author avatar
  テストマネージャー  

概要

Windows(EFS機能)で暗号化したデータの移行失敗、もしくはHDD破損する時、暗号化されたデータはどうしてもアクセスできない、開けない問題が発生する恐れがあります。じゃ、安全にフォルダにパスワードをかける方法は無いでしょうか?この記事で解決方法が見つかります。


ほとんどのWindows OSもファイルやフォルダの暗号化機能が付いています。無料でデータを暗号化でき、便利です。でも、ユーザーからこんな問題がありました。
お問い合わせ:

古いパソコンから新しいパソコンへのデータ移行に失敗してしまいまして、古いパソコンからパスワードをかけたフォルダのデータを取り出したい、方法がありますか?
暗号化する時はWindows7標準機能を使用しました。データを新しいPCへ移すべく、一度外付けHDDへコピーしました。その後、データを新しいマシンへコピーしようと試みましたが、アクセス権限がないためコピーできないと言われました。
管理者権限でやったり、共有アクセス権変更を試みたり、暗号化の解除を試みたり、様々な方法で試しましたが、中のファイルを開くことができませんでした。コピー先でも暗号化が継続していたようです。
古いPCは既に工場出荷状態に戻しましたので、もう一度同じアカウントを作成し、外付けHDDをつないでも、状況は変わりません。

フォルダ暗号化
答え:

Windows標準暗号化機能(EFS機能)を利用すると、Windows機能で暗号化したデータの移行失敗、もしくはHDD破損する時、暗号化されたデータはどうしてもアクセスできない、開けない問題が発生する恐れがあります。

Windowsの暗号化機能も利用方によりそれほど安全な方法じゃないことが分かりました。じゃ、安全にフォルダにパスワードをかける方法は無いでしょうか?もちろんあります。次に詳しく紹介します。

暗号化ソフトで安全にフォルダにパスワードをかける

ここで暗号化ソフト「Renee File Protector」をおすすめします。HDD故障や暗号化されたデータの移行も安全に取り出せます。暗号化されたデータの保存先に暗号化ソフトをインストールすると、パスワードがあれば、前の暗号化されたデータを取り出せます。

世界標準の暗号化アルゴリズム(AES-256)を利用し、安全性は抜群。しかも、操作はとても簡単、ただの2ステップでファイル/フォルダ/ドライブにパスワードをかけることができます。

>> ソフトを無料ダウンロードして試用してみよう!

Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP 等各Windowsシステムにも完璧に対応できます。

どのOSでも安心して利用できます。

簡単2ステップ!フォルダにパスワードをかける方法

まず、ソフトをパソコンにダウンロードし、インストールします。
Windows版ダウンロード

ステップ1:初期設定します。

インストール後、ソフト起動パスワードとメールアドレスを入力します。

初期設定
注意:

1、初期設定は初回インストールする時のみ設定する必要があります。設定後直接右クリックメニューから暗号化、ロック、非表示等の機能を利用できます。再設定する必要がありません。

2、データロックやデータ非表示、ソフト起動等の時、パスワードが必要なので、パスワードをちゃんと保管してください。万が一、パスワードを忘れた場合、メールアドレスで再取得することができるので、メールアドレスの入力はおすすめです。

ステップ2:右クリックでフォルダを暗号化します。

フォルダを右クリックし、「Renee File Protector」-「gflに暗号化」/「exeに暗号化」をクリックします。

フォルダ暗号化
パスワードを設定し、「OK」ボタンをクリックします。
パスワード設定
暗号化ファイル作成
以上、簡単な2ステップでフォルダにパスワードをかけられます。
復号化方法:

フォルダを復号化する場合、ファルダをダブルクリックして、パスワードを入力すると、フォルダが復号化されます。

動画でフォルダにパスワードかける手順を確認する

動画でフォルダ暗号化する手順を確認できます。
フォルダ暗号化以外、ロック、非表示等の方法もデータを効率的に保護できます。詳しくは次の方法を参照してください。

簡単にフォルダをロックする方法

【情報安全対策】フォルダを非表示にする方法の比較

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...