author avatar
  サポートマネージャー  

概要

スマホ機能の継続的な改善に伴い、スマホのセキュリティ問題はますます深刻になっています。スマホがスパイウェアやウイルスによって、情報が漏洩する可能性があります。この記事は、初心者もわかるスマホのスパイウェア検出方法と駆除方法を説明します。



一、スマホスパイウェアの検出方法
スマホにスパイウェアがあると、次のような症状があります。

  • インストールしていない不審なアプリが突然出ます。開いた後に多くの嫌がらせメッセージが表示される場合は、これらのアプリをすぐに削除する必要があります。
  • 電話が熱くなっています。スパイウェアを開くと、バックグラウンドで確実に動作します。 バックグラウンド作業はスマホのモバイルメモリを消費する必要があるため、スマホが頻繁に熱くなる原因になります。
  • 時々自動再起動。スマホは時々自動的に再起動します。スマホのハードウェアの問題が原因である可能性もありますが、注意が必要です。スパイウェアが携帯電話に圧力をかけて再起動を引き起こしている可能性があります。
  • 不正確なブラウザー履歴。スパイウェアの種類が異なると動作も異なり、ブラウザを介してデータを追跡し、ハッカーに送信する場合があります。

スパイウェア

二、スマホスパイウェア検出後の駆除方法
スマートフォンにスパイウェアがインストールされていることが検出した場合、または疑わしい場合、どうすればよいですか? スマホの主流のオペレーティングシステムはiOSシステム(Apple携帯電話)とAndroidシステム(Android携帯電話)です。これら2つのスマホでスパイウェアを解決する方法には、実際には多くの共通点があります。 以下では、iPhoneを例にして、スパイウェアを解決するためのいくつかの一般的な方法を紹介します。

方法1:スマホシステムを定期的にアップデート


AndroidスマホもiPhoneでも、最新バージョンにはスパイウェアを防ぐためのセキュリティ機能が含まれている可能性があるため、定期的にスマホシステムを更新する必要があります。バージョンにスパイウェアが存在する場合、アップデート後、スパイウェアが動作しなくなります。

①iPhoneの「設定」-「一般」をタップします。

一般

②「ソフトウェアアップデート」をタップすると、iPhoneに最新のシステム更新バージョンが表示されます。「今すぐインストール」をクリックして直接更新できます。

iOSアップデート


方法2:スパイウェアを削除


ソフトウェアがスパイウェアであると判断できる場合、またはモバイルアンチウイルスソフトウェアを使用してスパイウェアを検出した場合、最も直接的な方法はソフトウェアを削除することです。AndroidとiPhoneは両方もアプリを長押し、[削除]をタップします。

アプリを削除


方法3:工場出荷設定に戻す


スマホには工場出荷時の設定に戻す機能があります。工場出荷時の設定に戻すことは、スパイウェアを解決するための最も直接的で効果的な方法です。 工場出荷時の設定に戻すと、すべてのソフトウェアが削除され、ファームウェアが再インストールされて、スパイウェアが確実に消去されます。

