author avatar
  サポートマネージャー  

概要

MacBookが遅い、またはMacBookを売却または譲渡したり、下取りに出したりすることがあります。この時、MacBookを初期化してください。この記事は、MacBookを初期化(出荷時の設定に戻す)する方法を提供します。このガイドは、MacBook ProおよびMacBook Airにも適用されます。



一、MacBook(MacBook Air/MacBook Pro)初期化前の準備

MacBookの動作が遅くなったり、システムがクラッシュしたり、売却または譲渡したり、下取りに出す前に、MacBookを初期化する(工場出荷時の設定に戻す)必要があり、初期化の前にコンピュータをバックアップする必要があります。 さらに、MacBookを売却または譲渡する場合は、システムに関連する機能とサービスを無効にしてから工場出荷時の設定に戻すことをお勧めします。

1.Time Machineでバックアップを作成

Time MachineはMacに内蔵されているバックアップ機能で、アプリケーション、音楽、写真、システムファイルなどのバックアップに使用できます。バックアップの前に、リムーバブルハードドライブ、USBメモリなどの外部ストレージデバイスを準備します。

①MacBookにデータのない外付けドライブを接続し、「バックアップディスクとして使用」をクリックします。

ヒント:MacBookに接続した後、外付けHDDが応答しない場合は、Macが外付けHDDを認識しないための修復ガイドを参照して問題を解決できます。

バックアップディスクとして使用

②画面左上のアップルメニューをクリックし、「システム環境設定」をクリックし、「Time Machine」を選択します。

「システム環境設定」をクリックして「Time Machine」を選択

③「バックアップディスクを選択」をクリックします。

バックアップディスクを選択

④対象の外付けドライブを選択し、「ディスクを使用」をクリックします。

ターゲットディスクが「Time Machine」の要件に従ってフォーマットされていない場合、システムはまずディスクを消去するように求めます。データを消去する前に、ターゲットディスクに重要な情報があるかどうかを確認してください。

ディスクを使用

⑤バックアップディスクを選択した後、「Time Machine」は自動定期バックアップを開始します。手動でバックアップする場合は、自動バックアップオプションをキャンセルできます。次に、メニューバーの「Time Machine」アイコンをクリックして、「今すぐバックアップを作成」を選択します。

今すぐバックアップを作成

おすすめ - ADsRenee Undeleter - データ復元の専門家 データ復元ソフトRenee Undeleter

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モードでデバイスをスキャンし、データをお見つけ出すだけで、データへの修正等の操作は一切ありません。

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、地図、ワード、ドキュメント、PDF、メール、写真等よく利用されるファイルを復元可能。

プレビュー機能付き スキャン中もプレビュー可能、目標データが出たら、スキャンを中止でき、高速に復元可能。

多OS支持Windows 10,8.1,8,7,Vista,XP,2000及びMac OS X10.6,10.7,10.8

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

100%安全 読み取り専用モード復元、データへの修正等の操作...

500以上種類のデータ復元対応 音楽、動画、メール、写真等復...

無料体験無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!

2.iTunes/iCloud/iMessage/FileVaultを閉じる

MacBookの売却をする場合は、システムに関連付けられているサービスを無効にしてから初期化(工場出荷時の設定に戻す)必要があります。そうすることで、Apple IDの問題によるトラブルを回避し、次のユーザーが使いやすくなります。

コンピュータの認証を解除する

iTunesは最大5台のコンピュータで認証できます。MacBookを売却または譲渡する場合は、そのコンピュータのiTunesアカウントの認証を解除してください。

  1. iTunesを開きます。 コンピュータ画面の上部またはiTunesウィンドウの上部にあるメニューバーから、[アカウント]> [認証]> [このコンピュータの認証を解除]を選択します。
  2. 確認が表示されたら、Apple IDとパスワードを入力します。 次に、「承認の解除」をクリックします。

