author avatar
  サポートマネージャー  

概要

PDFの保護を解除するには、どうしたらいいでしょうか?この記事は、Windows、MacでPDFの保護を解除する方法を紹介します。パスワードがなくても解除できる方法も紹介しています。



一、PDF保護解除について

pdf 保護 解除

PDFファイル安全のため、PDFにパスワードをかけて保護することができます。PDFのパスワードは2種類あります。開くためのユーザーパスワードと所有者パスワード(権限パスワード)。PDFを開くために、ユーザーパスワードが必要です。所有者パスワードでPDFの印刷、編集等の権限を制御できます。

PDF保護を解除するケース

  1. PDFを印刷するとき、PDF保護を解除する必要があります。
  2. ネットからダウロードしたPDFは暗号化されているため、開くにはPDF保護を解除する必要があります。
  3. 安全な環境で、PDFを使用しています。開くたびにパスワードを入力すると、効率が悪くなります。
PDFの保護を解除するには、プロのPDF解析/編集ソフト、またはオンラインPDF解析ツールが必要です。PDF保護解除ソフトは強力で、機能豊富で、高速に保護を解除できます。ネット環境が必要ないため、安全性は良い。オンラインPDF保護解除ツールは便利ですが、ファイルサイズの制限、情報漏えいのリスク等の欠点もあります。機密のファイルはアップロードしないほうが安全です。

二、WindowsでPDFの保護を解除するソフト

次にWindowdでよく利用されるPDF保護解除ツールを紹介します。

1、Renee PDF Aide

Renee PDF AideはPDFを編集・変換するソフト。PDFを高速に暗号化/保護解除、編集、形式変換できます。PDFの修復、最適化、分割、結合、暗号化/保護解除、透かし追加、画像からPDFへの変換ができます。PDFをWord / Excel / PPT / EPUB / TXT / HTML / JPG / PNG / TIFF等の形式に変換できます。

Renee PDF Aide - 初心者向けな多機能PDFツール多機能PDFツールRenee PDF Aide

使いやすい初心者も簡単に利用できます。

多機能PDF変換/暗号化/復号化/結合/透かし追加等。

安全性高いAES256暗号化アルゴリズムを使用し、PDFを保護します。

処理速度速い複数のファイルを同時に編集/変換できます。

複数形式対応 Excel/Text/PPT/EPUB/HTML/JPG等に変換可能。

多形式対応 Excel/Text/PPT/EPUB/HTML...

使いやすい初心者簡単に操作できます。

多機能PDF変換/暗号化/結合/透かし等。

無料体験無料体験 5632名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
メリット:

  • インターフェースがシンプルで分かりやすく、初心者にも手軽に操作できます。
  • PDFを暗号化/保護解除でき、安全生が高い。
  • PDF一括処理が可能。
  • PDF結合、回転、分割、最適化等豊富な機能が揃っています。
  • PDFをWord、Excel、PowerPoint、EPUB、Text、HTML、Image等に変換できます。

デメリット:

  • Macに対応しません。

操作手順:
① Renee PDF Aideを起動し、[PDF Tool]オプションを選択します。

多機能PDFツールRenee PDF Aide

②「ファイル追加」をクリックして、PDFファイルを追加します。「PDF解析」をクリックします。「可能なパスワード」を入力します。

③「変換」ボタンをクリックします。

PDF解析

2、Adobe Acrobat Pro

Adobe Acrobat DCでPDF保護を解除できます。Adobe Acrobat DCは、Adobeによって開発された電子ワード処理ソフト。PDFの作成、編集、管理、署名、共有等に利用されています。Adobe Acrobat DCは、機能豊富で、操作しやすい。Windows、Mac、Android、iPhone等で利用できます。一番プロなPDF編集ソフトとして、Adobe Acrobat DCソフトの価格は他のPDF編集ソフトよりもはるかに高いです。

メリット:

