /offbootdir=c:\ /offwindir=c:\windows](c:\およびc:\windowsは実際の状況に応じて変更できます)を入力し、[Enterキーを押します。SFCコマンドを実行した後、PCを再起動して、問題が解決したかを確認します。

コマンドsfc /scannow /offbootdir=c:\ /offwindir=c:\windows

コマンドの説明:

  • /scannow:保護されているすべてのシステムファイルの整合性をスキャンし、可能であれば、問題を含むファイルを修復します。
  • /offbootdir:オフライン修復用のオフラインブートディレクトリの場所を指定します。
  • /offwindir:オフライン修復用のオフラインWindowsディレクトリの場所を指定します。
修復操作後にデータの損失が見つかった場合は、プロのデータ復元ソフトRenee Undeleterを使用して、失われたデータを復元することをすすめます。次に詳しく紹介します。

三、Renee Undeleterで失われたデータを復元する

1、Renee Undeleterとは?

Renee Undeleterはプロなデータ復元ソフトです。間違ってデータを削除した、ゴミ箱を空にした、HDDをフォーマットした場合、このデータ復元ソフトも役立ちます。HDD、SDカード、USBメモリなど様々なデバイスを復元できます。3つの復元モードがあり、失ったデータを素早く復元できます。
おすすめ - ADsRenee Undeleter - データ復元の専門家 データ復元ソフトRenee Undeleter

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モードでデバイスをスキャンし、データをお見つけ出すだけで、データへの修正等の操作は一切ありません。

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、地図、ワード、ドキュメント、PDF、メール、写真等よく利用されるファイルを復元可能。

プレビュー機能付き スキャン中もプレビュー可能、目標データが出たら、スキャンを中止でき、高速に復元可能。

多OS支持Windows 10,8.1,8,7,Vista,XP,2000及びMac OS X10.6,10.7,10.8

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モード復元、データへの修正等の操作...

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、メール、写真等復...

無料体験無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!

2、Renee Undeleterで失われたデータを復元する方法

① ソフトを起動し、スキャンモード「クイックパーティションスキャン」を選択します。

注意:データ上書きを防ぐため、復元したいHDDにソフトをインストールしないでください。ファイルが削除され、削除後時間が長く経ってない場合は、[クイックパーティションスキャン]を使用し、フォーマットによりファイルが失われたり、ファイル消失後長い時間が経った場合、または外付けディスクのデータを復元する必要がある場合は、[パーティションの完全スキャン]または[ディスクの完全スキャン]機能を使用してください。

Undeleterスキャンモードを選択

復元モードの紹介:

  • クイックパーティションスキャン – ファイルタイプを指定することで素早く削除したデータを復元します。
  • パーティションの完全スキャン – パーティションを丸ごとスキャンし、削除したファイルを復元します。
  • ディスクの完全スキャン – ディスクをまんべんなくスキャンし、すべてのファイルを救出します。
  • ミラーリング作成 – データの損失を防止するためにディスクをバックアップします。

② スキャン対象を選択し、「次へ」をクリックします。

スキャン対象を選択

③ スキャンが完了したら、欲しいファイルを見つけ出し、チェックを入れて、「復元」ボタンをクリックします。

ファイルをプレビューして復元する


Loading comments...