このコンピュータの認証を解除

iCloudをオフにする

iCloudは通常、写真、ビデオ、音楽などのファイルを保存します。 iCloudを終了して、個人用ファイルが表示またはリークされないようにします。

「アップルメニュー」>「システム環境設定」をクリックし、「iCloud」を選択して、「サインアウト」ボタンをクリックします。

サインアウト

iMessageをサインアウト

OS X Mountain Lion以降を使用している場合は、iMessageからログアウトできます。

  1. 「情報」アプリケーションをクリックし、「情報」>「システム環境設定」を選択します。
  2. 「アカウント」をクリックし、iMessageアカウントを選択して、「ログアウト」をクリックします。

imessageをサインアウト

FileVaultをオフにする

FileVaultは起動ディスクを暗号化して、他人が許可なく起動情報にアクセスするのを防ぎます。 FileVaultが起動している場合は、工場出荷時の設定に戻す前に、この機能をオフにすることをお勧めします。

  1. 「アップルメニュー」>「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「FileVault」タブをクリックします。
  2. ロックアイコンをクリックし、管理者のユーザー名とパスワードを入力してロックを解除します。 次に、「FileVaultをオフにする」をクリックします。

FileVaultをオフにする

上の準備が完了したら、次のチュートリアルに従って、MacBook / MacBook Air / MacBook Proを初期化する(工場出荷時の設定に戻す)ことができます。

二、MacBook(MacBook Air/MacBook Pro)を初期化する手順

次の方法は、MacBook ProおよびMacBook Airにも適用できます。 次の手順に進む前に、PCを電源に接続し、WIFIが接続されていることを確認してください。

①MacBookの再起動を選択します。 システムが再起動したら、「command + R」キーを同時に押してリカバリモードに入ります。

command + R キーを押す

②macOSユーティリティ画面で「ディスクユーティリティ」を選択し、「続行」ボタンをクリックします。

ディスクユーティリティ

③メインハードディスク(システムディスク)を選択し、「消去」タブをクリックします。次に、[ボリュームフォーマット]ドロップダウンメニューでMac OS拡張機能(ジャーナリスト)を選択し、[消去]ボタンをクリックします。削除プロセスが開始されます。しばらくお待ちください。

ヒント:メインハードドライブの名前を変更しない場合、デフォルトの名前はMacintosh HDです。

Macを初期化

④完了後、画面左上の「ディスクユーティリティ」をクリックし、「ディスクユーティリティを終了」をクリックして、macOSユーティリティウィンドウに戻ります。

ディスクユーティリティを終了

⑤「MacOSを再インストール」を選択し、「続ける」ボタンをクリックします。次に、画面の指示に従ってオプションを完了すると、macOSがインストールプロセスに入ります。

注意:この操作を実行する前に、システムをダウンロードするためにMacBookがWIFIに接続されていることを確認してください。

MacOSを再インストール

三、失われた重要なファイルを復元する方法

MacBook内のファイルデータを事前にバックアップせずに、MacBookを工場出荷時の設定に直接戻すと、重要な個人用ファイルを含め、コンピューター上のファイルデータが消去されます。 この場合、ハードディスクが新しいデータを大量に書き込まない限り、強力なデータ復元ソフトウェアは一般に失われたファイルを取得できます。

専門のデータ復元ソフトウェアRenee Undeleterを使用することをお勧めします。一方で、破損した/誤って削除された/データを復元できます。また、セクターがクラッシュし、初期化/フォーマットされたハードドライブからデータを復元することもできます。 さらに、試用版があり、ファイル復元できるか確認できます。

以下は、データ復元ソフトウェアRenee Undeleterを使用して失われたファイルを復元するための詳細なチュートリアルです。

① Renee Undeleterをダウンロードしてインストールします。

※注意:ソフトをSDカードにインストールしないでください。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード

② ソフトを開き、「パーティションの完全スキャン」モードを選択します。

Renee Undeleterを起動します

③ スキャンしたいドライブを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

スキャン場所を選択します

④ スキャンが完了したら、ファイルをプレビューして復元したいファイルを選択し、「復元」ボタンをクリックします。

復元完了まで待ちます

Loading comments...