  • PDF保護解除操作は簡単で、数秒で解除できます。
  • 互換性が高く、Windows、Mac等のシステムで利用できます。
  • PDF保護解除の他、他のPDF編集機能もそろっています。

デメリット:

  • 価格は高い。
  • PDFのパスワードないと、保護解除できません。

PDF保護解除の手順:Adobe Acrobat DCを起動し、パスワードが設定されている PDF ファイルを開きます。「ファイル」-「プロパティ」 を選択します。文書のプロパティダイアログボックスが表示されたら、「セキュリティ」タブを開きます。「セキュリティ方法」プルダウンリストから、「セキュリティなし」を選択し、保存します。

セキュリティなし

3、GuaPDF

GuaPDF(Guaranteed PDF Decrypter)はプロのPDF保護解除ソフトです。ソフトが軽くて、インストールしなくても利用できます。簡潔なインターフェースが分かりやすい。File、Options、Helpという3つのタブしかありません。AES256アルゴリズムを利用し、安全性は高い。Windows、Linux、MacOSとも互換性があります。
メリット:

  • ユーザーパスワードと所有者パスワードも解除できます。
  • パスワードがわからなくても保護解除できます。
  • 操作簡単、初心者も手軽に利用できます。
  • NVIDIAおよびAMDグラフィックカードのGPUアクセラレーションをサポートします。
  • 互換性が高く、Windows、Linux、Macで利用できます。

デメリット:

  • サイズが大きいPDFを解除できない場合があります。
  • PDFの一括処理はできません。

PDF保護解除の手順:GuaPDFソフトを起動し、「File」>「Open」をクリックし、PDFファイルを選択します。ファイルを選択したら、自動的に保護解除されます。

GuaPDFでPDF保護解除

三、MacでPDFの保護を解除するソフト

以上はWindows用のPDF保護解除ソフトを紹介しました。次にMac用のPDF解除ソフトを紹介します。

1、Macプレビュー

Mac標準付きのプレビューアプリの印刷機能を利用すると、PDFの保護を解除できます。プレビューは基本的なPDF編集機能があります。より多くの編集・変換機能を希望する場合、OCR機能付きのRenee PDF Aideをすすめます。
メリット:

  • 操作簡単。
  • Macユーザーはソフトを別途インストールせずに済みます。

デメリット:

  • PDFのパスワードを知らないと、保護解除できません。

PDF保護解除の手順:PDFファイルをプレビューで開き、「ファイル」-「プリント」をクリックします。ダイアログの下部にある「PDF」をクリックして、ポップアップメニューをクリックして、「PDFとして保存」を選択します。新しく保存されたPDFにはパスワードがありません。

PDFとして保存

2、iStonsoft PDF Password Remover

iStonsoft PDF Password RemoverはプロのPDF保護解除ソフト。強力的な解除機能がありながら、インターフェースがわかりやすい。PDF 1.8(Acrobat 9.x)の保護解除を対応し、40 bit RC4、128 bit RC4、AES、Adobe Standard 40 bit、Adobe Advanced 128 bitの保護解除を対応します。所有者パスワードがわからなくても、ソフトで解除できます。ユーザーパスワードを解除する場合、パスワードを入力する必要があります。

メリット:

  • 一括処理ができ、最大200個のPDFを同時に処理できます。
  • インターフェースが簡潔で、使いやすい。
  • PDFをドラグドロップして追加でき、操作は便利。
  • 広告がありません。

デメリット:

  • PDF編集機能がありません。
  • 無料版は機能制限があり、完全版は有償です。

PDF保護解除の手順:iStonsoft PDF Password Removerを起動し、「Add Files」をクリックして、PDFファイルを追加します。ユーザーパスワードを解除するには、ファイルの横のロックアイコンをクリックして、パスワードを入力し、「Start」ボタンをクリックします。

iStonsoft PDF Password RemoverでPDF保護解除

3、iPubsoft PDF Password Remover

はプロのPDF保護解除ソフト。ユーザーパスワードと所有者パスワードも解除できます。ユーザーパスワードを解除するには、パスワードを入力する必要があります。インターフェースがシンプルで、初心者も手軽いに保護解除できます。PDFの一括処理も対応します。
メリット:

