author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windows XPのサポートは2014年4月に終了しました。それ以来、マイクロソフトはユーザーに、セキュリティ更新プログラムやパッチを受けている最新のオペレーティングシステムの利点を言い続けています。しかし、 最新の統計によると、Windows XPは依然として世界のPCユーザーにとって非常に人気の高い選択肢であり、最近、より多くの市場シェアを獲得しています。 結果として、Windows XPは完全に終了しなくなりましたが、依然として多くのユーザーの選択です。


数字で見ると、Windows XPの現在の市場シェアは4.59%で、これは4番目に人気のあるWindows OSであり、現在最新のMacOSよりもデスクトップOSのシェアが大きくなっています。

 

Windows XPの過去数年間の市場シェアは徐々に低下しましたが、これはアップデートが不足しているため完全に合理的です。 しかし、この減少は2017年10月に終了し、Windows XPの市場シェアが6.19%から7.64%に上昇した、今月から再び減少し始めました。 しかし、驚くべきことに、Windows XPの市場占有率は再び3月より0.78%上昇しました。

Windows XP 情報安全
Windows XPは、MicrosoftがリリースしたWindowsの最も人気のバージョンの1つであり、市場シェアを失う速度が遅いため、更新停止してから4年間も経ちましたが、ユーザーはまだ諦める準備ができていません。 しかし、Windows XPの脆弱性が利用され攻撃されやすいです。 この前の、マルウェアWannaCryに感染したユーザーの中に、Windows XPシステムが多かったと言われています。
  • セキュリティ更新プログラムやサポートも終了した場合、パソコンの情報安全性は問題ないでしょうか?どのようにしたら、リスクを最小限に抑える方法はないでしょうか?
    ここでプロのファイルロックソフトRenee File Protectorをおすすめします。このソフトでロックされたファイルは、パスワードがない限り、誰も覗いたり、コピーしたりできません。操作は簡単ですが、非常に強力です。
  • 万が一WannaCryのようなマルウェアに感染し、データが悪削除された場合でも、データ復元ソフトRenee Undeleterを利用すれば、まだ救える可能性があります。

情報安全性において何かご不明な点がございますか?

Loading comments...