iPhoneを開き、「設定」-「一般」-「リセット」-「すべての設定をリセット」をタップします。

全ての設定をリセット

おすすめ - ADsRenee iPassFix - iPhoneパスワード解除ソフト iPhoneロック解除ソフトRenee iPassFix

パスワード解除 起動できなくても簡単にパスワード削除可能。

iOS問題修復 iPhone起動できない、画面真っ暗、リンゴループなど問題を修復。

初期化 起動できなくても工場出荷時の設定に戻します。

対応機種 全てのiPhone、iPad、iPod touch対応。

互換性良い 全てのiOSを対応。

パスワード解除 ウィザード形式で初心者も自力で削除可能。

iOS問題修復 複数のiOS問題修復。

互換性良い 全てのiOSと機種を対応。

無料体験無料体験無料体験 2362名のユーザー様に体験をしていただきました!
スパイウェアを見つけたらすぐに削除したら、これらのソフトウェアがファイルを盗むのを防ぐことができますが、多くの場合、これらのスパイウェアを見つけた時、ファイル情報がすでに漏洩した可能性があります。 したがって、より重要なファイルである場合は、それをコンピューターにアップロードし、暗号化ソフトウェア(例:Renee File ProtectorとRenee SecureSilo)を使用して暗号化することをお勧めします。ファイルの安全を確保できます。
三、スマホのファイルをより安全に保護する方法は
スパイウェアが悪意を持って私たちのスマホにインストールされていても、そもそもこれらのスパイウェアを見つけて削除しなかった場合、スマホに保存されているファイルは、これらのスパイウェアによって簡単に盗まれることがよくあります。 したがって、重要なファイルである場合は、スマホに保存しないでください。スマホからコンピューターにファイルを転送し、コンピューターで専門的なソフトウェアを使用し、ファイルを暗号化して、ファイルのセキュリティを最大限に高めることができます。2つのプロフェッショナルソフトウェアを紹介し、これら2つのソフトウェアを使用して、コンピューターで重要なファイルを暗号化して保存する方法を説明します。

1.Renee File Protectorでファイル保護

Renee File Protectorは、人気のあるファイル暗号化ソフトウェアの1つであり、このソフトウェアを使用して、コンピューターに保存されているファイルを暗号化できます。 このソフトウェアは、ファイルをgfl形式またはexe形式に圧縮および暗号化し、暗号化された圧縮パッケージの形式でコンピューターに保存します。ファイルを開くためにパスワードを入力する必要があります。ここでは、ソフトウェアの具体的な操作方法について簡単に紹介します。
Renee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフトRenee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージのデータを隠したり、ロックしたりすることができます。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

圧縮暗号化機能付き すべてのデータを圧縮暗号化でき、データ転送の安全性を確保。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 65206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードし、インストールします。初期設定します。インストール後、パスワードとメールアドレスの入力が必要です。

初期設定

2.ソフトを起動します。「一般」→「暗号化」をクリックします。

「一般」→「暗号化」をクリックします

3.「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックし、暗号化したいファイル/フォルダを選択します。

「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックします

4.「gflに暗号化」または「exeに暗号化」をクリックします。

「gflに暗号化」または「exeに暗号化」をクリックします


gflとexeの違い

  • gfl形式:gflは、ソフトRenee File Protectorをインストールしなければ、ファイルを復号できません。従って、これはソフトのあるPC間でのデータ転送のみに適します。
  • exe形式:exeは、ソフトがインストールされていないPCでも復号化できるため、汎用性が高いです。パスワードがある限り、安全にファイルを転送・復号でき、多くの場合にも適します。普通はexeに暗号化をするのはオススメです。

5.ファイルの保存場所や復号に必要なパスワードを設定します。そして、「OK」をクリックし、完了するまで待ちます。

パスワードを設定し、暗号化ファイル名、保存場所を指定できます。

6.暗号化されたファイルをダブルクリックします。解凍先を設定してから、「OK」をクリックします。

ファイルの解凍先

7.パスワードを入力します。そして、「OK」をクリックし、完了するまで待ちます。

パスワードを入力します

2.Renee SecureSiloでファイル保護

Renee SecureSiloは、人気のある暗号化ソフトウェアの1つであり、このソフトウェアを暗号化に使用する最大の利点は、その利便性とセキュリティです。コンピュータ上に仮想ドライブを作成し、保護するファイルを仮想ドライブに置いてファイルを保護するだけです。

暗号化ソフトRenee SecureSilo

  • ファイル変更が簡単:ソフトウェアは、暗号化用の仮想ドライブを作成する方法を使用します。仮想ドライブを使用する場合は、仮想ドライブを作成し、ファイルを入れ、不要な場合は仮想ドライブを閉じます。操作は非常に便利です。 さらに、RAR / ZIP / 7ZIPなどの暗号化された圧縮ファイルとは異なり、長時間待つ必要がなく、変更または追加されたファイルは1秒未満で保存できます。 。
  • 安全性抜群:高度なAES256暗号化テクノロジーの使用による優れたセキュリティ。市場で入手可能な万能の解析プログラムはありません。
Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.フォルダにパスワードをかけるフリーソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ドライブをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...