  • PDFのパスワード種類を検出できます。
  • 高速にPDF保護解除できます。
  • 複数のPDFを同時に処理できます。
  • 操作画面がシンプルでわかりやすい。

デメリット:

  • 無料版はありません。
  • PDF保護解除機能のみ、他のPDF編集機能がありません。

PDF保護解除の手順:iPubsoft PDF Password Removerを起動し、「Add Files」をクリックし、PDFファイルを選択します。ソフトは自動的にパスワード種類を識別します。ファイルの左にロックアイコンが表示される場合、アイコンをクリックし、ユーザーパスワードを入力し、「Start」をクリックします。

iPubsoft PDF Password RemoverでPDF保護解除

四、オンラインPDF保護解除ツール

PDF保護解除ソフトをインストールしたくない場合、オンラインPDF保護解除ツールを利用できます。ブラウザがあれば、利用でき、インストールする面倒はいりません。ただし、PDFファイルをアップロードする必要があり、安全性に注意する必要があります。

1、Freemypdf

オンラインPDF保護解除ツールFreemypdfは保護解除し、印刷、コピー等の制限も解除できます。操作も非常に簡単です。PDFファイルサイズは400MB以内である必要があります。このツールは、サードパーティのプラグインなしで開いて読み取ることができるPDFにのみ適しています。
メリット:

  • 操作は簡単、2ステップでPDF保護解除できます。
  • 処理速度が速い。

デメリット:

  • PDFファイルサイズに制限があり、400MB以内である必要があります。
  • ユーザーパスワードを解除できません。

PDF保護解除の手順:Freemypdfサイトにアクセスし、「ファイルを選択」をクリックして、PDFファイルをアップロードします。「I agree,do it!」をクリックすると、自動的にPDF保護を解除しPDFファイルをダウロードします。

freemypdfでPDFロック解除

2、Online2PDF.com

Online2PDF.comはオンラインPDF保護解除ツールの一つです。所有者パスワードの解除とPDFに対しての制限を解除できます。所有者パスワードを知らなくても解除できます。ユーザーパスワードを解除するには、パスワードを入力する必要があります。このツールはPDF編集・変換機能もあります。PDFをWord、Excel、PowerPoint、OpenOffice、画像等の形式に変換できます。PDFファイルサイズが100MB以内で、全てのファイルサイズは150MB以内である必要があります。
メリット:

  • インストールする必要がなく、ブラウザで操作できます。
  • 操作簡単。
  • PDF保護解除の他、PDF編集、結合等の機能もあります。
  • 無料試用可能。

デメリット:

  • ファイルサイズの制限があります。
  • ユーザーパスワードを知らないと、解除できません。

PDF保護解除の手順:サイトにアクセスし、「Select files」をクリックしPDFファイルを追加します。ユーザーパスワードを解除する場合、右上のロックアイコンをクリックし、パスワードを入力します。下の「convert to」で「PDF(file format is retained)」を選択し、「Convert」ボタンをクリックします。

Online2PDFでPDF保護解除

3、THEPDF. com

PDFのコピー、印刷、編集等の制限を解除したい場合、THEPDF. com ツールを利用できます。任意のブラウザで利用できます。簡単な操作で、所有者パスワードまたはユーザーパスワードを解除できます。PDF保護解除の他、PDF形式変換、結合、分割等の機能もあります。
メリット:

  • インターフェースがシンプルで分かりやすい。
  • フリーのツール。
  • インストールせずに利用可能。

デメリット:

  • 速度は遅く、失敗する場合があります。
  • 情報漏えいのリスクがあります。

PDF保護解除の手順:サイトにアクセスし、「Select」ボタンをクリックし、PDFファイルをアップロードします。「Unlock」ボタンをクリックし、保護解除したらPDFファイルをダウロードします。

THEPDFでPDF保護解除

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...