author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

多くのユーザーが誤って必要なファイルを削除し、Windowsのゴミ箱を空にしたことがあるでしょう。この記事は、ファイルを削除した後の注意事項について説明し、Windowsのゴミ箱から削除されたファイルを効果的に復元する方法を説明します。



一、Windowsのゴミ箱復元について

1.Windowsゴミ箱復元の原理

Windowsシステムでは、通常削除されるファイルはゴミ箱に移動され、これらのファイルはゴミ箱に一時的にのみ保存され、ハードディスクからすぐに消えることはありません。 ゴミ箱を空にしないと、それらを復元して再利用することを選択できます。 さらに、システムは通常、各パーティションごとにゴミ箱を作成しますが、その名前は基本的に同じです。

ヒント:名前のSIDは、S-1-5-21-1858328346-1692621842-485598107-500など、WINDOWSがオブジェクト(ユーザーやグループなど)をマークするために使用する文字列を指します。

システムゴミ箱の名前
WIN 95/98/MEX:\Recycled\
WIN NT/2K/XPX:\Recycler\SID\
WIN CISTA/7/8X:\$Recycle.Bin\SID\ (システムパーティション)
X:\$RECYCLE.BIN\SID\(非システムパーティション)
ゴミ箱のメカニズムに関して、ファイルを削除すると、システムは現在のユーザーと現在のパーティションのゴミ箱に$IXXXXXX.EXTというファイルを作成し、削除したファイルの名前を$RXXXXXX.EXTに変更してゴミ箱に移動します 。 ここで、XXXXXXはシステムによって生成されたランダムな文字列で、EXTはファイル拡張子です。 フォルダを削除するプロセスは、基本的にファイルを削除するプロセスと似ていますが、削除されたフォルダには拡張子がないという点だけが異なります。

ゴミ箱復元

ゴミ箱が空になると、内部のファイルが消去され、ハードディスクの空き容量が解放されます。 ファイルが完全に削除されたと思われるかもしれませんが、実際には消えていません。システムはこれらのファイルに削除のマークを付けただけで、コンピューターのファイルパスから直接見つけることはできません。 一般的に、新しいコンテンツを書き込むと、削除対象としてマークされた元の部分のみが上書きされ、ファイルは完全に削除されます。

2.ファイルの削除またはごみ箱を空にする際の注意事項

ゴミ箱から削除されたファイルは復元できますが、すべてに前提条件があります。 ファイルを削除したり、ごみ箱を空にしたりする場合は、次の注意事項を理解しておくと役立ちます。

  • ファイルの回復の可能性を高めるために、ごみ箱を空にした直後にハードディスクへの書き込みを停止することをお勧めします。 機械的なハードディスクでは、削除されたファイルは無効なファイルとしてのみマークされ、新しいコンテンツを書き込むと、マークされた削除済みファイルが上書きされ、これらのファイルは完全に消えます。 ファイルをクリアした後、できるだけ早くデータ復旧ソフトウェアを使用して、削除されたファイルを取得します。
  • さらに、SSDの場合、Windows 7/8/10システムは基本的にTrimコマンドをサポートしているため、SSDで削除されたデータは復元できません。
Trimコマンドは、ファイルが削除されると、システム(Windows 7/8/10)が占有するデータブロックにマークを付け、これらのデータブロックが使用されなくなったため、すぐに消去する必要があることをSSDに通知することを意味します。 このようにして、次にデータを再度書き込む必要があるときに、SSDは最初にデータブロックを消去せずにこれらの処理済みデータブロックに直接データを書き込むことができるため、時間を大幅に節約できます。
誤ってごみ箱を空にした場合、以下の方法は、削除対象としてマークされたファイルが上書きされないという前提の下で、ごみ箱から重要なファイルをすばやく復元するのに役立ちます。

二、削除されたファイルをごみ箱から元の場所に戻す

ごみ箱が空になっていない場合は、削除された重要なファイルをごみ箱から直接復元できます。 ダブルクリックしてごみ箱を開いたら、復元する必要のある重要なファイルを右クリックして、[復元]を選択します。

元に戻す

ターゲットファイルが正常に復元された後、ファイルは元の場所に再表示されます。

三、Windowsのゴミ箱で空になったファイルを復元する

誤ってごみ箱を空にした場合は、次の2つの方法で重要なファイルをすばやく復元できます。 ただし、削除されたファイルが新しく書き込まれたコンテンツによって上書きされると、ファイルを復元できないことに注意してください。

方法1:Renee Undeletrでゴミ箱を復元する

強力なデータ復元ソフトウェアRenee Undeleterを使用して、重要なファイルをリカバリすることをお勧めします。 このツールには6つの主要な特徴があります。
  • メモリカードのデータを復元可能
  • ゴミ箱のデータを復元可能
  • フォーマットしたデータを復元可能
  • 写真を復元可能
  • オフィスファイルのプレビューをサポート
  • 高速スキャンとディープスキャンをサポート
以下は、Renee Undeleterを使用してゴミ箱から削除されたファイルをすばやく復元するための詳細なチュートリアルです。

①Renee Undeleterをダウンロードしてインストールします。

注意:ソフトウェアをインストールするとデータが上書きされる可能性があるため、できるだけ他のドライブにソフトウェアをインストールすることをお勧めします。

Renee Undeleter - 安全・プロなデータ復元ソフト・データ復元の専門家データ復元ソフトRenee Undeleter

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モードでデバイスをスキャンし、データをお見つけ出すだけで、データへの修正等の操作は一切ありません。

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、地図、ワード、ドキュメント、PDF、メール、写真等よく利用されるファイルを復元可能。

プレビュー機能付き スキャン中もプレビュー可能、目標データが出たら、スキャンを中止でき、高速に復元可能。

無料確認可能 無料体験版でデータを見つけ出し、データを復元できるか確認可能。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モード復元、データへの修正等の操作...

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、メール、写真等復...

無料体験無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
②ソフトを起動し、スキャンモード「クイックパーティションスキャン」を選択します。

この機能は、ごみ箱で空になったファイルや、Shift + Deleteキーで削除されたファイルの復元をサポートします。

Undeleterスキャンモードを選択

③スキャン対象を選択し、「次へ」をクリックします。

スキャン対象を選択

④スキャンが完了したら、欲しいファイルを見つけ出し、チェックを入れて、「復元」ボタンをクリックします。

ファイルをプレビューして復元する

方法2:Windowsファイル履歴のからファイル復元

①キーボードの「Windows」キーと「R」キーを同時に押して、実行ボックスを開きます。 「control」と入力し、[OK]をクリックします。

コマンドcontrol

②「コントロールパネル」に入ったら、「システムとセキュリティ」の「ファイルの履歴を保存する」オプションをクリックします。 次に、[個人用ファイルの復元]をクリックします。

個人用ファイルの復元

③ファイルがある元のフォルダを右クリックし、「プレビュー」を選択してファイルを参照します。

プレビュー

④復元するファイルを選択し、「復元」ボタンをクリックします。

復元

Tips Windowsデスクトップに「ごみ箱」アイコンがない場合は、次の手順に従ってアイコンを表示してください。

  1. デスクトップを右クリックして、「個人設定」を選択します。
  2. 左側の[テーマ]をクリックし、[デスクトップアイコンの設定]を選択します。
  3. [ごみ箱]オプションを選択し、[適用]と[OK]をクリックします。

ゴミ箱を表示する

Loading comments...