author avatar
  サポートマネージャー  

概要

データのセキュリティのため、メモ帳ファイルにパスワードを設定する必要があります。この記事は、メモ帳にパスワードをかける方法を3つ紹介します。



コンピュータにいくつかの機密情報がありますか? 機密情報を守るための最良の解決策は、ファイルのパスワードを設定することです。これにより、メモ帳やコンピューター内の他のファイルを効果的に保護できます。 以下に、メモ帳にパスワードを設定する3つの方法を説明します。

メモ帳にパスワード

方法1:Renee File Protectorでメモ帳にパスワードをかける

オフィスの秘密と個人のプライバシーのファイルを保護するために、Renee File Protectorを使用してファイルを暗号化できます。ソフトウェアは、txt、word、ppt、excelなどのさまざまなファイル形式を簡単に暗号化できます。 さまざまなストレージデバイス、幅広いアプリケーションをサポートします。

Renee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフトRenee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージのデータを隠したり、ロックしたりすることができます。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

圧縮暗号化機能付き すべてのデータを圧縮暗号化でき、データ転送の安全性を確保。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 65206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトを起動します。「一般」→「暗号化」をクリックします。

「一般」→「暗号化」をクリックします

2.「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックし、暗号化したいファイル/フォルダを選択します。

「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックします

3.「gflに暗号化」または「exeに暗号化」をクリックします。

「gflに暗号化」または「exeに暗号化」をクリックします

gflとexeの違い

  • gfl形式:gflは、ソフトRenee File Protectorをインストールしなければ、ファイルを復号できません。従って、これはソフトのあるPC間でのデータ転送のみに適します。
  • exe形式:exeは、ソフトがインストールされていないPCでも復号化できるため、汎用性が高いです。パスワードがある限り、安全にファイルを転送・復号でき、多くの場合にも適します。普通はexeに暗号化をするのはオススメです。

4.ファイルの保存場所や復号に必要なパスワードを設定します。そして、「OK」をクリックし、完了するまで待ちます。

パスワードを設定し、暗号化ファイル名、保存場所を指定できます。

5.暗号化されたファイルをダブルクリックします。解凍先を設定してから、「OK」をクリックします。

ファイルの解凍先

6.パスワードを入力します。そして、「OK」をクリックし、完了するまで待ちます。

パスワードを入力します

方法2:Renee SecureSiloでメモ帳にパスワードをかける

メモ帳にパスワードをかけるは、Renee File Protectorだけでなく、Renee SecureSiloを使用することもできます。暗号化されたドライブを作成した後、すべての機密ファイルを暗号化されたドライブに移動できるので便利です。 さらに多くのメモ帳ファイルを暗号化する場合は、Renee SecureSiloを使用する方が便利です。 このソフトウェアは、最大500GBの仮想ドライブの作成をサポートし、任意のファイルの暗号化をサポートします。

Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

2.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

3.ロッカー名とロッカーの保存場所、ロッカーのサイズを指定します。ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカー名と保存場所指定

方法3:EFSでメモ帳を暗号化する

EFSはEncrypting File Systemの略で、暗号化されたファイルシステムを意味し、NTFSファイルシステムの組み込みセキュリティ機能です。WindowsXP以降のバージョンでは、この機能が完全にサポートされています(注:Windows Starter Edition、Home Edition、Home Premium Editionはサポートされていません)

メモ帳を暗号化する手順:

①暗号化するメモ帳のテキストファイルを右クリックして、メニューから[プロパティ]を選択し、[全般]タブで[詳細設定]をクリックします。

②「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する

③ファイルとその親フォルダを暗号化するかどうかを尋ねるウィンドウがポップアップします。 「ファイルのみ暗号化」を選択し、「OK」をクリックします。

④EFSで暗号化したテキストファイルは、ファイル名が緑色で表示されます。

EFSでファイル保護

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...